夏を思わせる陽射しが続き、心も解放される今期。「美的」「MAQUIA」「VoCE」等の美容3誌をはじめ、掲載が解禁となった夏の新色を紹介する特集が各誌でスタート!

「MAQUIA」は今季も裏表紙からネイルを特集する<夏新色&夏ネイルBOOK>のダブル新色紹介。今ランキング1位と2位にランクインしているRMK「ネイルポリッシュ」とアディクション「ザ ネイルポリッシュの全面リニューアルのNEWSが各誌でクローズアップされ、急上昇ランクイン。前年リニューアルのCHANEL「ヴェルニ ロング トゥニュ」も10位にランクイン。

バカンス気分を盛り上げてくれる華やかなビビットカラーも健在ながら、この夏は少し大人の艶やかさを感じさせ、ほんのり抜け感のあるニュアンスカラーが注目。今ランキング8位のRMK「インジーニアス パウダーアイズ N」や9位 SUQQU「デザイニング カラー アイズ」でも肌なじみの良い繊細な煌きのニュアンスカラーを感じることができます。

取り入れるべきは、ツヤとマット等の異なる質感、透明感のあるクリアな色、抜け感、繊細な輝き、血色感のあるコーラルのもたらすヘルシー感・・・自由度の高い今季トレンドから、各誌で提案されているのは、「MAQUIA」<夏色で魅せる注目美女5人『私の知らない、私の顔』>等、ひとり一人の個性を引き出すメイク。気づいていなかった意外な自分に出会えるチャンスです。

アイテムでは透明感のあるジューシーなツヤを感じさせるグロス系ティントリップが復活の兆し。

今ランキングでも、共に透明感のあるグロスのような輝きが好評価で5位にランクインしている、リップにも使用できるルナソル「カラーグロウバーム」や7位ディオール「ディオール アディクト ラッカー スティック」もその代表的存在のひとつ。

スキンケアでのTOPICSは、今年スキンケアデビュー90周年のCHANELから誕生し、今期急上昇ランクアップ3位にランクインしているCHAMELプレセラム「ブルー セラム」。『エイジングに抗わず、自然に美しく年を重ねる』、という全く新しい発想が各誌で注目されています。

日本初のシワ改善美溶液として年末から話題の「ポーラ リンクルショット メディカル セラム」(医薬部外品)は、シワにリアルに悩む層を読者に持つ「家庭画報」「HERS」「エクラ」等でクローズアップされ、再び4位にランクアップ。ボディケアがリアルに気になる季節となり、クラランス「ボディ フィット」も前期から1ランクアップ6位にランクイン。

 

トータルランキング2017年5月号

 

4月20日、銀座エリアに今世紀最大のビッグプロジェクトと言われるGINZA SIXがオープン。地上13階、地下6階からなり、屋上には庭園、地下3階には観世能楽堂をも配しています。

注目の地下1階のトータルビューティフロアには、最先端デジタルツールを駆使した“ディオール ビューティ 銀座”やVIPルーム併設の日本初のイヴ・サンローラン ボーテのフラッグシップブティック、コスメデコルテ初の旗艦店“メゾン デコルテ”、シュウウエムラの世界初コンセプトストア、情報拠点の機能を持つクレ・ド・ポー ボーテのブランドショップ、メイクアップフォーエバー初の旗艦店、ネイル・エステ・アイラッシュの施術を受けられるukaや、日本初上陸のタイのスパ パンピューリのトリートメントが体験できるショップ等や等、日本最大級の旗艦店を13ブランドがオープンし34のコスメブランドが集結。

“シャネル フレグランス&ビューティ”では、ショッパーに入った状態で受け取り口に出てくるタッチパネル式のコスメ自動販売機も登場、テレビやネット等でも話題に。第一弾の販売は「ルージュココ」。

全店舗の約3分の1が個室を備え、GINZA SIXだけのユニークなサービスやNEWSを尽きることなく発信、コスメの新たな体験を提供してくれています。雑誌でも丸々一冊銀座を大特集している「GINZA」<保存版 銀座が私を呼んでいる>ではGINZA SIXの秘密100を伝授する『GINZA SIXに行かなくちゃ。』を掲載する等、各誌でも注目のエリアとなっています。ここでしか買うことのできない限定品や体験も続々登場しているので、銀座に訪れた際には、ぜひチェックしてみてください!コスメとの新しい出会いが待っています!

GINZA SIXの公式サイトへはこちらから

2017年5月号トータルランキングの調査媒体は…2017年4月1日から30日までに発売された調査媒体93誌延べ106冊。詳しい調査媒体はこちらを参照してください。

トータルランキング2017年5月号

2017/4/1-2017/4/30

1 RMK

ネイルポリッシュ

2 アディクション

ザ ネイルポリッシュ

3 CHANEL

ブルー セラム

4 リンクルショット

リンクルショット メディカル セラム(医薬部外品)

5 ルナソル

カラーグロウバーム

6 クラランス

ボディ フィット

7 ディオール

ディオール アディクト ラッカー スティック

8 RMK

インジーニアス パウダーアイズ N

9 SUQQU

デザイニング カラー アイズ

10 CHANEL

ヴェルニ ロング トゥニュ

11 SUQQU

ネイル カラー ポリッシュ

20 THREE

ウイスパーグロスフォーアイ

12 アディクション

チークポリッシュ

21 ディオール

サンク クルール

13 ホワイトショット

ホワイトショット QX

22 RMK

リップジェリーグロス

14 ルナソル

サニーサマーアイズ

23 バーバリー

リキッド リップベルベット

15 ジルスチュアート

ジェリーアイカラー

24 SUQQU

フレーミングアイブロウ リキッドペン

16 CHANEL

ルージュ ココ グロス

25 ゲラン

モン ゲラン オーデパルファン

17 コスメデコルテ

AQ MW アイグロウ ジェム

26 シュウ ウエムラ

ルージュ アンリミテッド シュプリーム マット

18 SK-Ⅱ

アトモスフィア エアリーライトUVエマルジョン

27 クラランス

コンフォート リップオイル

19 THREE

ネイルポリッシュ

28 エスティ ローダー

ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ

20 THREE

エピック ミニ ダッシュ

29 イヴ・サンローラン

アンクル ド ポー コンパクト

第1位 icon_topics_new
RMK

「ネイルポリッシュ」

1,500円(本体価格)※価格は2018年7月現在のものです。

1位にランクインしてきたのは、トーンや質感などの微妙なニュアンスにこだわって一新したネイル「RMK ネイルポリッシュ」。ボトルもよりスマートでスタイリッシュとなり、つけたてのクリアな発色と上品なツヤを長時間キープしてくれる優れもの。2017年SUMMER COLLECTIONのテーマ“カラーモザイク”を代表するアイテムとして登場したデビューラインナップは、クリア、パール、シャイニー、マットと4つの質感から選べる32色。ベーシックなピンクやベージュに加え、微妙なニュアンスを楽しめるグレー系も充実。最旬トレンドとして注目されるマットや繊細な輝きのグリッター、透明感のあるオーロラ等のシリーズも含み、その日の気分でエレガントにも、モードにも、フェミニンにもと、自由に楽しむことができます。

今期は、「SPUR」<RMK ネイルカラー、32色の物語>でクローズアップされ、「BAILA」<NEW PICK! BEAUTY>、「VOGUE JAPAN」<美容ジャーナリストのトレンドレポート>、「bea’s up」<NEWS SPY>等の情報ページや、この夏を牽引するメイクのひとつとして「SPUR」<夏色「オノマトペ」メイクアップ>、「FIGARO japon」<目指すのは、とびきりハンサムな彼女。>、「CREA」<肌と心がときめく大人のピンク>等のトレンドメイク特集、「&ROSY」<2色使いネイルとジュエリーの絶妙バランス>、「andGIRL」<オシャレな人の手元SNAPから、最旬ネイル&アクセコーデまで!春だから、『花色ネイルに女っぽリング』>等のネイル特集、裏表紙から夏ネイルを掲載した「MAQUIA」“夏新色&夏ネイルBOOK”等の新色カタログ、各誌のコスメカレンダー等で掲載に。

RMKの公式サイトへこちらから。

第2位 icon_topics_new
アディクション

「ザ ネイルポリッシュ」

1,800円(本体価格) ※価格は2018年7月現在のものです。

この夏、スキンケア発想のネイルとして生まれ変わったアディクション「ザ ネイルポリッシュ」が2位にランクイン。クリエイティブディレクターAYAKOさんの『ネイルも着替えて欲しい』という熱い思いからモードで洗練されたカラーとテクスチャーのバリエーションで魅了する初代「ネイルポリッシュ」がデビューしたのは2010年。そしてこの夏、『スキンケア感覚のカラフルを楽しむ』というAYAKOさんの新たな思いを叶え、毎日つけるものだからこそ、究極に爪へのやさしさにこだわった「ザ ネイルポリッシュ」へと、生まれ変わりました。爪の優しさのために酸素透過性の高い樹脂を配合することで塗布時の爪の閉塞感を軽減、負担感のない軽やかなつけ心地に。更に、美容液成分に新たに3種のオーガニック保湿成分を配合することで潤いをプラスすることで爪の乾燥を和らげ、爪補強成分を加えることで爪を補強し割れにくくしてくれます。デビューラインナップは、AYAKOさんならではのモード感あふれる47色を5カラーレンジで展開。今期の一番人気は、大粒ラメが煌くメタリックなゴールドパールの#Moondust SP。

ADDICTION「ザ ネイルポリッシュ」

 

今期は、「GISELe」<I want it!>でクローズアップされている他、「VOGUE JAPAN」<美容ジャーナリストのトレンドレポート>、「sweet」<BEAUTY JOURNAL>、「bea’s up」<NEWS SPY>「GLOW」<編集部なう。>、「Numero TOKYO」<editor’s choices>等の情報ページ、「&ROSY」<2色使いネイルとジュエリーの絶妙バランス>や「GLOW」<ペディキュアで楽しむ流行ネイル見本帖>、「Marisol」<大人のスイートネイル見本帖>等のネイル特集、「FIGARO japon」<目指すのは、とびきりハンサムな彼女。>、「CREA」<肌と心がときめく大人のピンク>等のトレンドメイク特集、「MAQUIA」“夏新色&夏ネイルBOOK”等の新色カタログ、各誌のコスメカレンダー等でも掲載に。

アディクションの公式サイトへこちらから。

第3位 icon_topics_new
CHANEL

「ブルー セラム」

30ml 12,000円(本体価格) ※価格は2017年6月現在のものです。

エイジングに抗わず、自然に美しく年を重ねる・・・という新発想から生まれたCHAMELのプレセラム「ブルー セラム」が3位にランクイン。

CHANELがスキンケアデビューから90年目の節目となる今年、着目したのは、世界中の類まれな4つの長寿エリア ブルーゾーン(コスタリカのニコジャ半島、イタリアのサルディーニャ島、ギリシャのイカリア島、そして日本の沖縄)で育まれている植物。コスタリカのグリーンコーヒー、イタリアのオリーブ、ギリシャのマスチックの3つの植物から有用成分を高濃度で抽出し一つの美容液に配合した「ブルー セラム」は、いつものお手入れをサポート、肌をすこやかでなめらかに整えてくれます。使用するのは、朝晩美容液の前。肌にのせた瞬間に吸い込まれるように浸透していくフレッシュな感覚を実感しながら心を解き放ちスキンケアを楽しむことで、肌も心も本来の力を取り戻し、生き生きとした幸せな美肌に。幸せな肌=美肌という新発想は注目され、今期は「MAQUIA」<自分にとって最高の状態を作り続ける美容液登場>、「VoCE」<人生を楽しむ女は歳をとらない>、「美的」<5年後、10年後に違いが表れる『美しい肌は、幸せな肌』という次世代の美の価値観を検証>等でクローズアップされている他「婦人画報」<私たちは、もっと自由に歳をとる!>や「美的」<『男っぽ肌』脱却大作戦!>、「Marisol」<齋藤 薫から、悩める40歳へ 大人キレイの処方箋>等でも紹介に。

CHANELの公式サイトへこちらから。

第4位
リンクルショット

「リンクルショット メディカル セラム(医薬部外品)」

20g 13,500円(本体価格) ※価格は2018年6月現在のものです。

4位には、シワ改善の医薬部外品有効成分として認められたニールワン配合による、日本初のシワを改善する薬用美容液「ポーラ リンクルショット メディカル セラム」がランクイン。

リンクル ショット メディカル セラム(医薬部外品)

12週間使用で7割の人の目尻のシワ改善が報告されている「ポーラ リンクルショット メディカル セラム」、その期待は各誌でも高まるばかり。

今期は「家庭画報」<ラグジュアリーの真実>、「HERS」<美容の力>、「エクラ」<麗しマダム美容R NEWS>、「週刊女性」<CATCH UP NEWS>とシワの悩みが深刻な読者を持つ雑誌でクローズアップ。更に読者アンケートで使ってみたいコスメ第1位に選ばれた「美ST」<〝使ってみたいコスメ〟第1位「ポーラ リンクルショット」15,000円 1カ月使ってみました>では、リアルな結果報告が掲載に。また加齢による肌変化が加速するためシワを気にし始める20代から30代の読者を持つ「Oggi」<Oggi Attenzione>でもクローズアップされている他、「SPUR」<小田切ヒロがすべて解決! “リボンの美士”は、老けさせない!>や「MORE」<働く女子の“エネチャー美容液”>、等の特集でも紹介され、男性誌「UOMO」<38歳からの“美だしなみ” スターター3点セット>でも『ムダに老けて見えるのは男として損』と、リストアップされています。

リンクルショットの公式サイトへこちらから。

第5位 icon_topics_new
ルナソル

「カラーグロウバーム」

2,500円(本体価格) ※価格は2017年6月現在のものです。

シアーに色づき、自然なツヤを演出してくれるルナソルの「カラーグロウバーム」が5位にランクイン。

リップだけでなく、アイシャドウやチークとしても使用することができるマルチアイテムで、SPF10・PA+の紫外線カット効果があるのもこれからの季節には嬉しいポイント。夏にぴったりの限定アイテムとして5色で展開。カジュアルに指でメイクを楽しめ、ボトムの蓋に記載されたブランド名とバームの色は連動しているので、ポーチの中でも使いたい色をすぐに探すこともできます。

ルナソル「カラーグロウバーム」

今期は、「オトナミューズ」<EDITOR’S CHOICE>や「&ROSY」<&ROSY MUST BUY list>、「美人百花」<美人百貨 A NEW LOOK!>等の情報ページで紹介されている他、夏メイク特集でモデルメイクにも数多く使用されています。「CanCam」<今どきメークは『引き♥盛りメーク』>、「SPUR」<夏色「オノマトペ」メイクアップ>、「FIGARO japon」<目指すのは、とびきりハンサムな彼女。>等でツヤアイシャドウとして、「VERY」<手軽さそのまま、質感が抜群にいまどき! アクティブ行事に効く、リップバーム、リップグロス最新版>等ではリップとして、「sweet」<中野明海の妄想 Juicy Fruit MAKE-UP>や「GLOW」<中野明海の『EVER GREEN MAKE-UP』>、「MAQUIA」<夏色で魅せる注目美女5人『私の知らない、私の顔』>ではチークとして、「Ray」<ヘア&メイク きべっちの女のコの数だけ、可愛いはある! ~実践編~>や「GISELe」<『黒の日・白の日』メイクの流儀>では、アイシャドウとチーク共通の2アイテムとして紹介に。使う楽しさが広がります。

ルナソルの公式サイトへこちらから。

第6位 up
クラランス

「ボディ フィット」

 

前期からワンランクアップで6位にランクインしてきたのは、パワーアップリニューアルしたクラランスのボディ用肌引き締め美容液「ボディ フィット」。

肌をなめらかに整える効果が知られるマルメロの果実、更に葉の部分に脂肪細胞を正しく機能させる働きがあることをクラランスが発見。マルメロの葉から抽出したエキスを新配合しています。べたつかないジェル状のテクスチャーで肌にすばやく浸透し、きゅっと引き締まったなめらかな肌へと導いてくれると各誌で注目に。

今期は、「MAQUIA」<勝負は最初の2週間! 最短本気のダイエット>や「VoCE」<今、話題騒然の Body Fit 大解剖!>でクローズアップされている他、「GLOW」<ツヤラボ>と<松本千登世『今月の美人3品』>、「Domani」<月刊美 KIPEDIA>等の情報ページで紹介され、第一特集で<美女のカラダメンテ全部>を特集している「VoCE」では、リアルに試した<話題のヤセ活を1ヵ月やってみました!>や<2017SS ボディケア ベスコス>も発表され、「ボディ フィット」はボディシェイプ部門スリミングコスメ1位を獲得。クラランス「クレーム マスヴェルト」も2位にランクインしています。

クラランスの公式サイトへこちらから。

第7位 down

7位には、ディオールメイクアップクリエイティブ&イメージディレクターのピーター・フィリップス氏が新世代のために進化させた「ディオール アディクト ラッカー スティック」がランクイン。従来のリップスティック ベースの約2倍の透明度をアップすることで、唇の上でとろけ、鮮やかな発色と輝きを叶えた19色はLAからインスパイアされたラインナップ。絶妙な抜け感と今っぽさを併せ持つポップカラーは、今期も幅広い年代に支持されています。

今期は、「Numero TOKYO」<the thing is… beauty>でクローズアップされている他、「CanCam」<今、気になる、あのキュン顔になりたい!>、「with」<『初夏のキレイ色メイク』はいいことずくめ>、「sweet」<Don’t think. feel! 河北裕介の3FACEメイク>、「ViVi」<Lip Dreamer リップで天国を手に入れろ!!>、「ar」<とにかくPink Pink PINKさえあればいい>、「VoCE」<イガリシノブ 夏色のアラサーメイク>、「MAQUIA」<イガリシノブ流 夏のカラーメイク術 大人にこそ似合う、ピーチ&オレンジ>、「&ROSY」<おしゃれ顔には大胆な『一色差し』>等夏メイクの特集に掲載に。

ディオールの公式サイトへこちらから。

第8位

色ごとに吟味された程よいパール感とクリア発色が人気のRMKの単色アイシャドウ「インジーニアス パウダーアイズ N」が8位にランクイン。肌馴染みの良い淡いニュアンスパステルに繊細なツヤと輝きをプラスした夏の新色5色も登場し、夏の日差しに映える爽やかで洗練された目もとを演出してくれます。

 

RMK「インジーニアス パウダーアイズ N」

 

今期の一番人気は、目もとの立体感を演出しミステリアスなまなざしを叶える夏の新色#23 レッドブラウン。「FRaU」<beauty Simple COLOR Make up>、「VoCE」<新色は何を買う? どんな顔になる? 人気モデルズの『夏メイク』プラン>、「MAQUIA」<イガリシノブ流 夏のカラーメイク術 大人にこそ似合う、ピーチ&オレンジ>等で、大人の抜け感を醸し出すムーディなモーブメイクや奥行きを持たせる仕込の赤みブラウン等としてモデルメイクに使用されています。

続く人気の濡れたようなツヤ感と輝きの注目の夏の新色#24 シャイニーホワイトシルバーは、シャイニーをキーワードにボーイッシュコーデと合わせた「mini」<春のおしゃれ一問一答!!>や「mina」<ちょっとだけ盛れてるメイク>では、ちょい盛りの『彼氏ができるコスメ』として登場。また「VoCE」<ゆうこのべっぴん道>では『透明度の高いラメは、まぶたにたっぷりのせてもこなれる!』と#23と#24を同時に使用、「MAQUIA」<夏色で魅せる注目美女5人『私の知らない、私の顔』>でも、#23と#24の2色のラメをグラデーション使いすることで山本美月さんの魅力を引き出すコツを千吉良恵子さんが紹介に。もちろん恒例の「美的」「MAQUIA」「VoCE」の美容3誌での<夏新色カタログ>をはじめ、「andGIRL」「GLOW」等のコスメカレンダー等でも掲載に。

RMKの公式サイトへこちらから。

第9位
SUQQU

「デザイニング カラー アイズ」

6,800円(本体価格)※価格は2019年7月現在のものです。

9位には、今春誕生したSUQQUの新4色アイシャドウパレットの「デザイニング カラー アイズ」がランクイン。

 

SUQQU「デザイニング カラー アイズ」

 

リッチグラデーション処方により、なめらかな質感でパールが均一に肌に密着。しっとりとした質感の美しいグラデーションを叶え、透明感の高いルーセントピグメント配合により、重ねても色を濁らせることなく奥行きと立体感のある目もとを完成させることができると人気のアイシャドウパレット。

SUQQUならではの絶妙なバランスの4色にはつけたての色が続く、シリコーンコーティング顔料が配合され、ラスティング効果はもちろん、均一に伸び広がることで鮮やかな発色も叶えてくれます。色の持つハーモニーを活かした魅力的なまなざしが各誌で注目されています。

今期は「美的」<美的感性>や「美的」「MAQUIA」「VoCE」の美容3誌の恒例<夏新色カタログ>、「bea’s up」<『夏新色』スーパー速報>、「GLOW」<おしゃれに見えて、崩れにくい! フレッシュマット肌で涼しげヌードメイク>、各誌のコスメカレンダー等で限定の夏の新色がクローズアップされている他、「CanCam」<今どきメークは『引き♥盛りメーク』>や「クロワッサン」<読者が体験して納得! 嫌いなパーツを、長所に変えるメイク。>では、#02 光橙花、「美的」<川口春奈 主演 カジュアルウエディングに招かれた日は…>では#04 絢撫子、「オトナミューズ」、<ヘアメイク河北裕介の大人メイクで、いい女!>では#01 優芍薬がモデルメイクで紹介に。

SUQQUの公式へはサイトこちらから。

第10位

前年にリニューアルした、微細なピグメントにより、エレガントでつややかな仕上がりを叶えるCHANEL「ヴェルニ ロング トゥニュ」が10位にランクイン。塗りたての鮮やかな発色を長時間持続させ、保護成分配合により強さをもたらし、コンディションを整えながら、健康的な爪に導いてくれると人気のネイルエナメル。

グローバルクリエイティブメークアップ&カラーデザイナーのルチア ピカ初のクルーズメイクアップコレクションとなる今夏の新色は、大自然から着想を得たという夏の肌に映える4色。夜の海を思わせるグレー#558サルガッソとコーラル系の3色(ミルキーコーラルな#560 コキヤージュ・明るいコーラルピンク#562 コラリウム・珊瑚を思わせる#564 シー ウィップ)は、心地いいほどに自由で気ままなリラックスしたバカンス気分を盛り上げてくれます。

今期は、裏表紙から夏ネイルを掲載した「MAQUIA」“夏新色&夏ネイルBOOK”の裏表紙に新色のコーラル系3色が登場、「美的」「VoCE」の<夏新色カタログ>はもちろん、「CanCam」<女の子コスメトーク>の『今、おしゃれに見えるのはこのネイル!』では#562が紹介され、「MAQUIA」<夏色で魅せる注目美女5人『私の知らない、私の顔』>では、ほんのり甘いミルキーオレンジとして#560が山本美月さんに、夏気分を加速させるブルーグレーとして#558が川口春奈さんにメイク使用、#558は清潔感のあるグレイッシュとして「FIGARO japon」<目指すのは、とびきりハンサムな彼女。>にも登場、数多く夏のメイク紹介で掲載される反面、「non・no」<セルフネイルを10倍可愛く塗りまSHOW>では、女性を可愛くするレッドとして愛されている既存色#508 シャントンが掲載に。

CHANELの公式サイトへはこちらから。

==2017.6.9==