街並みのクリスマスのイルミネーションが目を惹くこの季節。各誌でもクリスマスシーズンの楽しいイベントやプレゼントの提案が溢れ、もちろん、クリスマスコフレ&限定品の特集も花盛り。今年も恒例の「美的」「MAQUIA」「VoCE」での、ブランドごとにまとめたクリスマスコフレ&限定品の大特集の他、「&ROSY」「with」「ViVi」「Ray」「Oggi」「SPUR」「MORE」「anan」「オトナミューズ」「JELLY」「SPRiNG」「GLOW」「mer」「bea’s up」「美ST」等幅広い年代の雑誌でコフレ特集が掲載に。

今期は嬉しいことに、ひとブランドで複数のコフレを発表するブランドが増え、プチプラコスメや通販コスメやヘアケアのコフレ等も昨年より掲載が増え、自分へのご褒美を意識したボーナスで買うアンチエイジングのスキンケアコフレ等も充実。何を買おうか・・・目移りしてしまいます・・・!

コフレ特集では、「MAQUIA」<クリスマスコフレ&限定色で彩る 街映え美人顔>や「美的」<コフレ&限定色をちょい足しで イベントメイクが華やかに、色っぽく。>、「オトナミューズ」<この冬しか買えないスペシャルアイテムを厳選 イガリ流メイクで『洒落顔』>、「SPUR」<色はにほへど散りぬるを ホリデーシーズンの特別な色をまとって Fantasy on Face>等、この時期だけの限定色を使用したメイク紹介が目を惹き、欲しい!気持ちが倍増されます・・・。

今ランキングでは、4位に今年20周年を迎えたアニバーサルイヤーを締めくくるRMKのクリスマスコフレのひとつ「シルバーミラークローゼットキット」、6位に大人のロマンチックを表現したアディクションの「ホリデー アディクション クリスマス ラブ」がランクイン。いずれも予約早々に完売。ブランドからの感謝の気持ちがたくさん詰まっているコフレは、お得感も高く、いつものお気に入りブランドのコフレは、早めの手配が大切だと、改めて身にしみます・・・・。

クリスマスコフレは、自分へのご褒美選びとするのも楽しいけれど、大切な人の喜ぶ顔を思い浮かべながらのプレゼント選びは大切で幸せな時間。今年のクリスマスも、たくさんの素敵な思い出を作ってください!!

リップ特集は今期も大盛況。「MAQUIA」では、メイクで魅せる<『リップの質感×色』でなりたい自分になる>と悩み解消テクを紹介する<All About Lip! リップをもっと楽しむ100問100答>、「VoCE」では、キレイの定番を見直す第一特集<マンネリ顔から脱出する見違えリップ50>、働くアラサーを応援する第二特集の<働く女子の絶対使える最新コスメ徹底比較>の他、「GINGER」<”河北リップ”でドラマが始まる!>、「ミセス」<リップメークで一日ハッピー!>等のリップ特集や「CREA」<渡辺佳子のお買い物キュレーション>、「Marisol」<影のない肌、柔らかな眉、血色のある唇…… 千吉良恵子の『AROUND40からの幸せ感は、メイクでつくれます。』>、「ar」<リップdeおフェロなNEW顔・7変化>等でも欠かせないアイテムとして掲載に。

今ランキングでは、ディオール初のリキッドリップ「ルージュ ディオール リキッド」が2位に、8位 ランコムの濃密な新リップグロス「ラプソリュ グロス」が8位に、マットな新8色で赤ルージュの世界を広げた、資生堂 メーキャップ「ルージュ ルージュ」が9位にランクイン。

Domani」<メークも秋色・ ブラウンアイ&ベリーリップがあればいい>等のように、リップと共にこの秋冬のメイクで注目されているのは、アイメイク。今ランキングでは、進化したブラウンアイメイクで人気のマキアージュ「ドラマティックスタイリングアイズ」が3位に、洗練された大人の女性の意志を感じさせるSUQQU「デザイニング カラー アイズ」が5位、クリスマス コレクションの限定カラーを含むディオール「サンク クルール」が7位にランクインしています。

これからますます寒くなり、乾燥も厳しくなるスキンケア対策では、「美的」ではスキンケア大特集<肌は3日で変わる>、「VoCE」では<『デイリースキンケア』見直し Lesson>、「MORE」では<その乾燥、その老化……スキンケアが完了していない証拠!>等で、秋冬の最新スキンケア情報が新商品と共に紹介され、クローズアップ。今ランキングでも、1位にディオールのエイジングケアのプレ美容液「プレステージ ユイル ド ローズ」、10位にイプサの新発想のエイジングケアクリーム「ターゲットエフェクト」がランクイン。共に期待のエイジングケアコスメ、ぜひお試しください。

2017年11月号トータルランキングの調査媒体は…2017年10月1日から31日までに発売された調査媒体93誌延べ107冊。
詳しい調査媒体はこちらを参照してください。

トータルランキング2017年11月号

201/10/01-2017/10/31

1 ディオール

プレステージ ユイル ド ローズ

2 ディオール

ルージュ ディオール リキッド

3 マキアージュ

ドラマティックスタイリングアイズ

4 RMK

シルバーミラークローゼットキット

5 SUQQU

デザイニング カラー アイズ

6 アディクション

ホリデー アディクション クリスマス ラブ

7 ディオール

サンク クルール

8 ランコム

ラプソリュ グロス

9 資生堂

ルージュ ルージュ

10 イプサ

ターゲットエフェクト

11 CHANEL

トレ ドゥ キャラクテール

20 レ・メルヴェイユーズ ラデュレ

メイクアップ コフレ Ⅳ

12 Visée AVANT

シングルアイカラー

21 WELEDA

ラベンダー ナイトオイル

13 THREE

シーズンコレクションキット 2017

22 イヴ・サンローラン

タトワージュ クチュール

14 イプサ

リップスティック

23 ディオール

ディオールスキン フォーエヴァー コンパクト エクストレム コントロール

15 ルナソル

スタイリングアイゾーンコンパクト

24 ポール & ジョー ボーテ

メイクアップ コレクション 2017

16 ルナソル

シャインフォールアイズ

25 FLOWFUSHI

SAISEIシート マスク

17 NARS

オーデイシャスリップスティック

26 V

V リゾネイティッククリーム

18 ポール & ジョー ボーテ

リップスティック N

27 SUQQU

2017 クリスマス メイクアップ キット

19 ケイト

カラーハイビジョンルージュ

28 ゲラン

アベイユ ロイヤル ウォータリー オイル

20 コスメデコルテ

AQ MW アイグロウ ジェム

29 B.A

B.A ブラックシャインボックス

第1位 icon_topics_new

1位にランクアップしてきたのは、ディオールのラグジュアリーなエイジングケアライン“プレステージ”に新たに加わった、100%自然由来のオイルを凝縮したプレ美容液「プレステージ ユイル ド ローズ」。

ディオールガーデンで育まれ誕生した、肌が必要とする20の貴重な微量栄養素を持つグランヴィル ローズの生命力を革新的なマイクロオイルカプセル処方でローズ マイクロパールに閉じ込め、フレッシュなまま日々チャージすることを可能にした、肌の不調を整えるサプリメントのような存在として、各誌で注目されています。使用するタイミングは、洗顔後すぐ、化粧水の前。乾いた手のひらに2プッシュすると、淡いピンクのローズ マイクロパールが弾け、濃密なオイルとジェルが溶け合い、とろけるように肌に浸透、肌にしっかり栄養を届け、次のスキンケアの効果をもアップしてくれます。

今期は、「美的」<いま旬のコスメクリエイターに会いたい!>に、パルファン・クリスチャン・ディオール サイエンティフィック コミュニケーションディレクター&環境ディレクターのエドアール・モーベーズ‐ジャービスさんへのインタビューが掲載されている他、「CLASSY.」<ディオール〝プレステージ ユイル ド ローズ〟でキメ美肌を手に入れる>、「HERS」<『肌のサプリメント』で満ち足りた肌へ>、「Precious」<まるでスキンサプリメント! 新発想『プレ美容液』誕生>、「エクラ」<ローズの生命力で肌を満たす サプリメントオイルの美肌力”>等でクローズアップされ、更に「MAQUIA」<新作『ハリ』コスメ4週間ガチでお試ししました>と<短期集中美容の魔法 本気の3日で美人格上げ コスメ編>、「&ROSY」<忙し美女が頼りにしている 1品でマルチにきく! ハイスペックスキンケア>、「美的」<肌運命を変える! 最旬&最先端スキンケアJOURNAL>、「SPUR」<ビューティ・ギークの熱血美容カウントダウン>等のスキンケア特集でもリアルな実感と共に紹介に。

ディオールの公式サイトへこちらから。

第2位 down

グロスのような軽いつけ心地ながら口紅のような発色とフィット感でつけたての仕上りが12時間も続く・・・と注目されるディオールの「ルージュ ディオール リキッド」が今期は2位にランクイン。

ルージュ ディオール」初のリキッドリップは今期、新感覚パウダリー「ディオールスキン フォーエヴァー コンパクト エクストレム コントロール」と共にクローズアップされている「VERY」<秋本番。メークを着替えて〝いい女〟宣言>の他、「MAQUIA」<『リップの質感×色』でなりたい自分になる>、「GINGER」<”河北リップ”でドラマが始まる!>、「ミセス」<リップメークで一日ハッピー!>等のリップ特集、「Marisol」<今月の”うぬ惚れ”美容!>、マットな赤の#999を紹介した「CREA」<渡辺佳子のお買い物キュレーション>等の情報ページ、秋冬メイク特集内でメイク使用されている「美的」<秋冬イチオシeyeアイテムで『ドキッとさせる』眼差しメイク14>、メイクのお手本にしたいショップビューティアドバイザーを取材した「&ROSY」<美人BAのプライベートスタイル>等に掲載に。

ディオールの公式サイトへこちらから。

第3位 up
マキアージュ

「ドラマティックスタイリングアイズ」

2,800円(本体価格) ※価格は2018年2月現在のものです。

3位にランクアップしてきたのは、ブラウンの新しい魅力を教えてくれるマキアージュ 「ドラマティックスタイリングアイズ」。定番ブラウンのイメージを5質感のなじみやすい5色が進化させ、透明感や立体感を引き出し、瞳の色になじませることで自然で魅力的な大きな目もとを叶えます。

今期は、旬の秋色で働く女性を応援する「Domani」<メークも秋色・ ブラウンアイ&ベリーリップがあればいい>、資生堂の新ラインエリクシールルフレやスマートニュース、どん兵衛等のCMでもかわいいと評判の吉岡里帆さんが登場する「CanCam」<もしも吉岡里帆がOLだったら今日も明日もこんなにかわいい>、「VoCE」<最新『働くメイク』研究 “ちょうどいい”美人顔で出社する!>等、働く女性を応援するリアルなメイク提案での掲載も目立ちます。

カフェブラウンをイメージした5種展開でデビューした「ドラマティックスタイリングアイズ」は11月21日に限定1色を含む3色が加わり、現在は全8色展開。働く女性を応援する上記特集では、「Domani」は温かみのあるオレンジニュアンスの#OR303 オレンジキャラメル、「CanCam」は王道かわいいの新色# PK303 トワイライトアワー、「VoCE」はなじませ効果で立体感をアップしてくれる#BR505 ショコラカプチーノがメイクにピックアップされています。

吉岡里帆さんは「sweet」<Don’t think. feel ! 河北裕介の3FACE メイク>にも登場、#RD606 ラズベリーモカでメイクアップされています。他にも「JJ」<大人気へアメーク・笹本恭平さんに教わる“美人に見える”ブラウン顔>や「with」<冬モテ『うるっとメイク』の作りかた>、「MAQUIA」<目の形別 大人の“囲み目風”アイメイク>と<4タイプ別「似合う本命パレット」3段活用>、「VoCE」<今ドキの正解は引き算デカ目イク14>、「美的」<秋冬イチオシeyeアイテムで『ドキッとさせる』眼差しメイク14>、「andGIRL」<『似合うメイク』をすればいきなり美人になる!>等の特集にも登場。この秋冬の装いを応援しています。

マキアージュの公式サイトへはこちらから。

第4位 icon_topics_new

2017年にブランド誕生20周年を迎えたRMKと画家の佐藤翠氏とのコラボレーションにより生まれたセダクティブラブコレクションの限定メイクアップキット「シルバーミラークローゼットキット」が4位にランクイン。

セダクティブラブコレクションは、佐藤翠氏とのコラボレーションにより、2タイプのメイクアップキットとベースメイクキット、ハンドクリームキットの4つの限定キットで展開。アニバーサリーイヤーのラストを飾る、待望のクリスマスコフレとして登場。TOPを飾り登場した「シルバーミラークローゼットキット」は、洋服を選ぶようにメイクも自由に着替え、自分自身を輝かせてくれるメイクを楽しんで欲しいと願うRMKのブランドコンセプト“カラークローゼット”を体感することができる、RMKからのプレゼントのような限定キット。佐藤翠さんが20周年を記念しRMKのために描き下ろした絵画“Silver Mirror Closet”のオリジナルデザインを起用した2段式のスライドパレットの中には、RMKの20周年を華やかに彩る魅惑的なフルメイクを完成させるアイテムが勢揃い。アイシャドウにフェイスパウダー、ファンデーション、マルチに使えるラメ入り「グローペンシル」と人気の定番マスカラのミニサイズ、話題のベリーカラーの「カラーリップグロス」のミニサイズ、ライラックピンクの「アイ&チーククレヨン」、ピンクベージュの「モイストリップス」等が限定でセットされ、自分らしい楽しみ方でセダクティブな女性になることができます。でも・・・ごめんなさい!!あまりの人気に、予約時からSOLD OUTのお店が続き、現在は完売です。次回は絶対早めにチェック!!

ちなみに今期は「美的」「MAQUIA」「VoCE」「&ROSY」「with」「ViVi」「Oggi」「SPUR」「anan」「オトナミューズ」「JELLY」「SPRiNG」「GLOW」「mer」等の幅広い年代のコフレ特集で紹介されている他、「Numéro TOKYO」では<20周年を彩る限定キット>としてクローズアップされ、「美的」<コフレ&限定色をちょい足しで イベントメイクが華やかに、色っぽく。>や「bea’s up」<スペシャル感抜群のメイクコフレ 67>では、モデルメイクに使用しながらコフレの内容も詳しく紹介されています。

RMKの公式サイトへはこちらから。

第5位
SUQQU

「デザイニング カラー アイズ」

6,800円(本体価格・編集部調べ)※価格は2018年4月現在のものです。

5位にランクアップしているのは、SUQQUならではのインプレッシブカラーと、繊細なパールのもたらす立体感が人気の「デザイニング カラー アイズ」。

洗練された大人の女性の意志を感じさせる印象的な眼差しに仕上げてくれると、今期も各誌で評判に。今期の一番人気は、#06 宵紅 -YOIBENI。「Precious」<賢者の美容>では、繊細なパールの立体効果が評価され、華やか目元に変貌させてくれる注目の秋色のモーヴと深みのあるピンクでしっとり女らしい目元に仕上げてくれると、入江信子さんが紹介。「mini」<メイクパレット・基本のキ>では、ディープなピンクが今っぽいと注目、ピンクの囲み目メイクで可愛さを表現したり、グレーで深みを出し目尻にちょこっとピンクのラインで猫目風を提案。「VoCE」<ベーシック色+ニュアンス色で最旬! 美女メイク>では、ブラウンを基調としたレッドブラウンのアイシャドウに注目。バーガンディレッドを、より女っぽくまとうテクニックを紹介。「Oggi」<Oggi BEAUTY>の表紙では、抜け感のあるピンクの目元のワントーンメークで甘くない大人のピンクメークを紹介。「美的」<秋冬イチオシeyeアイテムで『ドキッとさせる』眼差しメイク14>、では、囲み目で抜け感のあるフェミニン顔を河嶋望さんが提案、「MAQUIA」<4タイプ別『似合う本命パレット』3段活用>でも鮮やかルビーカラーで目幅を広げ、色気のある女性を演出しています。今年らしい抜け感と大人の女性らしさの中に、意志の感じさせられる惹きつける眼差しをどう表現するかがポイントです。続く人気色は、定番の人気色オレンジ系ブラウンの#02 光橙花 -HIKARITOUKA。「Marisol」<影のない肌、柔らかな眉、血色のある唇…… 千吉良恵子の『AROUND40からの幸せ感は、メイクでつくれます。』>では、アラフォーの幸せ感は、目もとの優しい印象と千吉良恵子さんがお奨めする等、柔らかな丸みで女性らしい温かみのある目もとを演出してくれるコーラルオレンジも人気。

他に、「MAQUIA」<目の形別 大人の“囲み目風”アイメイク>では一重に柔らかな雰囲気をもたらすオレンジ×ブラウンメイクとしてお奨めされ、「VOGUE JAPAN」<Dark Aesthetics 今宵、暗闇で光を嗜む東京スポット&メイク術。>では、ヘルシーでゴージャスな光を取り込むメイクのための繊細な輝きを放つアイシャドウとして掲載に。

SUQQUの公式サイトへはこちらから。

第6位 icon_topics_new

6位には、アディクションの限定ホリデーコレクション「ホリデー アディクション クリスマス ラブ」がランクイン。

アディクションのクリエイティブディレクターAYAKOさんが2017年のホリデーコレクションの舞台に選んだのはラスベガス。アメリカで唯一、即日に婚姻証明書を発行してくれるというネバダ州のラスベガスの意外な一面をクローズアップ、ラスベガスならではのゴージャスでロマンティックな”Christmas Love”の世界へと誘うキット「ホリデー アディクション クリスマス ラブ」がクリエイトされました。スパンコールとチェーンの美しいクラッチバッグにセットされた、「ホリデー アディクション クリスマス ラブ」には、99色の「ザ アイシャドウ」からAYAKOさんが選んだベージュからブラウンの4色とシルバーパールの煌くシアーピンクの「ブラッシュ」 がセットされたリミテッドコンパクトと、繊細なパール入りダークレッドがモードに装う「ザ ネイルポリッシュ」、口もとを煌きでコートするダークプラムの「リップグレイズ」がイン。アディクションならではの大人の女性の魅力をアップする煌きでダークトーンをモードに彩る、ロマンティックなホリデーコレクションを楽しむことができます。ごめんなさい!!今期も人気で既にSOLD OUT・・・。次回は早めにチェック!!

今期は、「美的」<コフレ&限定色をちょい足しで イベントメイクが華やかに、色っぽく。>で「ホリデー アディクション クリスマス ラブ」を使用したクリスマスメイクが紹介されている他、「美的」「MAQUIA」「VoCE」「&ROSY」「MORE」「non・no」「with」「ViVi」「Oggi」「SPUR」「BAILA」「Numéro TOKYO」「オトナミューズ」「SPRiNG」「GLOW」「Ray」「bea’s up」「mina」等、幅広い年代の雑誌のコフレ特集に掲載されています。

アディクションの公式サイトへはこちらから。

第7位 up

ディオールのメイクアップクリエイティブ&イメージディレクターのピーター・フィリップス氏により春に生まれ変わり、クリアで大胆な発色と異なる質感の絶妙な5色の組み合わせが人気のアイシャドウパレット「サンク クルール」が7位にランクイン。

今期のメインとなっているのは、2017クリスマス コレクションの限定アイテムとして登場した「サンク クルール ≪プレシャス ロック≫」。繊細な輝きとピュアなきらめきによる洗練された美しさとロックなスピリットを提案する今ホリデーシーズンのビューティルックに使用されている、プレシャスなシェードが#857 ルビーと#347 エメラルドの2タイプで展開。宝石のグラフィカルなカットからインスピレーションを得た、コントラストと陰影が織り成すファセット模様が施され、クリスマスシーズンの特別感をアップしてくれます。

今期注目のブランド別紹介のコフレ特集に掲載されている他、「MAQUIA」<クリスマスコフレ&限定色で彩る 街映え美人顔>等、この時期の限定色を使用したメイク特集で紹介され、「CanCam」<〝乃木坂46〟3期生は 今どき『きゅんきゅん美人』 秋冬のおしゃれメーク拡大版プロセス>、「GINZA」<ニッポン美人化計画>等のメイク特集や「VOGUE JAPAN」<モードな黒の使い手に! 新ブラックアイメイク。>等のトレンド紹介にも登場しています。

ディオールの公式サイトへこちらから。

第8位 up
ランコム

「ラプソリュ グロス」

3,600円(本体価格) ※価格は2017年11月現在のものです。

この秋にランコムの「ラプソリュ ルージュ」に新たに加わったとろけるように濃密な新リップグロス「ラプソリュ グロス」が8位にランクイン。

クラシカルな発色とツヤのクリーム、繊細な発色とピュアな輝きのシアー、洗練された色っぽさが注目される今季のトレンドのマットの3つの質感が魅力の全18色の「ラプソリュ グロス」は、それぞれのテクスチャーを楽しみながら様々なシーンで単品使用できる他、「ラプソリュ ルージュ」とのMIX使用もお奨め。自分だけのリップを楽しむことができます。

今期は、クリームのミルキーベージュ#C202とラズベリーのような深い赤#C132、今秋冬らしいオシャレなマットな深みのあるオレンジ#M144等が人気色。鮮やかな発色と光沢感で仕上げるクリームタイプ潤いのある柔らかなぷっくり唇は、ほんのり色っぽい幸せ感を醸し出し、トレンドのマットタイプは、グロスのほど良いマット感が初心者にも取り入れやすいと、各誌でも注目されています。

今期は、「GINGER」<”河北リップ”でドラマが始まる!>や「MAQUIA」<『リップの質感×色』でなりたい自分になる>、「BAILA」<河北裕介×百々千晴 服とメイクのBEST ANSWER>、「LEE」<人気ヘア&メイク 河北裕介さんの『夫が惚れ直すリップメイク』>、「VoCE」<マンネリ顔から脱出する見違えリップ50>等のリップ特集や「CLASSY.」<34歳こそメークのターニングポイントです>、「Marisol」<影のない肌、柔らかな眉、血色のある唇…… 千吉良恵子の『AROUND40からの幸せ感は、メイクでつくれます。』>等のお悩み解決特集でモデルメイクに使用され、「ミセス」<リップメークで一日ハッピー!>や「CREA」<渡辺佳子のお買い物キュレーション>等でも掲載に。

ランコムの公式サイトへはこちらから。

第9位 down
資生堂

「ルージュ ルージュ」

3,600円(本体価格) ※価格は2017年09月現在のものです。

資生堂の持つ赤の発色技術を結集した人気の赤ルージュコレクションに、マットな新8色を加え、赤の世界を広げた資生堂 メーキャップ「ルージュ ルージュ」が今期は9位にランクイン。

今期の一番人気は、ベージュにほんの少し赤を加えた#BE323 Dusky Honey。「JJ」<大人気へアメーク・笹本恭平さんに教わる“美人に見える”ブラウン顔>では『今期、もっとも出番の多いお気に入りのリップ。』と笹本さん絶賛!目もとが強調される今季のメイクの名脇役として、モデルメイクにも使用されている他、「S Cawaii!」<『いつも濃色派』or『いつも淡色派』別 手持ちLIP+買い足しLIPでマンネリ顔にグッバイ>では、『いつも濃色派』に提案するブラウン系大人見えリップとして掲載。バレリーナの上野水香さんが登場している「&ROSY」<イガリシノブ連載 女の時間とメイキャップ>では、ブラウンに赤を加えた#BR322 Amber AfternoonとのW使用で提案、なめらかな質感とベルベットのようなマットな仕上がりに。ブラウンとの相性もいいオレンジの#OR417 Fire Topazが続く今季の人気色。今期は「with」<吉岡里帆の冬モテニット×モテリップ>では、ゆるニットのカジュアルな可愛さに似合う、フレッシュオレンジの愛されリップとして、「美人百花」<シーン別このファッションにはこのメイク>では、ヴィンテージスタイルに合わせたい、こっくりオレンジとして有村美樹さんがセレクト、「CanCam」<もしも吉岡里帆がOLだったら今日も明日もこんなにかわいい>では、オレンジのワントーンメークに使用「ar」<リップdeおフェロなNEW顔・7変化>では、あたたかな色気を感じさせるウォームオレンジで洒落美女顔を提案、「sweet」<Don’t think. feel! 河北裕介の3FACE メイク>では目もとと同系色で揃えた夕焼け色のリップとして掲載に。ほっくり温かなオレンジ系は、これからの季節にぴったりと各誌でも注目のカラーです。

SHISEIDOの公式サイトへこちらから。

第10位 up
イプサ

「ターゲットエフェクト」

ターゲットエフェクト G 9,000円、ターゲットエフェクト S 9,000円(すべて本体価格) ※価格は2017年11月現在のものです。

10位には、10月13日にイプサから誕生した、“エイジングのタイプ別にケアする”、新発想のエイジングケアクリーム「ターゲットエフェクト S/G」がランクイン。

イプサは、20代後半から表れるエイジングサインが、肌の中にある2つの酵素の活性状態で、異なるエイジングルートを辿ることに着目し、2つのエイジング型に分類。年齢と共に細胞の機能が低下した時に酵素:SODの働きが低下すると、肌にたるみが現れやすいS型となり、酵素:表皮ゼラチナーゼが過剰に活性すると、肌にシワが現れやすいG型に。タイプごとに効率的なケアを行うために誕生したのが、2種の『S』と『G』がラインナップされたエイジングケアクリーム「ターゲットエフェクト」。肌のタイプは、イプサのカウンターにある肌測定器イプサライザーで測定してもらうことができます。また、肌タイプの他にも水分保持力や皮脂分泌量、ハリ・弾力等もチェックすることができます。自分の肌の型に適した「ターゲットエフェクト」を使用することで、効率的なエイジングケアが行われ、現在のエイジングケアはもちろん、未来のエイジング耐性までも高めてくれると、各誌でも注目されています。

写真左から イプサ「ターゲットエフェクト G」、イプサ「ターゲットエフェクト S

 

今期は、「BAILA」<BAILA’S TIPS>、「anan」<Beauty news>、「CREA」<CREA’S choice>等でクローズアップされ、「美的」のスキンケア大特集<肌は3日で変わる>では、<肌運命を変える! 最旬&最先端スキンケアJOURNAL>でクローズアップされ、「MORE」<その乾燥、その老化……スキンケアが完了していない証拠!>、「25ans」<LOVE your Way 美容はワタクシ流で行く!>、「VoCE」<『デイリースキンケア』見直し Lesson>、「ESSE」別冊付録<簡単ケアでアンチエイジング>等のスキンケア特集、「VOGUE JAPAN」<Beauty Insider>、「美人百花」<美人百貨 A NEW LOOK!>、「mini」<新作コスメラッシュ!!>等の情報ページや「andGIRL」コスメカレンダー等で紹介されている他、「UOMO」<UOMO BEAUTY PAPER>等メンズ誌でも注目されています。

イプサの公式サイトへこちらから。