2017年に日本初のシワを改善する医薬部外品として承認された「リンクルショット メディカル セラム」(医薬部外品)。コスメでシワが改善することを広く世の中に知らしめたポーラから、リンクルコスメが再び注目されそうな2020年の元日に登場するのは、肌の奥で密かに進行する『潜伏シワ』に着目した、未来のシワをもケアする「リンクルショット ジオ セラム」(医薬部外品)。

『潜伏シワ』とは、表情を動かした時に一時的に現れるシワのこと。静止状態では肌表面には表れないため一見シワがないように見えても、肌の奥で進行し、将来の『定着ジワ』に繋がると考えられています。

ポーラが新たに発見したのは、『潜伏シワ』の原因は肌の動きを吸収する太いコラーゲンで構成される真皮下層の柔軟性の低下ということ。下層が硬くなると肌の動きを吸収できず、表情を動かした時にかかる表情圧が大きくなり、それが『潜伏シワ』に繋がることがわかりました。
真皮は加齢や紫外線、ストレス等によって、日々炎症や酸化によるダメージを受けています。そして、実は20代や30代にも『潜伏シワ』リスクが高い人が存在していることも発見。そこで、美しくしなやかな柔軟性のある肌を目指す『モーションダイナミズム理論』を提唱し、開発されたのが「リンクルショット ジオ セラム」です。

肌の柔軟性に着目したポーラオリジナル美容成分モーションSリキッドやNEREリキッドを配合。また、肌の糖化に着目したポーラオリジナル美容成分YACエキスやEGクリアエキス、肌の潤いをサポートする保湿成分ヤグルマギクエキスの配合によって、真皮下層の柔軟性がアップした美肌へ導く美容液に。
肌のハリ感と柔軟性を両立した膜を形成することで、表情に合わせてしなやかに動く肌を目指し、表情圧を低減することで、『潜伏シワ』の進行を抑えたハリのある肌を叶えます。

毎日のご使用は、ローションの後、ミルクの前、「リンクルショット メディカル セラム」の前がおすすめ。手のひらに1~2プッシュ取り、顔全体に優しく伸ばしてなじませてください。

左:「リンクルショット ジオ セラム」  10,000円、リフィル 9,500円(本体価格、2020年1月1日発売)
右:「リンクルショット メディカル セラム」 13,500円(本体価格)

リンクルショット メディカル セラム」が今あるシワを改善し、「リンクルショット ジオ セラム」が未来のシワに繋がる『潜伏シワ』をケアしてくれます。一瞬の表情シワの戻りの遅さが気になりだしたら、まずは「リンクルショット ジオ セラム」からスタート、しっかりシワケアを行うには「リンクルショット メディカル セラム」とのW使用がおすすめ。

リンクルショットのパッケージには、積極的に肌を変えようとする女性に真摯に応えるブランドの意志が込められた共通の手書き風サインがデザイン。カラーリングは、前人未到の星を発見する旅をイメージした宇宙のスペースブルーと星のゴールド、そして旅立つ時の宇宙服をイメージしたチャレンジングオレンジを用いて、挑戦し続けるブランドイメージを視覚的に表現しています。

紫外線やストレス等による肌ダメージで、年齢を超えて肌の奥で進行している『潜伏シワ』のケアは、シワが気になる人はもちろん、将来の肌に不安を感じている人も!リンクルケアはお早めに!

 

リンクルショットの公式サイトへはこちらから。