まだ寒さの続く季節ながら、解禁となった春の新色が誌面をにぎわいはじめ、春の新色選びが楽しくなるこの季節。新色選びをサポートしてくれる特集も目を惹きます。

もうひとつ目を惹くのが、1年の総括となるベストコスメの特集。前期から続く美容3誌のベストコスメでは、前期が美のプロ達のセレクトによる発表だったのに対し、今期は私たちを代表する読者のセレクトによるリアルなベストコスメ発表が中心。また、ファッション誌やライフスタイル誌のベストコスメでは美のプロ達のセレクトによるものが目立ちますが、美のプロのセレクトに読者のお試しコメントが加えられている「non・no」や、読者のインサイト調査をもとに美のプロがお薦めを厳選したベストコスメと読者のリアル愛用コスメが連続で発表されている「Oggi」、美のプロと共に読者の代表が選考委員として加わっている「MORE」等、読者層が若い雑誌ほど、美のプロによるセレクト視点はしっかり持ちながらも読者をセレクトに含めることで、より身近なリアルベストコスメの発表を楽しむことができます。

2018年の総まとめと、2019年の春の特集が重なり合う今期は、評判の人気アイテムと新商品が入り乱れているランキングとなっています。

1位には、プランプアップ効果によるふっくら唇を知らしめたディオールの「アディクト リップ マキシマイザー」が進化して登場してランクイン。前期から2位をキープしているのは、マットリップを代表するCHANEL「ルージュ アリュール リクィッド パウダー」。今期は「BAILA」「MORE」「Marisol」メイク大賞等のベストコスメ受賞での紹介に加え、春の新色特集にも登場。6位のSUQQUを代表する人気の「デザイニング カラー アイズ」も春の新色がクローズアップ。

この春注目のアイテムも続々ランクインしており、異なる質感の2色のチークがセットされたジルスチュアートのチークコンパクト「ブレンドブラッシュブロッサム」は3位に、アイブロウの3アイテムがセットされた薄眉の救世主と期待されているイプサ「クリエイティブ アイブロウ エレメンツ」が4位に。

7位のチークレス時代からの脱却を牽引したと注目のローラ メルシエ「ブラッシュ カラー インフュージョン」や、8位のメイクアップアーティストRUMIKOさんが『かっこいい大人美』を掲げてベースからスタートした2018年秋の新ブランドAmplitude「ロングラスティング リキッドファンデーション」は、各誌のベストコスメで絶賛されてのランクイン。

スキンケアでも、2018年を代表するB.A「B.A アイゾーンクリーム」が5位、コスメデコルテ「iP.Shot アドバンスト」が10位と、今期のベストコスメでも注目の2アイテムがランクインしているのと同時に、2019年元旦発売のディオール「カプチュール ユース インテンス R オイル」が9位にランクイン。

1年を振り返り、総括するベスコスでの注目アイテムと、春からの新色やニューアイテムを一堂に知ることができる今期のランキング。ぜひチェックしてみてください。

2018年12月発売から「Domani」(小学館)が大変身したの、気づかれましたか?1996年12月に働く大人の女性を応援するファッション誌として創刊し、働く女性を全方位で応援してきた「Domani」でしたが、今回のリニューアルでワーキングマザーをクローズアップ!
これからは、家庭も仕事も持った、強くかっこいいワーキングマザーたちを雑誌「Domani」とWEBサイトでサポート。雑誌は月刊から偶数月の隔月刊に変更され年6回の刊行となりますが、最新の情報はデジタル配信でフォロー。新たなネットワークやスキルアップ情報も展開予定とのことで楽しみです。新しい「Domani」に期待しています!

 

2019年1月号トータルランキングの調査媒体は…2018年12月1日から31日までに発売された調査媒体87誌延べ97冊。
詳しい調査媒体はこちらを参照してください。

 

トータルランキング 2019年1月号

2018/12/01-2018/12/31

1 ディオール

ディオール アディクト リップ マキシマイザー

2 CHANEL

ルージュ アリュール リクィッド パウダー

3 ジルスチュアート

ブレンドブラッシュブロッサム

4 イプサ

クリエイティブ アイブロウ エレメンツ

5 B.A

B.A アイゾーンクリーム

6 SUQQU

デザイニング カラー アイズ

7 ローラ メルシエ

ブラッシュ カラー インフュージョン

8 Amplitude

ロングラスティング リキッドファンデーション

9 ディオール

カプチュール ユース インテンス R オイル

10 コスメデコルテ

iP.Shot アドバンスト

11 ルナソル

ザ ベージュアイズ

20 イヴ・サンローラン

ヴォリュプテ プランプインカラー

12 ソフィーナ iP

ベースケアエッセンス

21 ランコム

アプソリュ ソフトクリーム

13 ルナソル

ベージュニュアンスリップス

22 Celvoke

エンスロール グロス

14 コスメデコルテ

アイグロウ ジェム

23 トム フォード

アイ カラー クォード

15 SHISEIDOメイクアップ

モダンマット パウダーリップスティック

24 ランコム

ラプソリュ ルージュ

16 キッカ

メスメリック グラスリップオイル

25 OPERA

リップティント

17 THREE

デアリングリィディスティンクトリップスティック

26 ジルスチュアート

アイコニックルック アイシャドウ

18 メルヴィータ

ビオオイル アルガンオイル

27 クレ・ド・ポー ボーテ

タンクッションエクラ

19 イヴ・サンローラン

ルージュ ヴォリュプテ シャイン

28 THREE

アルカミストツイストフォーアイ

20 アディクション

ザ アイシャドウ

29 Celvoke

ヴォランタリー アイズ

第1位 icon_topics_new

2007年の発売以来、内側から潤い、ふっくら唇を叶えるプランプアップ効果とスパイシーな使用感でディオールを代表するグロスとなり、今期の読者セレクトによるベストコスメでも「美的」リキットルージュ&グロス1位、「MAQUIA」グロス1位等、変わらぬ人気の「ディオール アディクト リップ マキシマイザー」が1位にランクイン。

縦ジワをのばし、ぷっくり感をもたらすカプサイシンと、潤いのある唇へと導くヒアルロン酸やコラーゲン等の美容成分による人気の処方や、甘いミント フレグランスの香りはそのままに、この春「ディオール アディクト リップ グロウ」のシェードをベースにした新色が加わり、進化した全7色(うち限定1色)が登場。煌めくツヤを叶えるグロッシーのエフェクトに加え、繊細なラメがたっぷり詰まった新たなグリッター質感が仲間入り。大人っぽさも、可愛らしさも叶える、キラキララメグロスとしても注目されています。

今期は、進化した春コスメとして、「MAQUIA」<Diorのリップ マキシマイザーがバージョンアップ!>や「美的」<伝説の美唇リップで、女らしさも流行感も手に入れる!>、「SPUR」<SPUR TELLS…>、「anan」<Beauty news Cosme Lab>、「Ray」<It News Beauty>等でクローズアップ。

さらに、「美的」<最新6color×つけ方テクで『唇』に春が舞い降りた>や「Domani」<『黒を着る日のリップとヘア、どうしてる!?』>、「ViVi」<12星座別 恋もハッピーも! 引き寄せ開運メイク 2019>、「VoCE」<イガリさん厳選のキレイ色でメイク 春顔をつくる”胸キュン”新作コスメ>等の春メイク特集や、「Oggi」<おしゃれプロの 今月の『〝自腹買い〟なコ』>、「ar」<NEW ARRIVAL cosmetics>、「&ROSY」<2019年 春の新色トレンドNEWS>等の情報ページでも紹介に。もちろん「美的」「MAQUIA」「VoCE」の美容3誌恒例の新色カタログやコスメカレンダーにも登場。

今期のベストコスメの発表では、「美的」と「MAQUIA」の他にも「美ST」グロス1位を受賞し、「VoCE」ルージュや「Oggi」リップ等にも選ばれています。

 

ディオールの公式サイトへはこちらから。

第2位 stay

前期のプロ視点のベスコスでも多くの支持を集めたCHANEL「ルージュ アリュール リクィッド パウダー」が、前期から継続2位にランクイン。
塗り心地はリキッドなのに仕上がりはパウダリーなマット質感。ふんわりフォギーなマットの色づきながら軽やかで乾き知らずの心地良さを兼ね備え、マット初心者でも気軽に楽しむことができる赤リップと大人気。

今期のベストコスメの発表では、「BAILA」「MORE」のメイクアップ大賞、「Marisol」メイク大賞、「sweet」「&ROSY」メイクアップ1位、「SPUR」のベスト・オブ・カラーズ、「VoCE」年間リキッドルージュ・グロス1位、「&ROSY」品格リップ1位、「non・no」のリップ大賞、「HERS」リップ1位、「InRed」リキッドルージュ1位等を受賞。さらに、「オトナミューズ」や「25ans」華やかビューティ、「エクラ」なじむのに”華がある”リップ、「LEE」ポイントメイク、「Oggi」褒められメイク大賞等、各誌のコスメ動向の紹介や個人賞にも数多く選ばれています。

ベスコス以外でも、シャネルの最新アイテムを紹介する「CanCam」<CHANELに恋して>等でクローズアップされている他、「MAQUIA」<ひと足お先に春新色>、「Domani」<今のそのメーク、50%オフで2倍美人になれるんです!>、「GISELe」<気分別 メイクを決めて服を着る 『7つのコスメ』で幅を出す>、「InRed」<ネイビー、黒、ベージュ、グレー ベーシックカラーを攻略!>、「SPUR」<人生を変えるメイクアップに出合う 春色で、スター誕生!>等の春メイク特集や、「美的」「MAQUIA」「VoCE」の美容3誌恒例の新色カタログ等にも掲載に。

 

CHANELの公式サイトへはこちらから。

第3位 up
ジルスチュアート

「ブレンドブラッシュブロッサム」

4,500円(本体価格) ※価格は2019年1月現在のものです。

3位には、ジルスチュアートから2019年春のニューアイテムとして登場した、質感の異なる2色がセットされたチークコンパクト「ブレンドブラッシュブロッサム」がランクイン。

オイルを配合したパウダーによってしっとりツヤやかに仕上がるグロウカラーと、きめ細かくシアーマットにふんわり仕上がるフォギーカラーの異なる2タイプを同時に手に入れることができると各誌で注目され、春メイク特集で大活躍。ノンパールなピンクのフォギーカラーに春らしいグロウカラーを加えた2色セットのコンパクトは全7種(限定2種)。単色でも、2色のグラデーションでも、ハイライトとしても、使い方は自由自在。異なる2つの質感をミックスして、自分だけの絶妙な仕上がりを楽しむことができます。

付属のチークブラシにあしらわれたクリスタルのスワロフスキーをスライドすることで、毛の長さを2段階に調整できるのも嬉しいポイントです。

今期は、「美的」<なりたいイメージをかなえる大人ピンクの〝ダブルチーク〟>、「sweet」<SWEET BOX>等でクローズアップ。さらに、「CanCam」<定番メーク×春トレンドで出会う、新しい私。>、「with」<ヘアメイク イガリさん発 これからの“まいにち”メイク>、「MAQUIA」<マキアモデルが読者のために新色から厳選 春は、こんなメイクがきます!>、「ViVi」<12星座別 恋もハッピーも! 引き寄せ開運メイク 2019>、「VoCE」<イガリさん厳選のキレイ色でメイク 春顔をつくる”胸キュン”新作コスメ>等の春メイク特集や、「VoCE」<間違いなし! あの人の『初買い』リスト>、「up PLUS」<春新色レシピ&ほぼ全色見せカタログ>、「MAQUIA」<あなたが美人に見えるイエベ・ブルベ別 春のリップ&チークつけ比べ>、「VoCE」<Besame Beaute>、「美的」「MAQUIA」「VoCE」の美容3誌恒例の新色カタログ等の春新色アイテムを紹介する特集で掲載に。

 

ジルスチュアートの公式サイトへはこちらから。

第4位 icon_topics_new
イプサ

「クリエイティブ アイブロウ エレメンツ」

5,000円(本体価格)セット価格  ※価格は2019年2月現在のものです。

アイブロウのリキッドライナー、ペンシル、マスカラと、アイブロウに関わる3アイテムがセットになったイプサの「クリエイティブ アイブロウ エレメンツ」が4位にランクイン。

**「アイブロウマスカラ」は、毛の流れを均一に整えてスタイリングできる
クリアなc 04 CLを加えた全4種での展開。

 

薄眉の救世主として注目される「クリエイティブ アイブロウ エレメンツ」にセットされるのは、眉全体の影のように下地をつくる「アイブロウリキッドライナー」(3種)と、繊細な毛をつくる1.5mmの極細「アイブロウペンシル」(4種)、眉全体の毛並みを整える角型ブラシ採用の「アイブロウマスカラ」(4種)。

個々の髪の色や眉の状態、なりたい仕上がり印象に合わせて最適な組み合わせを選定してくれるのは、肌測定器“イプサライザー”に新たに導入されたアイブロウフィッティング。嬉しいのは、3アイテムそれぞれのレフィルも購入できること。自分専用のアイブロウ エレメンツで、まるで自眉のような自然で立体的な眉づくりが叶います。

今期は、「anan」<Antenna plus>、「オトナミューズ」<MOST WANTED! MUSE FAVORITE>、「SPUR」<東京 買ワネバコスメ>、「& Premium」<& Beauty キレイの理屈>、「Domani」<Domani Adesso>、「MAQUIA」<新・美神 美が宿る瞬間>、「美的」<大髙博幸さんが選ぶベストバイ>、「VoCE」<Beauty Topics>と<Besame Beaute>、「MAQUIA」<美女子ネタ>、「andGIRL」<齋藤薫さんがガール目線で選んだ今月の新製品>、「CREA」<BEAUTY EDITOR’S BEST CREA>、「mina」<Maison de mina Beauty>、「anan」<Weekly Must Buy!>、「up PLUS」<NEWS SPY>等でクローズアップされ、幅広い年代の雑誌で注目されています。

また、「美的」<年末年始にお直し! 『美人眉』養成講座>や<悩み別、眉の誌上カウンセリング>では眉のお悩み解決アイテムに選ばれ、「ViVi」<12星座別 恋もハッピーも! 引き寄せ開運メイク 2019>や「GINZA」<笑う、美容>、「美人百花」<幸せはメイクで引き寄せましょう>等のメイク特集でも登場。「美的」「MAQUIA」「VoCE」の美容3誌恒例の新色カタログ等にも掲載されています。

 

イプサの公式サイトへはこちらから。

第5位 down
B.A

「B.A アイゾーンクリーム」

18,000円(本体価格) ※価格は2019年1月現在のものです。

5位にランクインしているのは、眼球を囲む眼輪筋の厚みに着目し、目もと悩みのくぼみ、たるみ、ハリのなさに新知見でアプローチするB.A「B.A アイゾーンクリーム」。

前期の「MAQUIA」ベスト・オブ・ベスト大賞をはじめとする美容のプロたちの大絶賛は今期も続き、ベストコスメの発表では「SPUR」ベスト・オブ・スキンケア、「BAILA」ベストコスメ大賞、「エクラ」ベストスキンケアコスメ、「Marisol」スキンケア大賞、「&ROSY」ではスキンケア1位とアイクリーム1位をW受賞、「VoCE」年間の乳液・クリーム1位「オトナミューズ」スキンケア1位、「HERS」目元1位、「InRed」パーツケア1位等を受賞。

さらに、「LEE」アイケアや「Oggi」30歳からのアイケア大賞、「大人のおしゃれ手帖」50代向けエイジングケアコスメ、「SPRiNG」のエイジング、「美ST」アイクリーム、「MAQUIA」アイケア等を受賞の他、「VoCE」<美のプロ6人が斬る 2018年スゴかったコスメ超まとめ>では齋藤薫さんや吉田昌佐美さんに2018年の逸品として選ばれ、「Marisol」「&ROSY」等のベスコス総括にも話題の注目アイテムとして登場。目もと印象だけでなく、顔全体の印象までをも変える使用実感に、今期も数多くの賞賛の声が紹介されています。

ベスコス以外では、「SPUR」<小田切ヒロの肌におネツを入れなさい!>や「VoCE」<李家幽竹先生監修 月刊ハッピーコスメ>、「MAQUIA」<キレイのお年玉 肌上げ祈願 1万円台までで初買いスキンケア>、「STORY」<古いセオリーを捨てれば、40代の〝ぱっちり目〟はもっと簡単>、「Oggi」<5年後、後悔しない『目と目玉ケア』>等で掲載に。アイケア特集のみならず、エイジング特集でも欠かすことのできない存在になっています。

 

B.Aの公式サイトへはこちらから。

第6位 up
SUQQU

「デザイニング カラー アイズ」

6,800円(本体価格)※価格は2019年4月現在のものです。

SUQQUのカラーコレクションを代表する人気の4色アイシャドウパレット「デザイニング カラー アイズ」が6位にランクイン。

今期は、「美的」の人気連載<美的社会科見学>でも「デザイニング カラー アイズ」がクローズアップされ、『トレンドを大人の女性がリアルに取り入れられるよう再解釈しながらメイクアップアーティストと共に行う』という、絶妙な配色が生まれる開発の過程が紹介されています。透明感のあるパステルカラーにインパクトのある強さを加え、SUQQUならではの大人の女性の意志とスタイルを感じさせる春の新色#124 透葵陽 TOUKIYOU(限定色)と#12 幻光茜 GENKOUAKANEは、他にも「MAQUIA」<ひと足お先に春新色>や「with」<AAA宇野ちゃんのキレイのヒミツ>、「VoCE」<イガリさん厳選のキレイ色でメイク 春顔をつくる”胸キュン”新作コスメ>、「up PLUS」<春新色レシピ&ほぼ全色見せカタログ>、「GLOW」<ボブと新色クリップで、平成最後の私リニューアル!>、「CanCam」<定番メーク×春トレンドで出会う、新しい私。>、「SPUR」<人生を変えるメイクアップに出合う 春色で、スター誕生!>、「&ROSY」<2019年 春の新色トレンドNEWS>、「VOGUE JAPAN」<春のメイクアップ・トレンド。>、「GINGER」<月刊30歳美容委員会>、「mina」<『これ、ハヤりそう』予報2019>「美的」「MAQUIA」「VoCE」の美容3誌恒例の新色カタログ等、春が待ち遠しくなる特集で大活躍。

春の新色以外でも、大人な女性の色っぽさを感じさせる目もとに仕上げる赤みのある#04 絢撫子 AYANADESHIKOが、読者セレクトによる「美的」のベストコスメにてアイシャドウパレット1位を受賞。また、ベージュとブラウンの濃淡にインパクトのある赤とブルーグレーで大人のおしゃれを感じさせる#11 深楓 FUKAKAEDEが「MORE」休日メイク部門のきれい色アイシャドーや「オトナミューズ」カラーアイテムに、 繊細なきらめきが添えられたブラウンカラーの#08光焦 HIKARIKOGAREが「VoCE」年間ベストコスメのアイシャドウや「女性自身」超おすすめメークアイテムに選ばれる等、今期のベスコスでも大人の目もとをつややかに彩るアイシャドウパレットとして注目されています。

 

SUQQUの公式サイトへはこちらから。

第7位 down
ローラ メルシエ

「ブラッシュ カラー インフュージョン」

3,500円(本体価格) ※価格は2019年2月現在のものです。2019年2月より変更となりました。

肌本来の美しさを引き立てるクリアな発色と、パウダーとは思えないしっとりなめらかな質感と軽いつけ心地でピュアな色気を醸し出す、ローラ メルシエの人気パウダーチーク「ブラッシュ カラー インフュージョン」が7位にランクイン。

ひとりひとりのナチュラルな美しさを高め、自分自身が好きになることのできる個性を引き出すメイクアップを目指すローラ メルシエが提唱する“フローレスフェイス”の実現に欠かせないチークとして登場した「ブラッシュ カラー インフュージョン」は、にごりのないシアーな発色と肌に溶け込むようになじみ、自然な血色感で肌をきれいに見せてくれると、各誌でも高評価。今期のベストコスメ発表でも「リンネル」「&ROSY」でチーク1位に選ばれ、「&ROSY」ではベストオブベストのメイクアップコスメにも選ばれています。

ソフトでナチュラルな色調から鮮やかでポップなカラーバリエーションを、モダンなマットフィニッシュとシアーフィニッシュで展開した10色ラインナップの中、今期の1番人気は洗練された色気を醸し出すモーヴなベリーの#08 キールロワイヤル。上気したような頬が大人の女性のピュアな色っぽさを演出してくれると人気で「&ROSY」のチーク1位の他、「Marisol」でもチーク1位、「LEE」透明感まで上がる華チーク、「andGIRL」では美容賢者の河北裕介さんが感動コスメに、「SPRiNG」では菊地美香子さんがマイベストコスメに、「VoCE」ではイガリシノブさんがスゴかったコスメ超まとめでセレクトしている他、「sweet」「MORE」「non・no」のベストコスメにも登場。華やかでありながら、甘くなりすぎず、誰でも簡単に旬のおしゃれ顔になることができると大人気です。

ベスコス以外でも、「BAILA」<河北裕介×百々千晴 服とメイクのBEST ANSWER>では、#08 キールロワイヤルが、甘く見えずに女っぽさをプラスすることのできる『大人っぽくしゃれるモーヴチーク』としてクローズアップされています。続く人気色は、「InRed」チーク1位を受賞しているピュアな温もりのあるヌーディーカラーの#06 チャイ、「STORY」チーク1位や「HERS」にも選ばれている“大人可愛い”と知的さが好感度をアップしてくれると人気の#04 ジンジャー、自然な血色をイノセントに強調したバラ色ほっぺを叶える#02 ローズ。自然な血色にプラスされる洗練された色っぽさと、チークコントゥアリングで仕上げる立体感が人気です。

 

ローラ メルシエの公式サイトへはこちらから。

第8位 up
Amplitude

「ロングラスティング リキッドファンデーション」

9,000円(本体価格) ※価格は2019年1月現在のものです。

8位には、昨年9月に『かっこいい大人美』を掲げ、メイクアップアーティストのRUMIKOさんが手掛けたAmplitude(アンプリチュード)の「ロングラスティング リキッドファンデーション」がランクイン。

『かっこいい大人美』を叶えるために目指したのは、素肌以上に洗練された美しい肌。粉体を均一に整えたカラー成分とリキッド成分の絶妙な黄金比率の追求によりしっかりカバーしながらも透き通るようなツヤ肌を叶え、肌にピタッとフィットして長時間留まるロングラスティングパウダー等の配合により、素肌以上の“透き通る感”を叶え、新しい大人美をもたらすリキッドファンデーションに。重ねても厚みを感じさせない繊細な肌に導き、汗や皮脂による化粧崩れや肌色のくすみもしっかりサポートしてくれます。大人の女性たちを悩ますエイジングサインを覆い隠すのではなく、“透き通るカバー力”で大人を洗練させるファンデーションと美のプロ達からも絶賛され、今期のベストコスメでも大活躍。

**更に仕上がりをバックアップし、肌印象を底上げしてくれる2種の下地も同時発売。乾燥が気になる人には水性成分70%の「クリアカバー リキッドベース」、肌の凹凸や毛穴が気になる人にはクリームタイプの「コンプリートフィットクリームベース」と、肌悩みや好みの仕上りで選べます。

『かっこいい大人美』の基礎となるベースメイクからとスタートしたAmplitude。春からはポイントメイクも登場、その世界観を広げています。

今期は、デビュー早々ながらベストコスメ発表で大活躍。「SPUR」ベスト・オブ・ベースメイクアップをはじめ、「リンネル」「HERS」ファンデーション1位、「オトナミューズ」ベースメイク1位、「Marisol」リキッド・クリームファンデーション1位を受賞。また、「&ROSY」ではツヤ肌ファンデーションとベストオブベストのメイクアップコスメのW部門で選出され、「LEE」知性を感じる大人の肌になるで賞、「25ans」洗練美肌ファンデ賞、「Oggi」カバー力&ナチュラル美肌大賞、「エクラ」ファンデーション、「大人のおしゃれ手帖」ベース、「VoCE」ファンデーション・ベース、「InRed」使い込んだ『#底見えコスメ』のファンデ等にも選ばれています。

ベスコス以外でも、「美的」<人生を変えるコスメ>、「ar」<早耳ガールにお届け! NEW FACEブランでどーん!>でクローズアップされている他、「GINGER」<月刊30歳美容委員会>の田中みな実さんが紹介する『今月のみな実のイチ推しモテコスメ』や、「VoCE」<植松晃士の街角観察ルポ おブス!? おモテ!? の分かれ道>等でも掲載に。簡単にきれいな大人の肌作りを叶えることができるのも大人気のポイントです。

 

Amplitudeの公式サイトへはこちらから。

第9位 icon_topics_new

2019年元旦に発売となったディオールの「カプチュール ユース インテンス R オイル」が9位にランクイン。

「カプチュール ユース」シリーズからの新作美容液「カプチュール ユース インテンス R オイル」は、乾燥しやすい肌をサポートするセラム状オイル。不足しがちな皮脂を補うアルガンオイルと、表皮の細胞間脂質の生成を促すタマヌ オイルを配合してバリア機能を強化。さらに、高い保水能力を持つスイゼンジノリエキスと、抗酸化力をアップするシリーズ共通成分のアイリス エキスによって、みずみずしく潤う肌へと導いてくれます。

全6種となったセラムから自分の肌に必要なものを選び、抗酸化力を活性化する「カプチュール ユース クリーム」と合わせたカスタマイズケアを行う、新たな「カプチュール ユース」シリーズのスキンケアプログラムも同時にスタート。セラムとクリームを混ぜて使用したり、それぞれを集中的にたっぷり塗ったり・・・使用方法も自在にカスタムできるのも魅力です。

同時発売となった「カプチュール ユース」シリーズ初の化粧水「カプチュール ユース エンザイム ソリューション」は、肌の表面に古い角質が溜まっていると、肌深部の酸化が3倍加速するという新知見から誕生。酸化した角質を酵素の働きによって取り除き、次に使うセラムの浸透を高めてくれます。

今期は、「カプチュール ユース インテンス R オイル」を中心に、パルファン・クリスチャン・ディオール サイエンティフィック コミュニケーション ディレクター&環境ディレクターのエドアール・モーベーズ・ジャービス氏のコメントと共に新しいカスタムスキンケアを紹介した「美的」<あなたのすべきケアがわかる肌の未来占い>や「VoCE」<進化形保湿ケア現る!>、「&ROSY」<『カプチュール ユース』の進化が止まらない!>の他、「with」<私たちのベストコスメ! myカプチュール ユースで先回りスキンケア>、「25ans」<齋藤 薫のBlack Beauty>等でクローズアップ。また、これから注目のアイテムとして「25ans」<Beauty Times>や「HERS」『2019年の流れを読み解く!』、「MAQUIA」<キレイのお年玉 肌上げ祈願 1万円台までで初買いスキンケア>、「VoCE」<間違いなし! あの人の『初買い』リスト>等の特集やコスメカレンダーでも掲載に。

 

ディオールの公式サイトへはこちらから。

第10位 up
コスメデコルテ

「iP.Shot アドバンスト」

10,000円(本体価格) ※価格は2019年1月現在のものです。

10位には、コスメデコルテの高機能シワ改善美溶液「iP.Shot アドバンスト」がランクイン。

今あるシワを改善しながら未来の肌にもアプローチし、肌の未来を変えることができると注目の「iP.Shot アドバンスト」に配合されているのは、シワ改善有効成分であるリンクルナイアシンと、独自の抽出方法で抗酸化力を高めた加水分解黒豆エキスを含む複合成分iP-Solution AD。リンクルナイアシンは、表皮細胞増殖促進効果と線維芽細胞のコラーゲン産生促進効果が、加水分解黒豆エキスは細胞エネルギー産生の促進効果が認められています。

2016年に発売の「iP.Shot」で実現された細胞(=ミトコンドリア)のクオリティアップに加え、加齢によって低下する活性酸素消去能力の回復の可能性に着目。細胞がもともと持っている抗酸化酵素に産生促進をアプローチすることで、未来に続く肌のハリと弾力の持続を叶え、驚きの効果実感で美容のプロ達からも熱い支持を得て、今期のベストコスメでも注目されています。

今期は「BAILA」スキンケア大賞の受賞をはじめ、「GINGER」エイジングケア、「InRed」パーツケア、「エクラ」しわケア、「&ROSY」美容液等に選ばれ、2018年を代表するベストコスメのひとつとして、美容トレンドの総括等にも数多く登場しています。

また、「up PLUS」<完全保存版! 第10回Brand All Catalogue ブランド全カタログ>にはコスメデコルテが登場。『ロング&ベストセラーが多いスキンケアアイテム』のひとつとして「iP.Shot アドバンスト」も紹介されています。

 

コスメデコルテの公式サイトへはこちらから。