梅の花がほころび、桜がほのかにピンクに色づきはじめ、各地に大雪をもたらした厳しかった冬から春へと移ろうこの季節。前期に各ブランドからの春の新色を紹介した各誌では、今期はそれぞれの読者へ春のトレンドメイクを提案。「美的」<春新色、選ぶべきkey Color 16>や「MAQUIA」<ALL春新色見たまま簡単アイレシピBOOK2018>、「&ROSY」<春の新色で叶える大人の『品格美人顔』>、「CanCam」<キュンキュン!春待ちメーク>等の春の新色によるメイク特集や新アイテムをより良く知るための「VoCE」<春リップ100 塗ったらこうなる Book>、「Marisol」<新色デパートへようこそ! 2018春>等を掲載に。

この春は、色と共に質感も楽しむことができる単色アイシャドウやリップが豊富に揃い、春メイクを楽しませてくれます。各アイテムに登場しているピンクのバリエーションをはじめとする今春のアイシーパステルは、透明感と軽さがポイント、甘すぎない大人バランスで使用するのが今年風。

今期のランキングでも、1位にポイントメイクを一新したコスメデコルテの新生「アイグロウ ジェム」、2位にルナソルのキュートな限定アイシャドウ「マカロンニュアンスアイズ」、6位には、この春のリニューアルによりカラーバリエ、質感共に増えたエレガンス クルーズのアイカラーから「アイカラー プレイフル」・・・と、いずれも単色アイシャドウでのランクイン、3位にはマットとパールの質感を楽しむことのできるウォーターベースのRMK「Wウォーターアイズ カラーインク」もランクイン。リップでは、THREEの新感覚マットリップ「リリカルリップブルーム」が4位、セミマットな美発色とベルベットのようななめらかさを併せ持つレ・メルヴェイユーズ ラデュレの「スティック ルージュ」が7位、ココナッツウォーターを高配合したイヴ・サンローランの「ヴォリュプテ ウォーター カラーバーム」が9位、エアリータッチのオイル配合のSUQQU初のカラーバーム「フロウレス リップ グロス」が10位にランクイン。

ポイントメイクを刷新したコスメデコルテでは、「アイグロウ ジェム」の技術を応用した新感触のクリームチーク「クリーム ブラッシュ」も8位にランクイン。ランキングのほとんどがポイントメイクとなる今期、唯一スキンケアとして5位にランクインしてきたのは、エスティ ローダーの最新美容液「パーフェクショニスト プロ F+L セラム」。エスティ ローダーの美容液を代表する「ナイト リペア」に次ぐ、これからのエイジングケアのコア美容液として、注目されています。

ランキング外ではありますが、各誌で人気のヘアメイクアーティスト イガリシノブさんプロデュースによるClueの新ブランドWHOMEE(フーミー)や写真映えする美しさを提案する富士フィルムの新ブランド フラロッソ、ポーラ最高峰ブランドB.AのポイントメイクラインのB.Aカラーズ、セルヴォーグを展開するマッシュビューティーラボが新たに展開するナチュラル& オーガニックの新メイクアップブランドto/one(トーン)等、ニューフェイスも続々登場!!これからも目が離せません。

2018年2月号トータルランキングの調査媒体は…2018年1月1日から31日までに発売された調査媒体93誌延べ102冊。詳しい調査媒体はこちらを参照してください。

トータルランキング2018年2月号

2018/01/01-2018/01/31

1 コスメデコルテ

アイグロウ ジェム

2 ルナソル

マカロンニュアンスアイズ

3 RMK

Wウォーターアイズ カラーインク

4 THREE

リリカルリップブルーム

5 エスティ ローダー

パーフェクショニスト プロ F+L セラム

6 エレガンス クルーズ

アイカラー プレイフル

7 レ・メルヴェイユーズ ラデュレ

スティック ルージュ

8 コスメデコルテ

クリーム ブラッシュ

9 イヴ・サンローラン

ヴォリュプテ ウォーター カラーバーム

10 SUQQU

フロウレス リップ グロス

11 ルナソル

マカロングロウアイズ

20 ケイト

スモーキーラウンドアイズ

12 SUQQU

デザイニング カラー アイズ

21 ジバンシイ

グロス・アンテルディ

13 アディクション

ザ ブラッシュ

22 ONE BY KOSE

薬用保湿美容液(医薬部外品)

14 RMK

マルチペイントカラーズ

23 NARS

リップカバー

15 クレ・ド・ポー ボーテ

ブリアンアレーブルエクラ

24 キッカ

リキッドアイライナー W

16 SUQQU

ピュア カラー ブラッシュ

25 CHANEL

ヴェルニ ロング トゥニュ

17 コスメデコルテ

ザ ルージュ

26 マキアージュ

ドラマティックスタイリングアイズ

18 ディオール

ディオール アディクト リップ グロウ

27 コスメデコルテ

ラスティング ジェルアイライナー

19 Visée AVANT

シングルアイカラー

28 ディオール

ルージュ ディオール

20 ジルスチュアート

ルースブラッシュ

29 THREE

ウイスパーグロスフォーアイ

第1位 icon_topics_new
コスメデコルテ

「アイグロウ ジェム」

2,700円(本体価格) ※価格は2018年8月現在のものです。

2016年の発売と同時にその美しい仕上りが評判となり、単色アイシャドウの代名詞的存在となったコスメデコルテ AQ MW 「アイグロウ ジェム」が、2月のコスメデコルテのポイントメイクの刷新でパワーアップ、コスメデコルテ「アイグロウ ジェム」として1位にランクイン。

指先で伸ばすだけで持続するまぶたへのフィット感と美しい仕上がりはそのままに、スキンフィットオイル配合により、より軽やかに肌にとけこむように伸び広がり、しっかり密着、しっとり美しい濡れ感に。重ねづけや複数色使用したいというファンのニーズに応えた、色と輝きの組み合わせを楽しむことのできる多彩な全30色のカラーラインナップは、深みのあるアクセントカラー10色、柔らかなミディアムカラー9色、今季注目の淡いパステルを含むハイライトカラー9色、輝きのグリッターカラー2色と4つの質感での展開。極小パール配合による上品な輝きも魅力。単色はもちろん、指先での重ね塗りで誰でも簡単にアレンジを楽しむ事ができます。見る角度で異なる色と輝きのコントラストで陰影が重なることによりメリハリのある立体感をも演出。メイクタイムに華やかさを加えてくれるのは、ほのかに香るフルーティグリーンフローラルの香り。メイクの楽しさを盛り上げてくれます。

今期は、「MAQUIA」での<河北裕介だけが知っている春PINKの配色レッスン>、「VoCE」<河北的7つの〝女っぷり″春メイク>、「FIGARO japon」<欲しいのは、プレイフルな春色、春メイク。>、「CanCam」<キュンキュン!春待ちメーク>、「Ray」<春色FACEになれる10のコト>、「Oggi」BEAUTY COVERのメイクや<この春もやっぱり『フィンガーメーク』Returns>等、春のトレンドメイク特集に数多く登場。「CanCam」<いまさら聞けなかった『ベーシックなアイメーク』の基本>や<なりたい顔になれる! 『トレンドアイメーク』>、「JJ」<今、一番なりたい顔! 同世代ビューティモデル藤野有理さんの自前メーク初公開!>等、メイクテクニックまでを学ぶことのできる特集や、「VoCE」<春コスメ #最強で! #最高の! お買い物プラン>、「美的」<春新色、選ぶべきkey Color 16>、「non・no」<新色コスメ 飛び売れ 大予測!>等のお奨め新色アイテムを紹介する特集等にも登場し、大活躍。他にもポイントメイクを一新したコスメデコルテをクローズアップした「&ROSY」<&ROSY MUST BUY list>や「with」<Check it Out>で紹介され、「GLOW」<45才からの相棒コスメ! 6大ブランド春の新作>にも選ばれ、ヘアメイクアーティストの小田切ヒロさんが時短を提案する「CHANTO」<”なりたい顔”は時短メイクで作れる!>、これからの花粉シーズンにも役立つ「CLASSY.」<メークと眼鏡とマスクの正しい関係>等でも紹介に。

コスメデコルテの公式サイトへはこちらから。

第2位 icon_topics_new
ルナソル

「マカロンニュアンスアイズ」

2,500円(本体価格) ※価格は2018年2月現在のものです。

スウィートなマカロンのように春らしい彩りと愛らしさ、鮮やか発色ながらまぶたになじむシアーで柔らかな感触で、各誌で人気ものとなっているルナソルの単色限定アイシャドウ「マカロンニュアンスアイズ」が2位にランクイン。柔らかなセミマットの甘すぎないパステルを実現し、春のトレンドメイクを叶えるアイテムとして各誌で注目されています。

 

今期の人気色は、大人の女性を思わせる#EX08 Lavenderと春らしいパステルのピーチピンク#EX01 Peach、そして今季も注目される深みのある柔らかな上品ブラウン#EX03 Marron、今季の注目色のひとつである透明感のある、イエローの#EX07 Lemonと鮮やかなグリーンの#EX05 Melon。いずれの色も肌なじみの良いソフトマットで、可憐な春のまなざしを楽しむことができます。

今期は「anan」<Beauty news>でクローズアップされている他、「美的」<春新色、選ぶべきkey Color 16>、「MAQUIA」<今すぐ取り入れるべき春のメイクトレンド5>、「VoCE」<イガリさんの『春色・ベストバランス学』>、「SPUR」<春は虹色、キラキラで気分高揚! MAKE ME SMILE>、「MORE」<イガリシノブ×内田理央の 今日、メイクどうする? Final!!>や<2018年、春色でのぼる“キレイ”の階段>、「mina」<絶対買うべき春コスメNEWS>、「CanCam」<キュンキュン!春待ちメーク>、「ViVi」<イガリシノブ発 春の3大メジャーメイク!>、「Ray」<春色FACEになれる10のコト>や<世にもSweetなショコラカラーメイク>、「GISELe」<デニムの日くらい『ちゃんとメイク』>や<同じデニムで違う顔>、「オトナミューズ」<今年っぽい顔になれるミューズな新色コスメ24>、「Marisol」<新色デパートへようこそ! 2018春>等、春メイクを紹介する特集に数多く掲載されています。

ルナソル公式サイトへはこちらから。

第3位 icon_topics_new
RMK

「Wウォーターアイズ カラーインク」

3,800円(本体価格) ※価格は2018年2月現在のものです。

3位には、シックな春色のまなざしを叶える、マットとパールがWエンドにセットされたリキッドアイシャドウ「Wウォーターアイズ カラーインク」がランクイン。

RMKの 2018年SSコレクション“CHIC LIGHT SPRING”のメインアイテムでもある「Wウォーターアイズ カラーインク」は、みずみずしく伸びるウォーターベースでまぶたにしっかりフィット、マットと煌きを兼ね備えた濡れツヤ感と軽い透け感のある仕上りが今年らしいと各誌で人気です。

ブラシになっているマットカラーでシャープなラインを描けばクールでモードなまなざし、パールを重ねて指で伸ばせばカジュアルな仕上がりと、水彩画を描くように色と質感を自在に楽しめるところも魅力。カラーバリエーションは、春のエッセンスに今年らしいシックさを加えたパステル系の10種展開。単色使いの他にも、同色の陰影で立体感をプラスするマットとパールのグラデーション使いや、他の色と組み合わせてオリジナルカラーを楽しむこともできます。

今期の一番人気は、トレンドの辛口パステルのくすみイエローとして注目される#07 スパイシーイエロー。「オトナミューズ」<今年っぽい顔になれるミューズな新色コスメ24>、「美的」<春新色、選ぶべきkey Color 16>、「S Cawaii!」<最新 春メイクNEWS!>、「mina」<今、絶対買うべき春コスメNEWS>、「FIGARO japon」<欲しいのは、プレイフルな春色、春メイク。>等のトレンドメイク特集の他、ギャップを楽しむ「GISELe」<可能性を広げる デニムの日くらい『ちゃんとメイク』>や軽やかさを加えることのできる指先使いを薦める「Oggi」<この春もやっぱり『フィンガーメーク』Returns>にも掲載に。甘さを抑えた大人のピンクが注目される今期、#04 ポエムピンクは、「sweet」<PINKメイクで甘さを秘めたおしゃれ顔>、「ar」<男運が上がりますっ 婚活Pink入門>、「SPRiNG」<H&M 岡田知子の洒落顔方程式>、「non・no」<新色コスメ 飛び売れ 大予測!>や<春だからピンクメイクをアップデート>、「VoCE」<春コスメ #最強で! #最高の! お買い物プラン>、「ViVi」<春のパケ買いコスメヒッツ>等に掲載に。「Numéro TOKYO」<beauty news 2018>では、旬顔になれるくすみパステルのアイメイクアイテムとして紹介に。

RMKの公式サイトへはこちらから。

第4位 icon_topics_new
THREE

「リリカルリップブルーム」

3,500円(本体価格) ※価格は2018年8月現在のものです。

THREEの2018年SSのメイクアップコレクション”SONG OF ASCENDANCE“に登場した、“ローマット”という新しい質感で唇を染める新アイテム「リリカルリップブルーム」が4位にランクイン。

“ローマット(Raw Matt)”は、マットでありながら、フレッシュな生っぽさを持ち、高発色なのに透明感があり、ツヤと高い保湿力をも兼ね備える、これまでのマットとは異なる新しい質感。唇にフィットするふんわりやわらかなテクスチャーに、透明感の高いクリアパウダーを配合することで、これが鮮やかでありながら透け感も楽しめる発色を実現、絶妙な質感と発色を長時間持続させてくれます。新感覚のリップ「リリカルリップブルーム」のデビューラインナップは春を感じさせる7色。人の体に存在するエネルギースポットと言われるチャクラの意味と光の色に合わせ、光(=パール)をそれぞれに配合。お守り的な発想から気になるチャクラから色を選び、新たな色との出会いを楽しむのもお奨め。少し長めのアプリケーターを使用すれば、誰でも簡単に洗練されたしなやかな生命感を唇に宿すことができます。

今期は、「MORE」<2018年、春色でのぼる“キレイ”の階段>、「SPRiNG」<H&M 岡田知子の洒落顔方程式>、「InRed」<唇メイクとまとめ髪で印象が変わる!>、「VoCE」<春コスメ〝コレ買い″リスト>、「mina」<われらがミューズの2018年 セシルが春にしたいこと。>や<今、絶対買うべき春コスメNEWS>、「GISELe」<デニムの日くらい『ちゃんとメイク』>、「CREA」<リップからはじめる春メイクのバランス学>、「JELLY」<フォトジェニックな春新作コスメ>、「non・no」<新色コスメ 飛び売れ 大予測!>、「GINZA」<今日もコスメを買わなくちゃ>等のつやマットリップをクローズアップしたメイク特集や、抜け感やこなれ感を生み出す指使いを奨める「Oggi」<この春もやっぱり『フィンガーメーク』Returns>、「sweet」<PINKメイクで甘さを秘めたおしゃれ顔>、今春のクールな辛めピンクに注目した「VoCE」<河北的7つの〝女っぷり″春メイク>、「non・no」<春だからピンクメイクをアップデート>、「25ans」<ちゃんと”映え”なきゃメイクじゃない!”>、「BAILA」<マンネリ? それなら いつもの冬服に春色メイクが最高のスパイス>、「&ROSY」<MICHIRUさんpresents 大人の洒落ピンク tips>等の春メイク特集に登場。「GLOW」<今月の美人3品>では松本千登世さんが、今求められている、その人の内面をも感じさせる、日々の輝きをサポートしてくれるもののひとつとして紹介に。「bea’s up」の新商品対談<金のコスメ、銀のコスメ、>、“LIPが主役のメークで新春から3歳若返る!”をテーマとした「STORY」<チームSTORYのコスメ品評会!>、「婦人画報」<ビューティ ブレイク>等でも高評価を得ています。

THREEの公式サイトおよび動画“How to use 『LYRICAL LIP BLOOOM』”へはこちらから。

第5位 icon_topics_new

5位にランクインしてきたのは、エスティ ローダーの全方位でケアする最新エイジングケア美容液「パーフェクショニスト プロ F+L セラム」。1982年の誕生以来進化を続けるエスティ ローダーの美容液「ナイト リペア」に次ぐエイジングケアのコア美容液として、注目されています。

美容皮膚科医や整形外科医等の美容専門医の施術に着想を得て開発された「パーフェクショニスト プロ F+L セラム」の開発の礎に存在するのは、生命現象を包括的に捉える生物学 システム バイオロジーの10年に及ぶ研究と、ハリや弾力低下を引き起こすコラーゲンⅠについての20年以上に渡る研究。新たに肌のたるみを捉え直し、25以上も発見されたという肌にハリを与え、顔全体をリフトアップするための重要な経路を研究することで、シワ、たるみ、ほうれい線等のエイジング現象と包括的に闘う新美容液「パーフェクショニスト プロ F+L セラム」が誕生。塗るボトックスと言われる、主成分のアセチルヘキサペプチド-8を含む複数の複合成分を配合し、肌の表面を整え、構造を強め、隙間を埋める3つのアプローチで肌にトータルに働きかけます。肌がキュッと引き締まるようなハリ感や肌表面をなめらかに整うような即効的な肌実感が魅力と、各誌で評判です。

今期は、「美的」<私たちが欲しいのは、今すぐ、すべてに応えてくれるスキンケア!>、「MAQUIA」<新・美神 美が宿る瞬間>、「HERS」<美容の力>、「STORY」<STORY’S Favorite>、「美ST」<闘え! SSTコスメ!>、「家庭画報」<ラグジュアリーの真実>、「Oggi」<Oggi Attenzione>、「エクラ」<eclat finds>等でクローズアップされて紹介されている他、「Precious」<『スーパーアンチエイジング世代の悩み解決コスメ』決定版>では、“たるみケアの最終回答”でハリ・弾力の低下悩みを解決するアイテムとして登場。「Domani」<月刊美 KIPEDIA>、「anan」<Weekly Must Buy!>等、ビューティ情報ページでも掲載に。

エスティローダの公式サイトへはこちらから。

第6位 icon_topics_new
エレガンス クルーズ

「アイカラー プレイフル」

1,800円(本体価格) ※価格は2018年7月現在のものです。

この春のリニューアルで単色アイシャドウの質感を3種類に広げたエレガンスクルーズから、プレストタイプの「アイカラー プレイフル」が6位にランクイン。

限定5色を含む30色を展開する「アイカラー プレイフル」は、見たままの色鮮やかなヴィヴィッドカラーから宝石のようなまばゆい輝きのグリーン、ネイビー、ラヴェンダー、レッド系に、肌になじむピンク、ブラウン、こだわりの輝きを放つモノトーンでの展開。見たままの鮮やかな発色と輝きでグラデーションやミックス使用も自在に楽しめます。

デビュー当時からブランドを代表するキーアイテムとして単色アイシャドウを展開してきたエレガンスクルーズ。質感のバリエーションを追加したこの春のアイカラーのリニューアルでは、旅先で出会った自然界に存在する海や空、大地や木洩れ日、木々や花々等にインスパイアされた色や質感を展開。ランクインしているプレストタイプの「アイカラー プレイフル」に加え、ルース状でふんわり軽く仕上げパウダーとしても優秀な「アイカラー ウインド」、まぶたにぴたっとフィットするクリームタイプの「アイカラー フローデュウ」を展開。3アイテムで全50色と圧巻なデビューラインナップを揃えています。

今期「アイカラー プレイフル」は、フィンガーメークで抜け感を演出する「Oggi」<この春もやっぱり『フィンガーメーク』Returns>、「MORE」<イガリシノブ×内田理央の 今日、メイクどうする? Final!!>、「MAQUIA」<今すぐ取り入れるべき春のメイクトレンド5>、「VoCE」<イガリさんの『春色・ベストバランス学』>や<春コスメ #最強で! #最高の! お買い物プラン>、「SPUR」<春は虹色、キラキラで気分高揚! MAKE ME SMILE>、「non・no」<新色コスメ 飛び売れ 大予測!>、「Ray」<世にもSweetなショコラカラーメイク>、「25ans」<ちゃんと”映え”なきゃメイクじゃない!>、「sweet」<中野明海さんが提案! 運命変える・色っぽ春顔>、「Oggi」BEAUTY COVERのメイク等の春メイク特集に掲載に。今期の一番人気は、この春注目される#VI03 ブライトイエロー。今期ためしてみたいカラーのひとつです。

エレガンス クルーズの公式サイトへはこちらから。

第7位 icon_topics_new
レ・メルヴェイユーズ ラデュレ

「スティック ルージュ」

4,000円(本体価格) ※価格は2018年4月現在のものです。

7位には、ベルベットを思わせる濃厚で上品なツヤ感を持つ、レ・メルヴェイユーズ ラデュレの新リップ「スティック ルージュ」。

クラシカルで気品のある赤から紫の全8色は、美容液成分をたっぷり含んだオイルとパウダーをミックスすることで、唇の縦ジワをふっくらと整え、セミマットな美発色となめらかさを実現。ひと塗りでキレイに発色し、肌をきれいにみせてくれると各誌でも高評価を得ています。ひとつひとつ手作業で彫刻された、古きよき時代を思わせるレトロでリュクスなゴールドパッケージも魅力。まるでルージュが出ているかのように見える、キャップ部分の大人の遊び心にもラデュレらしさが感じられます。

今期の一番人気は、秋冬から人気のブラウンを軽やかな質感で春仕様とした#Destin(デスタン)。ひと塗りで唇を明るく彩り、優しい春の訪れを感じさせてくれる、この春らしいノンパールのセミマットです。

今期は、「オトナミューズ」<運命を引き寄せる、ラデュレの新ルージュ>と「&ROSY」<&ROSY MUST BUY list>で「スティック ルージュ」がクローズアップされている他、「オトナミューズ」<今年っぽい顔になれるミューズな新色コスメ24>、「SPUR」<春は虹色、キラキラで気分高揚! MAKE ME SMILE>、「CanCam」<キュンキュン!春待ちメーク>、「Ray」<春色FACEになれる10のコト>、「MAQUIA」<今すぐ取り入れるべき春のメイクトレンド5>、「GINGER」<『フォトジェニックメイク』6つのキーワード>、「CREA」<リップからはじめる春メイクのバランス学>、「25ans」<ちゃんと”映え”なきゃメイクじゃない!>、「non・no」<新色コスメ 飛び売れ 大予測!>、「InRed」<唇メイクとまとめ髪で印象が変わる!>、「ViVi」<あざとかわいいBeauty>等春メイク特集で数多く掲載に。

レ・メルヴェイユーズ ラデュレの公式サイトへはこちらから。

第8位 icon_topics_new
コスメデコルテ

「クリーム ブラッシュ」

3,500円(本体価格) ※価格は2018年8月現在のものです。

コスメデコルテ「アイグロウ ジェム」の技術を応用し新感触のクリームチークとして発売コスメデコルテ「クリーム ブラッシュ」が8位にランクイン。

肌にするすると軽く伸び広がり、クリアな発色で艶やかでナチュラルな血色感をプラス、優しく色づき肌浮きしないと人気のチーク。新開発のヴァチュリアスパウダーと高透明度パールにオイルの艶をプラスすることで、肌全体に輝きの立体感を演出。色を主張しすぎず、さりげなく肌印象を高めてくれます。肌への付着性と柔軟性に優れたソフトラスティング成分が、美しい仕上がりを持続。汗や皮脂にも強く、これからのシーズンに嬉しいポイントです。

今期掲載の一番人気は、絶妙な色合いのコーラルオレンジの#OR250、続いてヘルシーなコーラルピンクの#PK853、そしてくすみを飛ばし透明感をアップしてくれると評判のシアーなライトパープルの#PU150。

今期はポイントメイクを一新したコスメデコルテに注目した「&ROSY」<&ROSY MUST BUY list>や「with」<Check it Out>に登場、「GLOW」<45才からの相棒コスメ! 6大ブランド春の新作>にも選ばれクローズアップされている他、「SPUR」<東京 買ワネバコスメ>、「BAILA」<河北裕介×百々千晴 服とメイクのBEST ANSWER>、「婦人画報」<大人の女性が心得ておくべき3通りのテクニック チークのお作法>、「オトナミューズ」<今年っぽい顔になれるミューズな新色コスメ24>、「sweet」<12星座別 開運メイクでラッキーガール!>、「non・no」<春だからピンクメイクをアップデート>、「&ROSY」<MICHIRUさんpresents 大人の洒落ピンク tips>、「FIGARO japon」<欲しいのは、プレイフルな春色、春メイク。>、「MAQUIA」<神ワザ小顔テクニック>、「Oggi」<この春もやっぱり『フィンガーメーク』Returns>等で紹介に。

コスメデコルテの公式サイトへはこちらから。

第9位 icon_topics_new

9位にランクインしてきたのは、唇につけた瞬間からはじけるようなフレッシュな発色と濡れたようなツヤを叶えるイヴ・サンローランのウォーターバーム「ヴォリュプテ ウォーター カラーバーム」。

潤いを高める天然ココナッツウォーターをたっぷり配合、つけた瞬間から感じることのできる、みずみずしく艶やかな色とツヤが唇を包み込む心地よさが特徴。ココナッツウォーターのケア効果により、自らの潤う力が高められ持続、翌朝にはふっくら柔らかな唇を実感することができます。デビューラインナップはピンク系、オレンジ&コーラル系、レッド&ベリー系、ヌード系と幅広い12色。色素沈着しないピグメントのみ採用している淡いピンクの#01ナイトリハブリップマスクは、寝ている間もつけられる“ベットインリップ トリートメント”としても使える特別処方。ボトルには、カラーを示すリップ型の小窓があり、アプリケーターにも唇をかたどったリップ型を採用。イヴ・サンローランらしい大人の遊び心を感じさせられる嬉しい仕様です。香りは、ヴォリュプテ共通の甘くとろけるマンゴー。

今期は、「オトナミューズ」<ミューズを美しくする、春コスメ MUSE’S Favorite>でクローズアップされ、「GLOW」<45才からの相棒コスメ! 6大ブランド春の新作>に選ばれている他、「VoCE」<河北的7つの〝女っぷり″春メイク>や<春コスメ〝コレ買い″リスト>、「mina」<今、絶対買うべき春コスメNEWS>、「InRed」<唇メイクとまとめ髪で印象が変わる!>、「MAQUIA」<河北裕介だけが知っている春PINKの配色レッスン>や<今すぐ取り入れるべき春のメイクトレンド5>、「FIGARO japon」<欲しいのは、プレイフルな春色、春メイク。>、「non・no」<新色コスメ 飛び売れ 大予測!>、「&ROSY」<MICHIRUさんpresents 大人の洒落ピンク tips>等の春メイク特集や「with」<聡子 BEAUTY>、「bea’s up」<金のコスメ、銀のコスメ>、「BAILA」<NEW PICK! BEAUTY>、「sweet」<BEAUTY JOURNAL>、「エル・ジャポン」<春メイク完全攻略>、「non・no」<オガ&ナオの流行コスメ通信>等の春トレンド情報に掲載され、「Oggi」<BEAUTY COVER>にも登場しています。

イヴ・サンローランの公式サイトへはこちらから。

第10位 icon_topics_new
SUQQU

「フロウレス リップ グロス」

3,500円(本体価格) ※価格は2018年6月現在のものです。

みすみすしくなめらかなエアリータッチの2種のオイルにより、クリアな透明感のあるツヤが、唇に立体感と大人の気品を添える、SUQQU初のカラーグロス「フロウレス リップ グロス」が10位にランクイン。

古の昔から日本女性の美しさを引き立ててきた、金銀の箔や粉で生地に輝きを施す着物の技法のひとつ、金彩(きんだみ)に着想を得た、この春のSUQQU。「フロウレス リップ グロス」で彩られる清らかで上品な艶や煌きの中にもその思いが宿り、大人にも似合う艶と色の12色(限定2色含む)で展開。べたつかず心地いいみずみずしさで唇にフィットし、肌になじむ見たままのクリア発色と輝きで、春らしい透明感と立体感を叶えてくれます。

色ごとに適した艶や輝きを追求、パールの配合も色に合わせて最適バランスで配合しています。

今期の一番人気は、日本人に合うように赤みと黄みのバランスを追求したヌーディベージュの#01 飴茶-AMECHA。濁りのないクリアな発色と軽やかなツヤ感が春らしい透明感をもたらし、顔色を明るく見せてくれます。続く人気は、ミルキーなアプリコットオレンジの#10露杏-TSUYUANZU。ヘルシーな印象の中にも清潔な品をプラスしています。

今期は、「MAQUIA」<実況 野毛Channel>でクローズアップされ、「GLOW」<45才からの相棒コスメ! 6大ブランド春の新作>に選ばれている他、「VERY」<端境期のオシャレ印象は、”服よりメークで作る”が正解>、「ViVi」<イガリシノブ発 春の3大メジャーメイク!>や「イガリクリニックへようこそ!」、「25ans」<ちゃんと”映え”なきゃメイクじゃない!>、「Ray」<春色FACEになれる10のコト>、「sweet」<春色メイクで恋せよ乙女>等の春メイク特集や「CREA」<リップからはじめる春メイクのバランス学>や「VoCE」<春コスメ〝コレ買い″リスト>、「美的」<春新色 選ぶべきKeyColor 16>、「with」<神崎恵さん × paku・chanさん 大プッシュ! 『春のトレンドメイク』いいとこ取りTOPICS 10>、「non・no」<新色コスメ 飛び売れ 大予測!>、「Marisol」<新色デパートへようこそ! 2018春>、「FIGARO japon」<J’aime! BEAUTE>、「Domani」<月刊美 KIPEDIA>、「sweet」<BEAUTY JOURNAL>、「エル・ジャポン」<春メイク完全攻略>等の春のトレンドアイテム特集に掲載に。

SUQQUの公式サイトへはこちらから。