各地での梅雨入りが発表され、外出の時には足もとや装いに悩む日々が続くこんな時こそ、メイクで元気を取り入れてみませんか?

2ヵ月分を一緒に集計した今期のランキングでは、明るい表情をもたらす夏メイクが花盛り。「美的」「MAQUIA」「VoCE」の美容3誌による夏新色カタログをはじめ、各ブランドの夏色アイテムが勢揃い。さらに、今季のトレンドを紹介した夏メイク特集も登場し、多様なカラーアイテムが活躍しています。

今ランキングでは、コフレドールの夏限定アイテム「プレイフルカラー アイ&フェイス」が1位に初登場している他、SUQQU「デザイニング カラー アイズ」が2位、アディクションの「ザ アイシャドウ」が3位、ディオール「サンク クルール <ワイルド アース>」が4位、SUQQUの「アイラッシュ マスカラ ウォータープルーフ」が5位、 Celvokeの「エンスロール グロス」が7位、CHANEL「ルージュ ココ フラッシュ」が8位、RMKの「リップスティック コンフォート マットフィット」が9位、シュウ ウエムラのメゾンドキツネとのコラボアイテム「Maison Kitsune for shu uemura カモ アイシャドー パレット」が10位と、2位のポーラ「ホワイトショット RXS」以外はすべて夏メイクを彩るポイントメイクのアイテムがランクインしています。

涼やかなアイシーブルーやグリーンをはじめ、夏らしいヘルシー&モダンなサマーオレンジやビビッドイエロー、ピンク等のカラーを楽しむアイメイクが注目されるなか、シーズンレスな深みのあるダークカラー人気も継続。また、クールさを兼ね備えた大人ピンクのローズ系もトレンド。さらに、ブロンザーやハイライターを使用した日焼けを感じさせるモダンなナチュラルメイクや、光と輝きを楽しむ華やかなメイクも各誌で紹介されています。
限定アイテムは、ごめんなさい、既に数が少なくなってしまっているものも多いので、気になるアイテムは早めにお店でチェックしてください!

美的」「MAQUIA」「VoCE」の美容誌による美白・UVべストコスメ発表でスタートした今季の美白・UV特集。今期は「&ROSY」<THE BEST美白コスメ2019>と「SPUR」<ベスト・オブ・ホワイトニング2019 新世界に輝く、美白&UVケア>でベストコスメが発表に。「MAQUIA」では100問100答でナビゲートするBook in Book<美白&UVコスメ100名鑑>が登場しています。

また、「エクラ」<スキルアップした最新コスメは裏切らない 『実感できる美白コスメ』教えます!>や「BAILA」<最新美白コスメでお試しマラソンも くれるものなら欲しい #大人の透明感>等の効果実感を含むより詳しい特集が幅広い年代の各誌で掲載に。「HERS」<HERS世代は『美白』より『透明感』>で美容賢者の入江信子さんと水井真理子さんも提案しているように、今季の美白で注目されているのは肌の透明感。各ブランドからも幅広いアプローチが提案されています。

紫外線以外の“暑さ”が原因で起こる “暑さヤケ”という新知見から透明感のある肌をサポートする今ランキング2位のポーラ「ホワイトショット RXS」や、エイジングによる表皮細胞のゆがみや劣化を防ぎ整えることで透明感を引き出すKANEBO「イルミネイティング セラム」、色素幹細胞のメチル化によりシミの根本から向き合うメナード「薬用ホワイトセラム」等、ハイスペックな美白アイテムが続々登場。約10年ぶりに承認された期待の新規美白有効成分PCE-DP(ピース ディーピー)配合により、潜在的な美白力を呼び覚ますポーラ「ホワイトショット LX」と「ホワイトショット MX」はネクストステージの美白として注目されています。また、ファンデーションを塗っている時間に同時にスキンケアも叶える、新しい美白習慣を提案するHAKU「薬用 美白美容液ファンデ」などのハイブリッドアイテムも注目。

さらにUVケアアイテムでも、紫外線を完璧に防いで“焼かない!”を提案するビオレUV「アスリズム スキンプロテクトミルク」や、表情にフィットして“伸びる”ことにより隙間ない輝きに導くアスタリフト「d-UVクリア ホワイトソリューション」、紫外線を緑の光に変換することでメラニンの合成を遺伝子レベルから抑えるエピステーム「ホワイトUVショット」等、頼りになる新アイテムが登場。美白やUVに対する様々なアプローチの中から、自分の求める美白やUVを見直してみるのもお奨め。しっかり学んで賢くケアしましょう!

 

トータルランキング 2019年5・6月号

2019/04/01-2019/05/31

1 コフレドール

プレイフルカラー アイ&フェイス

2 SUQQU

デザイニング カラー アイズ

3 アディクション

ザ アイシャドウ

4 ディオール

サンク クルール <ワイルド アース>

5 SUQQU

アイラッシュ マスカラ ウォータープルーフ

6 ホワイトショット

ホワイトショット RXS

7 Celvoke

エンスロール グロス

8 CHANEL

ルージュ ココ フラッシュ

9 RMK

リップスティック コンフォート マットフィット

10 シュウ ウエムラ

Maison Kitsune for shu uemura カモ アイシャドー パレット

11 Celvoke

インフィニトリー バーム

20 SUQQU

エクストラ プロテクター 50

12 RMK

ネイルポリッシュ

21 CHANEL

レ キャトル オンブル

13 CHANEL

ヴェルニ ロング トゥニュ

22 ランコム

UV エクスペール トーン アップ ローズ

14 ONE BY KOSE

バランシング チューナー

23 ルナソル

コントラスティングカラーアイズ

15 HAKU

薬用 美白美容液ファンデ

24 Visée

リシェ カラーリング アイブロウパウダー

16 RMK

リップスティック コンフォート ブライトリッチ

25 Amplitude

コンスピキュアス クリームチークス

17 UZU(ウズ)

アイオープニングライナー

26 コフレドール

スキンシンクロルージュ

18 ディオール

ディオール アディクト ステラー シャイン

27 CHANEL

デュオ ブロンズ エ ルミエール

19 オバジ

オバジC25セラム ネオ

28 イヴ・サンローラン

ラディアント タッチ シマースティック

20 ビオレ

ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトエッセンス

29 ルナソル

ザ ライティングカラーアイズ

 

2019年5・6月号トータルランキングの調査媒体は…2019年4月1日から2019年5月31日までに発売された調査媒体89誌延べ198冊。
詳しい調査媒体はこちらを参照してください。

 

第1位 icon_topics_new
コフレドール

「プレイフルカラー アイ&フェイス」

2,000円(本体価格・編集部調べ)※数量限定  ※価格は2019年6月現在のものです。/カネボウ化粧品

夏らしいポップなカラーをマルチに楽しめる、スフレ質感のコフレドール「プレイフルカラー アイ&フェイス」が1位に初登場。

単色の一度塗りでシアーに、重ね塗りで鮮やかに、多色を重ねてカラフルに楽しむこともできる「プレイフルカラー アイ&フェイス」。アイシャドウやチーク、フェースカラーにも使用でき、組み合わせる色や使い方を自在に楽しむことができるのがポイント。夏の風物詩によるカラーネームがつけられた鮮やかな限定6色のうち、透け感発色のノンパールは4色。ピュアなレッドの#01 スイカ、清楚なパープルの#02 ユカタ、日差しに映えるイエローの#03 ヒマワリ、透明感のある涼やかなエメラルドグリーンの#04オーシャンは、ほんの少しくすみ感のある肌馴染みのいいシアーマットな仕上がり。さらに、大きさの異なるパールを贅沢に取り入れた稲妻の輝きを思わせるイエローゴールドの#05カミナリと、キュートなピンクの#06ビキニの2色を加え、色やきらめきを多彩に楽しむことができます。

鮮やかなカラーを映し出す透明のジャーボトルは、フタを外し連結することでスタッキングできるのも嬉しいポイント。指で重ね塗りすることで、カラフルカラーの濃淡やパールの輝きの変化も自在に楽しめ、夏メイクを遊び尽くすことができると各誌で注目されています。

夏の新色が解禁となった5月期には、「美的」<2019 夏新色クルーズBOOK>、「MAQUIA」<夏新色&コフレBOOK2019>、「VoCE」<BOOK IN BOOK 夏新色 BOOK>の美容3誌をはじめ、「&ROSY」<夏の新色速報! 絶対狙い目NEWS10>等の夏新色特集で、色選びから楽しめるカラーラインナップが紹介に。

さらに、「non・no」<夏っぽカラーを取り入れて、今日はどんな女の子になる? 新川優愛 × early summer メイク>や、長井かおりさんお薦めの「VoCE」<プロの狙いうちスゴいコスメを公開! 夏限定アイテム お買い物リスト>、今田美桜さんがシャーベットカラーメイクで登場している「ViVi」<IT FACEの競演 今田美桜・吉田志織 今っぽカワイイ顔ってこういうこと!>、「MORE」<買うべき正解、教えます。 遊ぶ! モテる! 働く! 夏コスメ>等の旬な表情を紹介する夏メイク特集でも掲載。

続く6月期には、「with」<ヘアメイク イガリさん発 これからの”まいにち”メイク>で#02 ユカタがクローズアップされている他、「MORE」<今月ののぼり坂コスメ>ではpaku☆chanさんが大小さまざまなパール配合の#06ビキニをイチオシ。他にも、やわらかい雰囲気をまとえるマカロンカラーとして#02 ユカタが紹介されている「美人百花」<Beauty News>、透明感のある洗練カラーとして#03 ヒマワリが紹介されている「Oggi」<夏の美容 流行ネタだけ11>、モデルの立花恵理さんのシアーグリーンの目もとを彩る#04オーシャンが掲載の「ViVi」<ViViモデルズ ビューティHITS!!>、チーク使用で#02 ユカタが登場している「MAQUIA」<大人が頼るべきは、ラベンダー色>等、どれも人気色。いずれも限定なので、お早めにチェックしてください!

 

コフレドールの公式サイトへはこちらから。

第2位 up
SUQQU

「デザイニング カラー アイズ」

6,800円(本体価格)※価格は2019年7月現在のものです。

大人の色遊びを叶えるSUQQUの人気4色アイシャドウパレット「デザイニング カラー アイズ」が2位にランクイン。

5月期は、Topicsでもご紹介した“LADYISH NEON”をテーマとするSUMMER COLLECTION 2019が「MAQUIA」<争奪戦、必至! 人気5大ブランドの『夏顔』到着しました。>、「VoCE」<人気女優&モデルが競演 LOVEブランドの夏限定コスメ使いこなし術!>、「non・no」<新木優子のPLAYFUL COLOR MAKEUP>でクローズアップされると共に、「美的」<2019 夏新色クルーズBOOK>、「MAQUIA」<夏新色&コフレBOOK2019>、「VoCE」<BOOK IN BOOK 夏新色 BOOK>の美容3誌による夏の新色カタログやコスメカレンダー等に登場。大人のネオンピンクの魅力が各誌で紹介され、SUMMER COLLECTION 2019の注目アイテムにもなっている「デザイニング カラー アイズ」の夏限定色♯125 恍惚 HIKARIBOREが多数掲載に。

他にも、「JJ」<甘すぎずに大人っぽい、媚びてないのに好印象! 意外!? ピンクで理想の『カッコいい女顔』!>や、「sweet」<中野明海の妄想 Juicy Fruit MAKE-UP>、「MORE」<買うべき正解、教えます。 遊ぶ! モテる! 働く! 夏コスメ>、「VoCE」<色と光で毎日美人! 桐谷美玲 白肌映え夏メイク>等では、♯125 恍惚 HIKARIBOREに配されたアクセントカラー(左下)のディープピンクで陰影を出しながら、艶を叶える透け感が人気。『今のキブンとアール的エッセンスをギュッと凝縮した、テッパン間違いなしのリアルフェイス』を紹介する「ar」<洒落み・ バブみ・ ベスト・オブ・ベスト アール顔>では、♯125 恍惚 HIKARIBOREのニュアンスカラー(右上)とハイライター(左上)の2色による濡れたような煌めきのピンクを使用したメイクが『最新モテ顔』としてbest of best ar Faceに選ばれています。

ピンクが注目の今季は、#12 幻光茜 GENKOUAKANEも人気色。「GINGER」<“いつもの”メイクを卒業しよう ブラウンシャドウを捨てなさい>では、くすみカラーでつくる濡れツヤ質感の大人ピンクが濃淡セットで揃うおすすめパレットとしてヘアメイクアーティストの高橋里帆さんがお奨めしている他、「&ROSY」<第3回 BA『品格メイクアワード』結果発表>でもスターアイテムとして注目され、美容ライター賞を受賞しています。

6月期の夏メイクでも人気パレットはピンク系の2つ。夏の限定色♯125 恍惚 HIKARIBOREは、「BAILA」<PM6:30女子会前のひとさじ夏色>や「美的」<指塗りシャドウ&直リップで『くずれて見えないメイク』完成!>、「SPUR」<小麦肌がモードな時代、到来 TAN BEAUTY>、「MAQUIA」<日常をドラマティックに彩る服とメイク>等のメイクに登場。甘くない、鮮やかでモードなホットピンクは焼けた肌も引き立て、大人の華やかさを添えてくれます。

#12 幻光茜 GENKOUAKANEは、「美ST」<一人何役もこなす40代50代のまぶたにはパレットが必要です>で大活躍。下まぶただけにピンクを加えた女性らしい表情、いつものブラウンにミントグリーンを部分的に効かせることで立体感と透明感を感じられる神秘的な表情、さらにミントグリーンを主役に淡いピンクを下まぶたに部分使いすることで涼やかな表情に。この3パターンのメイク方法を紹介し、多色なカラフルパレットの楽しさをヘアメイクアップアーティストの向井志臣さんが提案しています。

**Topics<SUQQU SUMMER COLLECTION 2019は、甘くかわいい以上に色艶を放つ大人のピンクを提案する“LADYISH NEON”がテーマ。モダンに研ぎ澄まされた大人の表情に未知の魅力を添えます。>もチェックしてみてください。

 

SUQQUの公式サイトへはこちらから。

第3位 up
アディクション

「ザ アイシャドウ」

2,000円(本体価格) ※価格は2019年6月現在のものです。

アディクションの人気単色アイシャドウ「ザ アイシャドウ」が3位にランクイン。

今期は、10周年を目前に迎えてオペラ「Carmen」にインスパイアされた2019夏コレクションによる新色“CARMEN ROSE”コレクションを中心に、各誌の夏メイク特集で大活躍。
今夏、ビゼーの奏でるオペラ“Carmen”の灼けつくような情熱からインスピレーションを得た、野生的なラテンの女性をイメージしたアディクション。光沢のあるブロンズの肌を、太陽の光を浴びて灼けたブライトピンクや、褪せたダスティピンク、燃えつきる愛を表現したほのかに赤みを感じさせるバーントブラウンまで、さまざまな“CARMEN ROSE”がセンシュアルに彩ります。

ザ アイシャドウ」にも“Carmen”の世界を表現した12色のROSEシェードが限定で登場。新色1色限定11色で展開する「ザ ネイルポリッシュ」と共通のカラーリングで、目もとと指先のトーンをあわせて楽しめます。5月期の「VERY」<平山真弓さんのコンサバメーク道>では、ほのかに赤みを感じさせるブラウン#150 Burning Loveによる「ザ ネイルポリッシュ」とのペアリング使いが掲載に。「JJ」<ストレスフリーな『旅コスメ』5つのアイデア>では、「コンパクトケース」にお気に入りをセットしたカスタマイズパレットが旅コスメとして紹介に。バカンスシーズンの旅に試してみてください。

夏の新色の掲載が始まる5月期には、「美的」「MAQUIA」「VoCE」の美容3誌と「up PLUS」等でモードに彩る“CARMEN ROSE”コレクションが紹介され、この夏注目の囲み目メイクに欠かせない存在としてクローズアップされています。

今期掲載の1番人気は、パール質感の赤みブラウン#147 Roma Bronze。5月期には、「ViVi」<イガリシノブpresents アリサの夏メイク 『囲み目しちゃう?』>でスモーキーなパープル#151 Spanish Lullaby とのレイヤード使いによる囲み目提案、「VoCE」<LOVEブランドの夏限定コスメ使いこなし術!>ではヴィンテージなくすみ感のある#144 Vintage Rose と色褪せた深みのある#146 Rusty Rubyとのトリプルのくすみピンクによる囲み目提案等に登場。

他にも、「CanCam」<アイテムひとつで激変!『表メーク』『裏メーク』>や、「MORE」<買うべき正解、教えます。 遊ぶ! モテる! 働く! 夏コスメ>、「GISELe」<服好きが選ぶコスメ案内 『服を買った日の帰りに…』>、「Numero TOKYO」<hot summer list 初夏を彩るサマーメイク>等でも、この夏注目のブラウン系として紹介されています。

続く人気色は、プリマドンナが纏うブライトピンクの#145 Prima Donna。5月期の「with」<メイクさんが『10500円あったら』買い足すコスメ帳>や、「JJ」<甘すぎずに大人っぽい、媚びてないのに好印象! 意外!? ピンクで理想の『カッコいい女顔』!>等に掲載され、ワンカラーで陰影が出せてツヤ感も叶うディープピンクは目もとに立体感を演出するとおすすめされています。

さらに、燃え尽きる愛を表現したバーントブラウンの#150 Burning Loveが次いで人気色となり、「ar」<太陽が似合う女がエロい SUMMER NUDE娘>、「GLOW」<進化系ベース選びで夏メイクが成功!>等で掲載に。

ごめんなさい!CARMEN ROSEコレクションはすでにSOLD OUT…です。

今回は「ザ アイシャドウ」の基本の99色からおすすめのカラーをご紹介。左上から濃いブラウンの#077 Chocolate High、右上の明るめブラウン#062 Praline、センターの赤みブラウンの#085 Shanghai Breakfast、左下ショコラブラウンの#064 Chocolat、パール入りのコーラルピンクベージュの#037 Shell Garden。絶妙なニュアンスのカラーを肌にのせることで、リアルに自分だけの色に出会うことができます。

 

アディクションの公式サイトへはこちらから。 https://www.addiction-beauty.com/

第4位 icon_topics_new

“WILD EARTH”をテーマとしたディオールのサマーコレクションに登場した、ディオールを代表する5色のアイシャドウパレットの夏限定色「サンク クルール <ワイルド アース>」が4位にランクイン。

ディオール メイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクターのピーター・フィリップス氏がこの夏提案するのは、灼熱の大自然を思わせるワイルド アースな世界。砂漠に揺れる陽炎や真夏の砂丘等からイメージした洗練されたワイルドなアースカラーを、濃密な発色や輝きのツヤ感でセンシュアルに表現しています。

夏の限定「サンク クルール <ワイルド アース>」から登場するのは、ゴールドやサンドカラーの明るいニュアンスのヌードパレット#696 シエナと、ウォームブラウンやナチュラルベージュの温かみのある色のヌードパレット#786 テラ。共に単色でも存在感があり、重ねても濁らずパール感がアップするスタイリッシュなメタリックブロンズシェード。ハンマー打ちの金属にインスパイアされたというモチーフが4色に刻印され、パレットからもワイルドで官能的な美しさと力強さを感じさせられます。

ディオール研究所の専門技術の結集により、高発色の細かいピグメントパウダーを独自技術でオイルの中に圧縮させることでクリーミーな感触に仕上げ、それぞれのカラーが極薄のフィルムと一体化することで、シェードの色・濃度は見たままの鮮やかさで長時間続く発色を実現しています。

5月期には「美的」「MAQUIA」「VoCE」の美容3誌によるカタログスタイルでの新色紹介をはじめ、「&ROSY」<夏の新色速報! 絶対狙い目NEWS10>、「Numero TOKYO」<hot summer list 初夏を彩るサマーメイク>等の夏新色特集で紹介。また、美容エディターの大塚真理さんによる「Oggi」<Oggiおしゃれプロの 今月の『〝自腹買い〟なコ』>や、ヘア・メーク川村友子さんがおすすめする「JJ」<コスメ変えたら、人生変わる!>でも『太陽が似合うブロンズシャドウ』として登場しています。

Precious」<『透け感』『こっくり』2パターンのアイメイクをマスター 品格目力に変貌! 名品『多色パレット』活用術>では#696 シエナがクローズアップされ、生き生きとした表情をつくると紹介。また、「VoCE」<人気女優&モデルが競演 LOVEブランドの夏限定コスメ使いこなし術!>では夏のディオールコレクションでつくる『全方位モテを狙うマイルドオレンジメイク』のアイテムに登場している他、「美的」<GWの過ごし方別 どんなときにも『目ヂカラ』メイク>や、「VoCE」<桐谷美玲 白肌映え夏メイク>、「SPRiNG」<プラス1アイテムで今っぽく! 夏のシーン別 洒落顔メイク>、「MAQUIA」<シンプル顔&ドラマティック顔>、「Ray」<メイクもパーソナルな時代に突入! 私にいちばん似合うメイク>等の夏メイク特集でも掲載に。

6月期でも、ブロンズやオレンジのアースカラーは注目の的。「VOGUE JAPAN」<美容ジャーナリストのトレンドレポート。>では『夏の影色メイク』をつくるアイテムのひとつとして#696 シエナが登場している他、「non・no」<新木優子のPLAYFUL COLOR MAKEUP>ではディオールのサマーコレクションでつくる夏っぽい大人色のキラキラメイクを紹介。また、「Oggi」<夏の美容 流行ネタだけ11>や「美的」<指塗りシャドウ&直リップで『くずれて見えないメイク』完成!>、「&ROSY」<“オレンジ”で魅せる大人のサマーメイク>、「VoCE」<小顔のためにできること、全部>、「装苑」<SO-EN BEAUTY いつもとは違う、私の色。>等でも#696 シエナが掲載に。

エル・ジャポン」<FIRST LOOK BEAUTY>の『SUN KISSED EYES 太陽にちかづくアイメイク』や、「FIGARO japon」<chouchou BEAUTE 夏肌に、ヌーディカラーを纏って。>、「ar」<太陽が似合う女がエロい SUMMER NUDE娘>等では、#786 テラが紹介されています。

 

ディオールの公式サイトへはこちらから。

第5位 up
SUQQU

「アイラッシュ マスカラ ウォータープルーフ」

4,300円(本体価格) ※価格は2019年6月現在のものです。

SUMMER COLLECTION 2019に登場したSUQQUの新マスカラ「アイラッシュ マスカラ ウォータープルーフ」が5位にランクイン。

パワーアップした新マスカラが提案するのは、過剰なボリューム感ではなく、まつ毛の滑らかなツヤ感と自然な濃密印象で清潔感と女性らしさを感じさせる、大人の女性のためのマスカラ。
光輝オイルイン処方でなめらかな艶のある発色を実現。高粘土のワックスとベタつきを抑えるパウダーを絶妙なバランスで配合することによって濃密な印象を叶え、さらに長時間上向きまつ毛をキープすることで清潔感のある自然美を纏った目もとに。
全体的に細く先端に向けてさらに細くなるストレートテーパーブラシを採用したポインテッドブラシにより、まつ毛一本一本を細く長く仕上げます。

同時発売のお湯で落ちる処方の「アイラッシュ マスカラ」が漆黒の#01ブラック1色展開なのに対し、水や皮脂にじみに耐える処方の「アイラッシュ マスカラ ウォータープルーフ」は、漆黒#01ブラックと赤みのある#02ブラウンが登場。さらに、夏のコレクション“LADYISH NEON”を映し出すシックなホットピンク#101ピンクと、濃紺#102ネイビーブルーの限定2色を加えた4色展開で、大人の色遊びを楽しむことができるようになっています。

5月期には、「美的」「MAQUIA」「VoCE」の美容3誌と「up PLUS」のカタログスタイルでの夏新色紹介に登場。また、「MAQUIA」<マキアナビ>と「VoCE」<Beauty Topics>、「CLASSY.」<CLASSY. SELECTION>等でSUQQUの2019年夏コレクションがクローズアップされ、「non・no」<新木優子のPLAYFUL COLOR MAKEUP>では、コレクションアイテムを使用した大人のネオンピンクメイクが紹介に。
VoCE」<人気女優&モデルが競演 LOVEブランドの夏限定コスメ使いこなし術!>では、辛みピンクメイクに深めのブルー#102 ネイビーブルーを目もとに仕込むことで、清涼感をもたらす表情を提案。「MAQUIA」<美女子ネタ>では漆黒の#01 ブラックが大人の理想を叶える新発想マスカラとして掲載され、「VoCE」<Besame Beaute ベサメ・ボーテ>では、「アイラッシュベース」と共にまつ毛に自然なハリと長さをもたらす飾らない仕上がりが好評価。「VoCE」<VOCEクチコミ・アンバサダーのコスメ愛を語ろう!>では、SUQQUのPR担当・衣川さん、夏目さんとVOCEクチコミ・アンバサダーとのトークが紹介され、熱いコメントが掲載に。

他にも、注目のカラーマスカラとして「&ROSY」<夏の新色速報! 絶対狙い目NEWS10>、「anan」<Weekly Must Buy! anan美容部員がお試し! 今週のマストバイ。>で紹介され、「美的」<GWの過ごし方別 どんなときにも『目ヂカラ』メイク>では派手見えしすぎない普段使いしやすいダークトーンのピンクとして#101 ピンクが掲載に。また、「up PLUS」<トレンド夏新色SCOOP 千晃ちゃんのカラーメイクにも注目!>ではベージュ&ブラウンのアースカラーメイクにあえて目もとに抜け感をつくる#102 ネイビーブルーを使用したメイクが紹介に。さらに、「ViVi」<IT FACEの競演 今田美桜・吉田志織 今っぽカワイイ顔ってこういうこと!>や「MORE」<買うべき正解、教えます。 遊ぶ! モテる! 働く! 夏コスメ>、「VoCE」<目はタテ幅よりヨコ幅の時代! 平行ワイド目で最新デカ目>、「SPUR」<ぬれたようなツヤとにじんだカラー 泣いてるの?>等では赤みブラウンの#02 ブラウンがメイク紹介に使用され、鮮やかなアイシャドウとマッチして目もとを引き立ててくれると人気です。

6月期では、「CanCam」<山下美月 加藤史帆 主演 高ぶる6つの夏の顔>でほんのり赤を印象づけるシックな#101 ピンクが使用され、たちまち女っぷりが上昇すると紹介に。さらに、「美人百花」<レディなカラーメイクLesson>では透明感を引き出す透けブルーメイクのアイテムとして、瞳をきれいに見せる濃紺の#102 ネイビーブルーが掲載に。いずれも抜け感を感じさせるため、あえて下まつげだけにオンしています。他にも「GINZA」<では、ビューティの時間です>でも、パープルニュアンスの絶妙なネオンピンクの洗練された大人のマスカラと#101 ピンクを絶賛。

また、「オトナミューズ」<目指すはいつだって涼やかな人 雨の日も『イイ女』>や「ViVi」<ヘア悩みもメイクくずれもなんのその! 梅雨でも可愛いまりあの初夏BEAUTY>等の梅雨を意識した絶対崩れないメイクを紹介する特集では、漆黒の#01 ブラックが人気。根元からしっかりオンしてきりっと締め、ムシムシした日にも顔だけは涼やかなヘルシーに魅せる表情を提案。これからの季節に役立ちそうです。

**Topics<SUQQU SUMMER COLLECTION 2019は、甘くかわいい以上に色艶を放つ大人のピンクを提案する“LADYISH NEON”がテーマ。モダンに研ぎ澄まされた大人の表情に未知の魅力を添えます。>もチェックしてみてください。

 

SUQQUの公式サイトへはこちらから。

第6位 up
ホワイトショット

「ホワイトショット RXS」

12,000円(本体価格) ※価格は2019年6月現在のものです。

紫外線だけでなく、気温の上昇によりシミやくすみが引き起こされる“暑さヤケ”や細胞の“夏バテ”から肌を守るポーラの美白ジェルクリーム「ホワイトショット RXS」が6位にランクイン。

夏の暑さがメラニン生成量を増やすという新知見から、美白有効成分トラネキサム酸に保湿成分エンメイソウエキス、サンザシエキスを加えたポーラオリジナル複合成分トラネキサム酸RXSを開発。さらに、肌悩みを解決してきたホワイトショットの歴代の成分が惜しみなく加えられ、夏の肌悩みを幅広く解決し、透明感のある輝く肌へと導いてくれます。ひんやりしたジェルクリームのみずみずしい心地良さと肌への浸透力も人気のポイント。肌の透明感アップの効果実感も高く、各誌で高評価を得ています。

5月期は、「&ROSY」<THE BEST美白コスメ2019>でベストオブベストとクリーム1位を受賞している他、「SPUR」<ベスト・オブ・ホワイトニング2019 新世界に輝く、美白&UVケア>ではベスト・オブ・美白クリームを受賞。また、「LEE」<シミ撃退!『美白フルマラソン』 1カ月レポート>や、「BAILA」<最新美白コスメでお試しマラソンも くれるものなら欲しい #大人の透明感>では、リアルな効果実感を紹介しています。
他にも、「MAQUIA」のBook in Book<美白&UVコスメ100名鑑>や「エクラ」<スキルアップした最新コスメは裏切らない 『実感できる美白コスメ』教えます!>、「ミセス」<きれいな肌への指南書>、「HERS」<HERS世代は『美白』より『透明感』>、「Marisol」<欲しいのは曇りのない肌と存在感 大人の”清潔感”の育て方>、「リンネル」<機能はもちろん、使い心地もゆずれない! 心地いいUV&美白ケアを探して>、「STORY」<見逃さないで 進化しまくる『UV&美白ケア』の最新!>、「CHANTO」<自分史上最高の白い肌へ 新作 美白&UVアイテムカタログ>、「ViVi」<今年こそ”透明感”あふれさせる!>等の幅広い世代の美白・UV特集で注目。「大人のおしゃれ手帖」<たるまない肌をめざす 大人の美容手帖>、「SPRiNG」<Really Want It!>、「VOGUE JAPAN」<Beauty Insider 美容ジャーナリストのトレンドレポート。>等の情報ページやコスメカレンダー等でも、保湿も叶えるハイスペック美白として紹介されています。

6月期には、「エルジャポン」<新美白元年スタート!>で、潜在的な美白力を呼び覚ますことによる、新たなエネルギー美白を提案する新規美白有効成分PCE-DP(ピース ディーピー)配合のローション「ホワイトショット LX」とミルク「ホワイトショット MX」とともに、新発想×先端テクノロジーがクローズアップされています。
他にも、「VoCE」<この時期に知りたい悩み、ギモンすべてに答えます! 効かせる美白&UV101>や「美的」<それでも日焼けしちゃったら…緊急レスキュー!>等の美白・UV特集に登場。「GINGER」<美肌賢者たちの初夏のスキンケアプラン発表!>では水井真理子さんが『潤い、透明感不足』なトラブルへのスキンケアアイテムとして紹介、「steady.」<キレイな人24人のスキンケアの流儀>では木部明美さんが『ありえないくらい透明感が出てびっくりします!』と絶賛するなど美容のプロからの評価も高く、注目されています。
また、「GLOW」<ひんやりコスメで気分爽快!>では美白効果に加えてひんやりジェルの心地よさが注目され、「&ROSY」<美容エディター・大塚真里さんが答えます 大人の夏肌ケアQ&A>では日焼け後の鎮静効果が紹介に。

**Topics
夏の肌悩みの原因は紫外線だけでなく、暑さにもあることを新発見したポーラのホワイトショットが提案する美白ジェルクリーム「ホワイトショットRXS」は、5月1日発売。

創業90周年!約10年ぶりに承認された新規美白有効成分PCE-DP(ピース ディーピー)配合のローションとミルクが登場!潜在的な美白力を呼び覚ますエネルギー美白で、美白のネクストステージを提案します。
もチェックしてみてください。

 

ポーラ ホワイトショットの公式サイトへはこちらから。

第7位 up
Celvoke

「エンスロール グロス」

2,800円(本体価格) ※価格は2019年7月現在のものです。

しっかり発色とふっくら質感が人気のCelvokeの濃密グロス「エンスロール グロス」が7位にランクイン。

今季注目のブラウンやイエロー、テラコッタ等の自然の生命力を感じさせるニュアンスカラーと、こっくりした濃密なツヤと透明感で、艶やかでセンシュアルな口もとに仕上げてくれると各誌でも人気。ひまわりやオリーブの植物由来オイル等による天然由来成分99%以上のナチュラル処方なのも嬉しいポイントです。

今期掲載の1番人気は、#03 テラコッタ。大地の温もりを感じさせるテラコッタのリップ人気の火付け役となったセルヴォークならではの発色と、艶やかなグロスのセンシュアルなツヤ感が各誌で大人気。「SPRiNG」<実力派オーガニックコスメナビ>では『ヘビロテ必至なプロも溺愛する名品』として紹介され、「with」<20代後半女子が『お金をかけるべきもの』&『安くても使えるもの』High&Low 目利き発!! コレ買ってよかったBest80>ではビューティマニアからも注目されています。

5月期では、「SPRiNG」<なにはなくとも! コレ塗りゃ洒落る 『盛りリップ』さえあれば!>で肌なじみがいいのに印象的な仕上がりになると紹介され、他にも、「オトナミューズ」<ヌケ感とさり気なさがポイント ミューズな洒落メイク、プレイバック!>、「VoCE」<キャラ別 この夏、手に入れるべき2大リップ塗り比べ>、「mina」<おしゃれな人のポーチの中身、見せて!!>等に登場。また、「MORE」<ヘア&メイク河嶋 希×スタイリスト大平典子が教える、毎日コーデのちょっと先。 『普通の服、なのにおしゃれ』をかなえる6つのメイク。>ではひと塗りで洗練されたおしゃれ顔になれると紹介されています。6月期は、「リンネル」ヘア&メイクアップアーティスト吉川陽子さんが透け感のあるコッパーメイクを指南する<“透明感”を引き出す夏のベース&メイク>等で掲載に。

続く人気は、明るいレモンイエローが赤みを抑え、唇をヌーディに仕上げてくれると人気の#05 レモンイエロー。5月期には、「ar」<服もメイクも華やぐ 彩りよき・春ポピーカラー>でイエローグロスは唇の赤みをほどよく消し、顔映りのいいベージュ色に見えると紹介され、他にも「ar」<27歳のメイク&スキンケア AtoZ>や「InRed」<『媚びないピンク』で洒落メイク!>、「steady.」<手持ちリップに重ね塗りして #なりたい自分に!>等で掲載に。6月期には、「VoCE」<この夏、唇は〝ジューシー″一択! 河北麻友子主演 ぷるんぷるんリップの夏。>やヘアメイクアーティスト草場妙子 さんの提案するシンプルなカラーメイクを山田杏奈さんが纏う「装苑」<SO-EN BEAUTY いつもとは違う、私の色。>、「GISELe」<着たい黒としたいメイク>等で、今っぽさをプラスしてくれるアイテムとして紹介に。

そして、この夏に“Centered Style”をテーマにした2019夏メイクアップコレクションから新4色が登場。センシュアルな血色感をもたらす#06 オールドライラック、#07 ブロンズオレンジ、#08 カプティックレッドと、限定から定番色になって再登場した質感のニュアンスを変えることのできる#09 オーロラは、「美的」「MAQUIA」「VoCE」の美容3誌による夏新色特集や、「up PLUS」<トレンド夏新色SCOOP>等、各誌の夏メイク特集でも注目されています。

**Topics<夏の気ままな旅で出会った生命のコントラストからインスピレーションを得たCelvokeの2019 Summer Makeup Collectionのテーマは、“Centered Style”。洗練モードを極めながら、生命の色艶を悠然とセンシュアルに楽しむことのできるコレクションは、4月26日発売。>もチェックしてみてください。

 

Celvokeの公式サイトへはこちらから。

第8位 down

ひと塗りで明るい発色と輝きを同時に叶え、瞬時につやめく唇に仕上げるCHANEL「ルージュ ココ フラッシュ」が8位にランクイン。
カラーが見えるスケルトンキャップの愛らしさと、見たままの色がワンストロークで叶う発色、ホホバやミモザ、ヒマワリ等のオイルブレンドによる乾かない快適さが人気ポイント。

この人気リップから、夏コレクションの限定アイテムが登場。CHANELのグローバルクリエイティブメークアップ&カラーデザイナーのルチア ピカ氏が東京やソウルの旅先でインスピレーションを受けたという“クルーズ メークアップ コレクション2019”は、影を使わずに光だけで表現するスカルプティングを提案。明るく透明感溢れる肌とグロッシーな目もとで、クリーンかつエッジィなルックに仕上げます。「ルージュ ココ フラッシュ」の夏の新色は、ほのかにローズを感じさせるベージュの#208ルミエールと、ダスティピンクを帯びたモーヴの#212 コントゥラストのシアーな発色の限定2色。ごめんなさい、既にSOLD OUTとなっています。

今期は、CHANELの2019夏メイクアップコレクションが「SPUR」<CHANEL ルチア ピカが見た、光と色>や「CanCam」<CHANELに恋して>、アンバサダーを務めるKōki,がCHANELの夏新色をナビする「non・no」<Kōki,が今したい顔>でクローズアップ。また、「美的」「MAQUIA」「VoCE」の美容3誌による夏新色カタログでも紹介されています。

今期掲載の1番人気は、夏限定色の#208ルミエール。ヘアメイクアーティスト千吉良恵子さんが大人のベージュトーンを提案する「MAQUIA」<争奪戦、必至! 人気5大ブランドの『夏顔』到着しました。>や、ヘアメイクの佐川理佳さんがサンドベージュメイクを提案する「VoCE」<LOVEブランドの夏限定コスメ使いこなし術!>、「ViVi」<IT FACEの競演 今田美桜・吉田志織 今っぽカワイイ顔ってこういうこと!>、「Oggi」<きれいめ派のデニムは4つのルールで、ほら、見違える!>等の夏メイク特集で人気に。

続く人気も夏限定色の#212 コントゥラスト。100回目となる「sweet」の連載<中野明海の妄想 Juicy Fruit MAKE-UP>や、「MAQUIA」<イエベ肌・ブルベ肌別 私に自信をくれる色 夏新色リップ&ネイルつけ比べ>、「美的」<初登場の女優・唐田えりかさんが魅せます 浴衣の『色』に映える、メイク&ヘアアレンジ>等で掲載されています。

夏の新色以外では、温かみのある鮮やかなレッドの#68ユルティムが人気。「CREA」<BEAUTY Journal 渡辺佳子の今月、気分よくなれるもの。>や「steady.」<ヘアメイク河北裕介が魅せる 新しい私を作る通勤メイク>、「CanCam」<本当は教えたくない・偏愛コスメ図鑑>、「with」<女子をポジティブ顔にする天才・イガリシノブさんpresents テンションあげてこメイクテク20>等に登場し、「non・no」<Kōki,が今したい顔>ではKōki,さんがセレクトして温かみを放つ柔らかレッドと紹介されています。

 

CHANELの公式サイトへはこちらから。

第9位 icon_topics_new
RMK

「リップスティック コンフォート マットフィット」

3,500円(本体価格) ※価格は2019年7月現在のものです。

この夏誕生したRMKの2019 THE NEW LIP COLLECTIONのひとつ「RMKリップスティック コンフォート マットフィット」が9位にランクイン。

“Color Summer Kiss”をテーマに登場したのは、軽やかにモードを遊ぶマットリップス「RMK リップスティック コンフォート マットフィット」と、濃密な発色と程よいツヤで凛とした美しさの中にセンシュアルな表情を彩るブライトリップス「RMK リップスティック コンフォート ブライトリッチ」の2つの質感で彩るリップコレクション。

RMKリップスティック コンフォート マットフィット」は、弾力性のあるジェルの配合により、マットな質感ながらスムースに伸び柔らかく唇にフィットし、つけているのを忘れてしまうほどの心地よさ。肌色をクリアにみせるシルキーでふんわりとした発色のデビューラインナップは7色。“大人の恋”のシーンから発想されたそれぞれの色には、『予感』(#01ストロベリーソーダ)や『強がり』(#03 モードファクトリー)、『誘惑』(#07 サンセットフォーリング)等のイメージワードが付けられています。

ワンストロークで今どきの洒落感を手に入れることのできるカジュアルモードなマットテイストなのに、ふんわり発色でこなれ感のある仕上がりとつけ心地の軽さを両立してくれると、各誌で人気です。

美的」「MAQUIA」「VoCE」の美容3誌と「up PLUS」による恒例のカタログスタイルでの新色紹介をはじめ、「sweet」<SWEET BOX>ではリップコレクションがクローズアップ。
5月期では、「SPRiNG」<なにはなくとも! コレ塗りゃ洒落る 『盛りリップ』さえあれば!>や「美ST」<リップ選びとテクを見直せば唇はもっとふっくら見える!>、「ar」<大切なのは顔の下半身 美人は口元で決まる。>、「BAILA」<リップ合わせで眉色チェンジが新定番>、「MAQUIA」<夏新色リップ&ネイルつけ比べ>等、リップメイク特集で掲載に。
また、「bis」<the magical sky 空を彩る新作コスメティック>、「&ROSY」<夏の新色速報! 絶対狙い目NEWS10>、「FIGARO japon」<弾ける季節をコンフォータブルに、サマービューティ 2019>、「Numero TOKYO」<hot summer list 初夏を彩るサマーメイク>、「エル・ジャポン」<FIRST LOOK BEAUTY>等のトレンド特集で登場し、夏につけても心地よい軽やかなフィット感に仕上げる夏仕様の新マットリップと紹介されています。
さらに、「up PLUS」<トレンド夏新色SCOOP 千晃ちゃんのカラーメイクにも注目!>や、「CanCam」<アイテムひとつで激変!『表メーク』『裏メーク』>、「SPUR」<ぬれたようなツヤとにじんだカラー 泣いてるの?>、「sweet」<ドキドキしちゃう・ 胸キュンピンク FACE>等の夏メイク特集でも掲載に。

掲載1番人気の#07 サンセットフォーリングは、「MAQUIA」の田中みな実さんの表紙メイクにも登場。<COVER LOOK>ではヘアメイクのAYAさんが艶肌に映えるオレンジリップを使用したヘルシーメイクを提案しています。また、夏が香る『ナイトアウトオレンジフェイス』として「BAILA」<最旬カラーでアフター6の顔にしゃれ感を PM6:30女子会前のひとさじ夏色>で掲載されている他、「SPRiNG」BOOK IN BOOK<THE SECRET of BEAUTY BOOK おしゃれ美女のきれいのヒミツ>では、『本田翼さんがプライベートで愛用しているモノ』として紹介に。

6月期では、ブラウンベージュの#03 モードファクトリーが「FIGARO japon」<chouchou BEAUTE 夏肌に、ヌーディカラーを纏って。>や「SPUR」<小麦肌がモードな時代、到来 TAN BEAUTY>のトレンドメイク特集で紹介。また、透明感を引き出す味方の赤リップとして#01 ストロベリーソーダが「リンネル」<“透明感”を引き出す夏のベース&メイク>や「オトナミューズ」<目指すはいつだって涼やかな人 雨の日も『イイ女』>に登場し、梅雨のグレーな空も気持ちもパッと晴らす赤リップアイテムとして掲載されています。さらに、こなれ感のあるマットピンクの#02 ピンクフラッシュは「STORY」<40代・ビューティ迷子は新作コスメに頼りなさい>と「ar」<太陽が似合う女がエロい SUMMER NUDE娘>等の夏メイク特集に登場し、旬な大人ピンクでこなれ感をプラスすることを提案しています。

 

RMKの公式サイトへはこちらから。

第10位 icon_topics_new
シュウ ウエムラ

「Maison Kitsune for shu uemura カモ アイシャドー パレット」

7,500円(本体価格・編集部調べ) ※価格は2019年6月現在のものです。

ファッションブランド メゾン キツネとのコラボレーションにより誕生した、シュウ ウエムラの限定コラボパレット「Maison Kitsune for shu uemura カモ アイシャドー パレット」が10位にランクイン。

メゾン キツネとシュウ ウエムラのコラボレーションは、パリと日本のエッセンスをミックスしたモダンで楽しい世界が大人気だった2015年のホリデーラインから2度目。
今回のテーマは“mycamostyle”。ファッションでも人気のカモフラージュ柄(=カモ柄)にインスパイアされて登場したのは、カモ柄に代表されるカーキ、ブラウン、ベージュ等のアースカラーに、オレンジ、ピンク、レッド等の鮮やかなカラーを加え、さらにアイコニックなキツネや富士山、キスマークを取り入れた、楽しくモダンな迷彩柄のコレクション。カモ柄の限定パッケージによる12色のパレット「Maison Kitsune for shu uemura カモ アイシャドー パレット」は、今季注目色のオレンジやカーキ、ブラウンを中心に、グリッター、パール、偏光パール、マット、メタリックの5つのテクスチャーで展開。隣り合うカラーで絶妙なグラデーションをつくることができる考え抜かれたスペシャルな配色で、縦・横・斜め、いずれからでも自在にグラデアイメイクを楽しむことができるようになっています。しかしながら、ごめんなさい・・・既にSOLD OUTです。

今期の掲載は、「美的」<2019 夏新色クルーズBOOK>、「MAQUIA」<夏新色&コフレBOOK2019>、「VoCE」<BOOK IN BOOK 夏新色 BOOK>と美容3誌の恒例の夏新色カタログ特集で紹介されいる他、「CanCam」<BEAUTY SCOOP>や「steady.」<steady. BEAUTY HOLIC>でもメゾンキツネとのコラボレーションによるカモスタイルコレクションをクローズアップ。「Seventeen」<エスティー・キュン>、「ViVi」<令和のトレンドがまるわかり 最初にやりたいnewなこと>、「up PLUS」<とっておきの胸キュンコスメ集めました>、「Domani」<有田千幸のあなろぐびゅうてぃいんすた>等や各誌のコスメカレンダー等でもコレクションとして掲載に。

多色パレット「Maison Kitsune for shu uemura カモ アイシャドー パレット」の紹介としては、「with」<ヘアメイク イガリさん発 これからの“まいにち”メイク>や「SPUR」<さっとしてBeauty>でクローズアップされている他、「non・no」<新川優愛 × early summer メイク>、「MORE」<今月ののぼり坂コスメ>、「GINZA」<では、ビューティの時間です>、「VoCE」<夏限定アイテム お買い物リスト>、「Numero TOKYO」<hot summer list 初夏を彩るサマーメイク>、「&ROSY」<夏の新色速報! 絶対狙い目NEWS10>等で紹介に。5つのテクスチャーからなる12色のアイシャドウパレットは、どう選んでも今どきのモードに仕上がると、各誌で注目されています。

**MAISON KITSUNE(メゾン キツネ)は、ダフト・パンクのマネージャーという経歴を持つジルダ・ロアエック氏と、ファッションディレクターの黒木理也(マサヤ)氏が2002年にパリで設立。ファッションブランドをはじめ音楽レーベルやアート等、フランスを拠点に2人の『好き』を集めて幅広く活動し、世界的にも高い評価を得ている集団。設立当初はKITSUNÉ(キツネ)ネーム。ファッションブランドと音楽レーベルの活動を分けた時に、ブランド名をMAISON KITSUNE(メゾン キツネ)に一新。ファッションブランドとしてMAISON KITSUNÉ、音楽レーベルとしてKITSUNÉ MUSIQUEとして展開。ファッションでは、ピエールアルディ、A.P.C.やマルタンマルジェラ等の著名なブランドともコラボレーションし、伝統とモダンが融合したスタイルを提案。日本では2013年2月に初の路面店を東京・南青山にオープン。黒木理也氏が空間デザイン、ストアイメージを手掛け、レーベルのCDやティーも取り扱うカフェ“CAFÉ KITSUNÉ”も同時オープンし話題に。その後2016年に東京・代官山、そして大阪・南堀江に関西初の路面店“MAISON KITSUNE大阪”をオープン、開店日には300人以上の行列ができる人気。

** MAISON KITSUNEの公式サイトへはこちらから。
** MAISON KITSUNEとの初コラボ 2015年のホリデーコレクションのTopicsへはこちらから。

 

シュウ ウエムラの公式サイトへはこちらから。 https://www.shuuemura.jp/