3月11日、WHO(世界保健機関)は新型コロナウイルスがパンデミック(世界的大流行)にあたると宣言し、世界中で緊急かつ積極的な対応が求められている新型コロナウイルス。

感染の拡大がヨーロッパの中でも最も深刻なイタリアでは、16日には感染者が3万人を超え、フランスでは、これまでの食料品店や薬局を除くレストランやバー等の営業停止では歯止めがかからず、17日から15日間にわたり全土で外出を大幅に制限する前例のない措置を実施。更に17日から30日間にわたり、EUヨーロッパ連合域外からフランスを含むEU加盟国への入国も原則禁止に。18日にはオーストラリアでも日本を含む海外すべての渡航禁止が発表されています。

日本においても安倍晋三総理の要請により、全国の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校に3月2日から春休みまでの臨時休業を実施。卒業式も自粛傾向。同時に企業においても出勤体制を見直し、時差通勤やテレワークを導入、不要不急の集団行動の自粛が本格化。多くの人を動員するコンサートやイベントはもちろん、スポーツにおいても、大相撲春場所、プロ野球オープン戦は無観客で実施され、サッカーJリーグ、ラグビー トップリーグ、バスケットボール男子Bリーグは試合延期。これらの自粛は3月末から4月上旬まで続く見通し。

ビューティ業界においても、資生堂、花王、カネボウ、コーセー等では、一部社員の在宅勤務とし、海外出張も全面禁止もしくは自粛、売り場においても美容部員さんのマスク着用や、タッチアップの自粛はされているものの、自分でできるように丁寧に教えてくれるブランドもあり、意外な嬉しい おもてなしに出会えたりもします。

気持ちが沈みがちな時ほど発揮されるのがメイクの力。
お店に行くことができなくても、できた時間を使ってゆっくり自分に向き合うメイクタイムを持つことで、もともとの素肌を元気にすることができたり、それにより新たな自分に出会えたり、いつもと違う穏やかさを手に入れることができたり、気持ちにもゆとりが生まれたり…たくさんのいいことが待っています。

そんな装う楽しさや自信のプラスαで見た目の印象をアップ、そしてその自信が更に勇気を持たせてくれ…嬉しい輪廻は続き、メイクの効果は自分次第で無限です。
いつも忙しくて、ラクしてきれいになりたいと、時短メイクに目がいきがちですが、いつもと違う時間が流れる、こんな時ほど、本当のメイクの力を感じてみてください。

今期の特集のメインは、春の息吹を感じることができる色鮮やかな新色を使用した春メイク。

この春は、見ているだけでも楽しくなる、カラフルでプレイフルなアイテムが勢揃い。キーワードは“透明感”。各誌でも素肌を感じさせる透明感と大人の煌めきを感じさせる春メイクが数多く登場し楽しませてくれます。意識したいのは、“肌をきれいにみせてくれる”こと。目もとでも頬でも口もとでも、使用することで肌をきれいに見せてくれる色であることで、透明感のある洗練を手に入れることができます。

透明感の持つ魅力を手に入れる「美的」大特集<肌に、メイクに、髪に。『透明感』をちゃっかり仕込む、2月。>の他、「MAQUIA」<唇の色悩み別 美肌演出リップはこれです!>や『透け透けオレンジ』『どこかにグリッター』をキーワードをとする「VoCE」<春コスメ トレンドランキング”>、「リンネル」<素肌までキレイに見える春色メイク>、「&ROSY」<血色チークとツヤ肌のメイクバランス>、「Marisol」<大人にちょうどいい『ツヤメイクのさじ加減』>等でも“透明感のあるツヤ”を演出するメイクアイテムがクローズアップされています。

『質感も発色も百花繚乱!唇から春がやってくる』と、リップが主役の春トレンドを紹介している「sweet」<2020年春のトレンド速報! BEAUTY JOURNAL SPECIAL>をはじめ、「エル・ジャポン」<春のトレンドメイク図鑑>、「VOGUE JAPAN」<美容ジャーナリストのトレンドレポート>、「VoCE」<春コスメ トレンドランキング>等のトレンド情報でも注目アイテムとしてリップを掲げ、「MAQUIA」<春リップに100倍ときめく方法>、「美的」<〝唇色の濃さ別〟旬リップの攻略法、教えます!>、「BAILA」<私に似合う春めきリップ>、「美ST」<2020年を託す運命の『ピンクベージュリップ』は?>、「Oggi」<春、『この服にはこのリップ』最旬ルール7>「ViVi」<春リップNews!>、「non・no」<春メイクもやっぱり唇から始めたい! 絶対盛れる8色を厳選 選抜リップつけ比べ>等、幅広い年代の雑誌にリップ特集が登場。

今期のランキングでも、1位にSUQQU初のマットリップ「バイブラント リッチ リップスティック」、3位にイヴ・サンローランの春新作、唇に煌めきをもたらす星が象られた「ルージュ ヴォリュプテ ロックシャイン」、4位には、新生KANEBOを代表する、マットな質感にほのかな輝きを纏うネオフラットな「カネボウ N-ルージュ」、7位にはルナソルの湿度を感じさせる新マットリップ「シームレスマットリップス」、9位にはグロッシーなツヤと繊細なパールの輝きが魅力の新リップ「RMK リップスティック コンフォート エアリーシャイン」、10位には多彩な光を放つ鮮やかなニュアンスカラーの春新9色を加えたCelvokeの人気マルチフェイスカラー「ディグニファイド リップス」と、各ブランドから自慢のリップがランクインしています。

BAILA」<私に似合う春めきリップ>でヘア&メイク林由香里さんが肌映えを約束する運命のリップをナビしているように、カラーレンジが豊富なこの春のリップは、『絶対的なトレンドカラーはなく、自由に色を楽しめるシーズン』。選ぶ時のマストな条件は、『質感は透け感のあるもの』。見た目よりも透け感のある色が豊富な今季。復活しているグロッシーなツヤとパール等による繊細な煌めきに注目です。これらを春らしく軽やかに纏うことで、メイク全体にもピュアな透明感をもたらすことができます。

透明感のあるパステルカラーは、アイメイクでも注目のトレンド。
FIGARO japon」<この春、メイクで小さな冒険を>、「&ROSY」大特集<大人のための プレイフルな春の新色メイク完全マスター>、「Marisol」<春の新色コスメ選び、アラフォーの”正解”!>、「Ray」<新色コスメを使って旬顔メイク この春、恋を呼ぶ顔ランキング!!!>等の春メイク特集での紹介の他、「美的」<2020年春。〝買い逃し厳禁〟パレットは、これ!>や「with」<ハデ色も、くすみ色も、グレーだって! 今どきアイパレット、つけると超可愛いんです!>、「GINGER」<“あざとく、賢く”生きましょう! 得する♡人生 Have more Advantages! リップよりも目元で賢く印象チェンジ! あざと可愛いメイク着回し>等のアイメイク特集やリアルな比較が可能な「VoCE」<春新色超塗り比べ>や「MAQUIA」Book in Book<All春新色パレットで作る、見たまま簡単アイレシピBOOK>等で掲載に。

今期のランキングでも、新色の加わったCelvokeの人気フェイスカラー「インフィニトリー カラー」が2位に、春の新2種とカメリアを象った特別限定品が登場したCHANEL「レ キャトル オンブル」が6位に、春の新4種が加わったTHREE「ディメンショナルビジョンアイパレット」が8位にランクイン。リップ同様、アイシャドウでも見た目より薄づきで透け感のある発色のパステルカラーが勢揃い。4色パレットでも、ビビッドなカラーが登場している反面、秋から続くテラコッタ系パレットも人気。今季は重ねても濁らないカラーが多く、グラデーションやブレンドも楽しめます。

上位10位がすべてポイントメイクの今ランキング。チークで唯一5位にランクインしているのは、春の新色が加わったNARSの「ブラッシュ」。メイクアップアーティストが複数色使いで完成させるカラーを、誰でも簡単に使えるようにクリエイトした新色は、要注目です。

 

ランキングにはまだ登場していませんが、今季は「美的」「MAQUIA」「VoCE」の美容3誌をはじめ、美白・UVケアの速報が掲載に。
太陽の熱でUV膜が強化されるアネッサ「パーフェクトUV スキンケアミルクa」や、紫外線や近赤外線から肌を守り、肌に良い赤色光だけを取り入れるB.A「B.A. ライト セレクター」等、最新UVの新機能が紹介されています。

桜の開花も早そうなこの春。桜よりも先に土筆が登場しているところもでてきているようで、花粉の次には、UVケアにも注意が必要です。

 

トータルランキング2020年2月号

2020/01/01-2020/01/31

1 SUQQU

バイブラント リッチ リップスティック

2 Celvoke

インフィニトリー カラー

3 イヴ・サンローラン

ルージュ ヴォリュプテ ロックシャイン

4 KANEBO

カネボウ N-ルージュ

5 NARS

ブラッシュ

6 CHANEL

レ キャトル オンブル

7 ルナソル

シームレスマットリップス

8 THREE

ディメンショナルビジョンアイパレット

9 RMK

RMK リップスティック コンフォート エアリーシャイン

10 Celvoke

ディグニファイド リップス

11 THREE

インディストラクティブルアイライナー

20 ディオール

サンク クルール <グロウ バイブス>

12 イヴ・サンローラン

ピュアショット ナイトセラム

21 ルナソル

アイカラーレーション

13 ディオール

ディオール アディクト リップ グロウ オイル

22 リンクルショット

リンクルショット ジオ セラム

14 KANEBO

カネボウ アイカラーデュオ

23 Amplitude

コンスピキュアス マットリップス

15 コフレドール

3Dトランスカラー アイ&フェイス

24 ケイト

レアフィットジェルペンシル

16 ディオール

カプチュール トータル セル ENGY スーパーセラム

25 Amplitude

コンスピキュアス チークス

17 ルナソル

グラムウィンク フロスト

26 イヴ・サンローラン

ルージュ ヴォリュプテ シャイン

18 アディクション

ザ アイシャドウ L

27 RMK

カラーユアルックブラッシュ

19 THREE

ネイルポリッシュ

28 ルナソル

カラーリンググレイズ

20 SUQQU

デザイニング カラー アイズ

29 ジルスチュアート

ブルーム ミックスブラッシュ コンパクト

2020年2月号トータルランキングの調査媒体は…2020年1月1日から2020年1月31日までに発売された調査媒体77誌延べ89冊。詳しい調査媒体はこちらを参照してください。

第1位 up
SUQQU

「バイブラント リッチ リップスティック」

5,000円(本体価格) ※価格は2020年3月現在のものです。

1位にランクインしてきたのは、この春誕生した、SUQQU初のマットリップ「バイブラント リッチ リップスティック」。

“折り紙”にインスパイアされた“大人の色遊び”を楽しむ2020春のカラーコレクションに登場した「バイブラント リッチ リップスティック」は、ワンストロークで、薄く色が広がり唇に密着。和紙の光沢のようなほのかな光を宿し、自然な華やかさで、大人の艶肌になじむ大人のマットリップとして、各誌で注目され、急上昇ランクイン。唇だけでなく、メイク全体を洗練された印象へと導いてくれると評判です。

SUQQUならではの大人の艶肌に自然になじむのは、墨のようなシェイドピグメントの配合等、計算された色設計と粉体選びによるもの。どんな肌の色にもなじみ、自然な華やかさを添えるソフトマットな仕上がりと、乾きにくい濃密な軽やかさを実現。さらにペースト状基材を採用することで、唇にぴったり密着し、美しい仕上がりを長時間キープ。ムラ落ちせずに上品に薄れていく…落ちる過程まで美しいのは、大人には嬉しい気づかいです。
デビューラインナップは、明度・彩度を考え抜いた新定番の10色と、春らしく軽やかな抜け感のある限定3色の13色。限定色は既に品切れの色も!早めのチェックがお薦めです。

今期は、春らしいあたたかさを感じさせるピンク#02 中紅花 NAKAKURENAI、大人に似合う上品なヴィヴィッドオレンジ#04深支子 FUKAKUCHINASHI、人気の赤みブラウン#09綺響 AYAHIBIKIの新マットな3色を試すことができる特別付録が「MAQUIA」に登場。本誌<大人の唇は発色マットで。 ポーチにSUQQUのリップが3本あれば>での紹介を参考に、なりたいイメージにチャレンジすれば、自分の肌色に寄り添うようになじむ、やわらかなマットを感じることができます。

春のSUQQUのラインナップを紹介している「美人百花」<溺愛ブランドの春の新作コスメジャーナル>やモデルの野崎萌香さんが新作発表会をリポートする「sweet」<新作ビューティNEWS!>、MOREモデルでシックな春顔を提案する「MORE」<MOREモデルと人気10ブランドの春色ストーリー>等の他、「VoCE」<美のプロ注目の”旬”アイテム丸わかり! 春コスメ トレンドランキング>や「FIGARO japon」<この春、メイクで小さな冒険を>等の春トレンド紹介でも、SUQQUらしい新マットリップとして注目されています。

今期の掲載の一番人気は、ほのかに光るマット感で肌になじむブラッドオレンジ#04 深支子 FUKAKUCHINASHI。オレンジのワントーンメイクで春を呼ぶ「リンネル」<高松由佳さんに教わる! 素肌までキレイに見える春色メイク>やヘアメイクアーティスト村松朋広さんが洗練されたヘルシーリップを提案する「25ans」<春新色で手に入れる最新『お守り』メイク>の他、 “リップが主役”と紹介する「sweet」<2020年春のトレンド速報! BEAUTY JOURNAL SPECIAL>では、“可愛いオレンジ”と注目され、指先でトントンと軽く叩くカジュアル仕上げがお薦めされています。「SPRiNG」<2020年、ビューティは進化する! ハンサム美女のきれいのヒミツ NOW & NEXT>では、“『ハッピーオーラ』を身にまとう”本田翼さんのルーティンアイテムのひとつにも選ばれています。

続く人気色は春らしい軽やかさを感じさせるミルキーマットなシトロンオレンジ#103 淡柚子AWAYUZU(限定)と、きりっとモードなウッドブラウンでありながら、センシュアルさを併せ持つ赤みブラウン#09 綺響 AYAHIBIKI。

シトロンオレンジ#103 淡柚子AWAYUZU(限定)は、paku☆chanさんが「VoCE」<色別メイクの参考書 in SPRING>では黄みを含むオレンジでアクティブ感を演出し、「美的」<〝唇色の濃さ別〟旬リップの攻略法、教えます!>では、唇色に合わせた塗り方による異なる楽しみ方を伝授している他、「ViVi」<春先取り!! トレンドメイク10>や「non・no」<春メイクもやっぱり唇から始めたい! 絶対盛れる8色を厳選 選抜リップつけ比べ♡>等でも、元気すぎず大人っぽい優しさを感じさせるソフトオレンジと人気。

ウッドブラウン#09 綺響 AYAHIBIKIは、「VoCE」<安達祐実がまとう 春の色っぽメイク>や「ViVi」<春リップNews!>、「25ans」<春新色で手に入れる最新『お守り』メイク>、「MORE」<必ず似合う春コスメカタログ>、「CREA」<BEAUTY EDITOR’S BEST CREAビューティチームが選ぶ、今月のベストコスメ>等で、ひと塗りで垢抜けた印象になる、大人の女性らしさを際立たせるマットブラウンとしても話題に。

 

左から)
センシュアルでモードなウッドブラウン#09 綺響 AYAHIBIKI
今期の一番人気のブラッドオレンジ#04 深支子 FUKAKUCHINASHI
肌色を引き立たせるスキンベージュ#01 焦麻 KOGAREASA
どこか懐かしいヴィンテージな優しいピンク#02 中紅花 -NAKAKURENAI

SUQQUの公式サイトはこちらから。

第2位 up
Celvoke

「インフィニトリー カラー」

3,200円(本体価格・編集部調べ) ※価格は2020年3月現在のものです。

目もとに、頬に、唇にマルチに使うことができ、色と光で自在に印象を操るCelvokeの人気フェイスカラー「インフィニトリー カラー」に春の新色が加わり、2位に急上昇ランクイン。

この春3周年を迎えた春夏メイクアップコレクションのテーマは“For our preciousness”。宇宙を思わせる多彩な光と透け感のある色で洗練モードを極めた春の新色は、生命の息吹の力強さと美しさを感じさせる新9色(限定5色)。今期は各誌の春メイク特集で大活躍。

mina」<春をいろどる新作コスメ>では「ディグニファイド リップス」と共にCelvokeの春の新色メイクが紹介されている他、「sweet」<新作ビューティNEWS!>ではモデルの野崎萌香さんが新作発表会をリポート。「GISELe」<新調したい『理由があるコスメ』>では、ヘア&メイクの岡田知子さん、小澤麻衣さんがCelvokeのカラーレンジに注目。「Oggi」<『これ知ってると〝わかってるおしゃれ感〟出せます』NEWS!>では、『“色でおしゃれ!”はアーティストブランドに頼ればいい』に登場。『指でつけるだけでラフなニュアンスが出て、その人の個性が透けるような仕上がりに。おすすめはオレンジピンクの17番』と、Celvokeのクリエイティブアドバイザーでメイクアップアーティストの菊地美香子さんのコメントと共に掲載に。
VoCE」大特集<キレイになれるシーズン到来! 春のやらなきゃ美容 これが正解!>の各章でも取り上げられ、林由香里さん、paku☆chanさんに学ぶ<色別メイクの参考書 in SPRING>の中の『オレンジは黄み含みでアクティブに』には#14サンオレンジ、『ブルーはあえてコンサバにつくる』には#EX08 ブルーサーフェイス(限定)、『新感覚な赤で彩度高めの顔に』には#EX07 シグナルレッド(限定)が紹介され、<内田理央 春にときめく! “だーりお” 3LOOKS>では、涼やかなグリーンシャドウとしてEX09 シーグリーン(限定)をセレクト、<春コスメ トレンドランキング>では、『“色ち買い”アイテム』の1位に、『Celvokeのマルチカラー』が選ばれ、春の新色5色が紹介に。各誌の旬の話題で評判になっています。

今期の掲載の一番人気は、ヘルシーなオレンジの#14 サンオレンジ。
“心に刺さるエモい顔”を目指す「CanCam」<春の新作コスメでエモ顔メイク>では、“エモお姉さん ほのか”の『こなれムードの大人っぽい3つの顔』を演出するオレンジのマルチカラーとして登場。目もとに、頬に、唇にマルチに使用しながら、異なる3つの顔を提案。他にも繊細なパールでフレッシュな印象をもたらすコクのあるブラッドオレンジとして「MAQUIA」<私の運命チークを見つけよう>等ではチークに、透明感を活かしたツヤオレンジをぐるりと囲んだ「美ST」<大人のための下まぶたぷくっとメーク>等では目もとに使用され、「Oggi」<本当に使えるプロの美容ワザ>では、お直しアイテムとしても3役のマルチコスメが評価されています。

続く人気色は、春らしいシアーなグリーン#EX09 シーグリーン(限定)と、#17 コーラルシェル。

春らしい透け感のあるグリーン#EX09 シーグリーン(限定)は、「美ST」<40代のワンパターンメークにベスコス×春新色の法則>ではほのかに醸し出すグリーンの目もとに、「オトナミューズ」<ミューズモデルのセルフメイク>では浅見れいなさんがローズ#09 ルノワールをリップと頬に使用し、目もとは#EX09 シーグリーン(限定)でピュアな印象に仕上げています。中野明海さんと千吉良恵子さんの新色トレンドトークの「BAILA」<春、このメイクがきます>では、『シアー&パーリーな単色シャドウでちょい足しカラフル』として、松本千登世さんとMICHIRUさんの対談の「GLOW」<45才に似合う春トレンドをピックアップ>では、大人にも取り入れやすい、新ビタミンカラーとして、「Marisol」<春の新色コスメ選び、アラフォーの”正解”!>では目もとで今春らしさを表現するフルーツカラーとして紹介に。

#EX08 ブルーサーフェイス(限定)と共にわずかにくすんだ取り入れやすいパステルカラーとして紹介している「sweet」<2020年春のトレンド速報! BEAUTY JOURNAL SPECIAL>と「エル・ジャポン」<春のトレンドメイク図鑑>等のトレンド特集にも登場し、「Oggi」<春のコスメNEWS>では#17 コーラルシェルと共に意外とシアーで薄づきなカラフルアイシャドウとして紹介に。「SPRiNG」<ハンサム美女のきれいのヒミツ NOW & NEXT>では女優・本田翼さんがトライしてみたい色として紹介に。

#17 コーラルシェルは、「MORE」<イエベ・ブルベ別 必ず似合う春コスメカタログ>や「GLOW」<春顔メイクでイメチェン!>、「non・no」<似合う♡が見つかる春色チーク>ではチークとして、「美的」<美的女子が『バチェラー男子』と並んだら>ではアイシャドウとして、コーラルオレンジでフレッシュ目もとを演出。

透け感のある鮮やかな発色で重ねても濁らないのも嬉しいポイント。「sweet」<SWEET WEDDING 始まります!>でも#15 イエローゴールド、#17 コーラルシェル、#EX09 シーグリーン(限定)の鮮やかな春色で、幸せな花嫁のきらめく目もとを飾っています。他にも「ViVi」<やぎのヲタ美容。>でも#15 イエローゴールド、#EX09 シーグリーン(限定)、#17 コーラルシェルを3色使い。「JELLY」<JELLYモデルのセルフメイクに密着!>では松本愛さんが、#17 コーラルシェルと#EX09 シーグリーン(限定)をアイメイクでグラデ使い。今季は多色使いもお薦めです。

 

上段左から)
今期掲載の一番人気の#14 サンオレンジ
#17 コーラルシェル
#15 イエローゴールド
下段左から)
#EX09 シーグリーン(限定)
#EX08ブルーサーフェイス(限定)

Celvokeの公式サイトはこちらから。

第3位 icon_topics_new

3位には、イヴ・サンローランの「ルージュ ヴォリュプテ」からこの春登場した、唇に煌めきをもたらす星が象られた「ルージュ ヴォリュプテ ロックシャイン」がランクイン。

見た目のキュートな新しさはもちろん、星の部分のグリッター×周りのカラーのダブルコアフォーミュラの革新的処方と、イヴ・サンローラン初の植物(ユーカリ)のセルロースを利用したグリッターの採用でも注目されています。

星を象った煌めくインナーコアには、透明な光沢オイルのみで構成されるバームにグリッターを配合。潤いと発色のベストバランスを叶えながら、繊細で上質なグリッターの煌めきを追及。柔軟でしなやかな特性を持つ植物(ユーカリ)由来のセルロースをグリッターに採用することで、フォーミュラに溶け込むように広がり、繊細な仕上がりと滑らかなつけ心地も実現。バームには保湿力が高く、リッチな潤いを与える植物由来のシアバターを含み潤いも叶えます。

まわりのアウターコアには、「ルージュ ヴォリュプテ シャイン」同様、マカデミアナッツオイルをはじめとする美容オイルを配合。アクアシャインフィルムにより唇に濡れたような艶を生み出すフィルムを形成。つけたての色を閉じ込めてコーティングし、見たままの色と艶を持続。更に美容効果の高いザクロエキス、年齢とともに減少する表皮脂質と同様の役割を果たすパルミトレイン酸を含むことで知られる植物性マカダミアペースト、唇に薄膜保護フィルムを形成する植物性カンデリラワックスを配合。煌めきを叶えつつ、潤いもしっかりキープし、唇にも優しいと評判です。煌めきを瞬時に纏える話題の新作リップのデビューラインナップは、ヌードカラーからキュートなピンク、ディープなベリー、バーガンディ、煌めくニュアンスカラーまでの全14色(限定3色)。

今期は、メイクアップにスキンケア、フレグランス…とイヴ・サンローランを特集した「&ROSY」<2020年、大人の綺麗が弾ける予感。 イヴ・サンローランで『新時代顔』!>と、2020年1月に新エイジングスキンケアラインとして誕生した「ピュアショット」を中心にイヴ・サンローラン ボーテを紹介している「Oggi」<〝PURE SHOTS〟 Beauty Tips BOOK>の中でもサンローランを代表するアイテムとして登場。他にも「ViVi」<令和二年、春。 みんなの視線をクギづける。 #STAR GIRL LIP>、「Numero TOKYO」<new color, new me 新しい自分に出会って>等でもクローズアップされています。

VOGUE JAPAN」<美容ジャーナリストのトレンドレポート>での『煌めきを纏いたい、春の唇。』や「VoCE」<春コスメ トレンドランキング>での『どこかにグリッター』、「sweet」<2020年春のトレンド速報! BEAUTY JOURNAL SPECIAL>での『春の日差しに映える!グリッター&パールの輝き』、「GLOW」<45才におすすめの3大カラーで洒落顔に 春顔メイクでイメチェン!>での『春らしい華やぎを添える上質な大人のきらめき』、「Marisol」<春の新色コスメ選び、アラフォーの”正解”!>『レッド系リップは透けるが勝ち!』、「mina」<春をいろどる新作コスメ>での『チェンジリップで個性を出す』、「InRed」<美ッションインポッシブル!>での『煌めきとツヤで、イイ女の名をほしいままにせよ!』、「GINGER」<あざと可愛いメイク着回し>での『あざとニュアンスリップのススメ』、「Seventeen」<2020 ちゅーもく!! 春コスメNEWS>での『キラキラコスメ』等、注目される“煌めき”では欠かせない存在として、各誌のお薦めトレンド特集やコスメカレンダーでも紹介に。

今期の掲載の一番人気は、ひと塗りで華やかに煌めくラメ入りのレッドバーガンディ#12 ロックステージ レッド。「CanCam」<今月のBEAUTY SCOOP>等でクローズアップ。続く人気のグリッター質感のミルキーベージュ#1ヌード ソロは、「BAILA」<私に似合う春めきリップ>、「non・no」<春新色コスメでメイク対決>、ヘア&メイクアップアーティストpaku☆chanさんが伝授する「美的」<〝唇色の濃さ別〟旬リップの攻略法、教えます!>、「エル・ジャポン」<春のトレンドメイク図鑑>等で、可愛らしさを醸し出す全方位好感度アップカラーとして掲載に。

カカオブラウン#2カカオ バウンスは、「MAQUIA」<唇の厚み&形別 春のトレンドリップ 塗り方・選び方>、「VoCE」<春新色 超塗り比べ>、「Ray」<この春、恋を呼ぶ顔ランキング!!!>等で、遊び心のある進化したブラウンレッドやくすみレッドとして掲載されています。

イヴ・サンローランの公式サイトはこちらから。

第4位 icon_topics_new
KANEBO

「カネボウ N-ルージュ」

各色 4,000円(税抜) ※価格は2020年3月現在のものです。

ひとりひとりの個性を引き立て、魅力へと高める印象美発想メイクで、美の先にある希望を提案するブランドへと進化した新生KANEBOを代表するリップ「カネボウN-ルージュ」が4位にランクイン。

高発色なそれぞれのカラーに2Dコントロール コンプレックスを絶妙なバランスで配合することで、マットな質感にほのかな輝きを纏うネオフラットな仕上がりは、これまでにない質感と発色で、唇そのものの存在感を高めるリップと、各誌でも評判です。

デビューラインナップは、鮮やかなNEO DIMENSIONAL COLORS(ネオディメンショナル カラーズ)7色(限定1色含む)と、多彩な赤のバリエーションのNEXUS SUN RED COLORS(ネクサスサンレッド カラーズ)10色(限定1色含む)、そしてニュアンスチェンジを楽しむことのできるNASCENT ZERO COLORS(ナーセントゼロ カラーズ)3色。“N”から始まる3つのカラーストーリーによる全20色(限定2色)となっています。

今期は、「美的」<2020年 個性こそ、美しさ。>、「VoCE」<『希望を、メイクする』新生KANEBO>でクローズアップされている他、「BAILA」<春、このメイクがきます>、「sweet」<2020年春のトレンド速報! BEAUTY JOURNAL SPECIAL>、「InRed」<美ッションインポッシブル!>、「Marisol」<春の新色コスメ選び、アラフォーの”正解”!>、「Numero TOKYO」<春美人になりましょう>、「VoCE」<春コスメ トレンドランキング>、「SPUR」<知られざる才能@njlooksが指南! まぶたは空模様>、「エル・ジャポン」<春のトレンドメイク図鑑>、「VoCE」<ベサメ・ボーテ>、「美人百花」<溺愛ブランドの春の新作コスメジャーナル>等の情報ページで紹介され、各誌のコスメカレンダーでも掲載に。

春メイク特集では、林由香里さん、paku☆chanさんに学ぶ「VoCE」<色別メイクの参考書 in SPRING>、山本美月さんが登場している「Hanako」<Hanako Beauty_Make-Up カジュアル派の甘めメイク>、「婦人公論」<ビューティ手帖 ハッピーを呼び込む 福顔美容>等に、リップ特集では、「MAQUIA」<元の唇の色悩み別 美肌演出リップはこれです!>、「VoCE」<欲しい色、アイテムが一番よくわかる! 春新色 超塗り比べ>、「&ROSY」<プレイフルリップの質感メイクバランス>、「ViVi」<ViViが全部試したよー! 春リップNews!>、「BAILA」<私に似合う春めきリップ>、新作を塗り比べる「mina」<春をいろどる新作コスメ>等で紹介に。

今期の掲載の一番人気は、NEO DIMENSIONAL COLORSのビビッドオーキッド#114 SUMIRE VividとNEXUS SUN RED COLORSのピンクベージュ#EX2 Sweet tender Red(限定)。

ビビッドオーキッド#114 SUMIRE Vividは、paku☆chanさん伝授の「美的」<〝唇色の濃さ別〟旬リップの攻略法、教えます!>での『おしゃれかわいい色No.1! 青みピンク』に登場したほか、林由香里さんに学ぶ「VoCE」<色別メイクの参考書 in SPRING>での『進化したパープルで洒落顔に落とし込む』、ブロンズメタリック#111 Antique Goldと部分的にミックスして使用した「SPRiNG」<ハンサム美女のきれいのヒミツ NOW & NEXT>での『PLAYFUL LIPS』、「Ray」<この春、恋を呼ぶ顔ランキング!!!>での『知的ハンサム顔』等で紹介に。

ピンクベージュ#EX2 Sweet tender Red(限定)は、「美ST」<2020年を託す運命の『ピンクベージュリップ』は?>では、『透明感のある発色でどんなシーンでも自信が持てる王道ピンクベージュ』と大絶賛され、「MAQUIA」<シーン別 きちんと見えリップ VS 洒落見えリップ>の『きちんと見えリップ』にも『可愛らしさと品の良さをかえそなえた兼ね備えたソフトマットなコーラルピンク』と紹介に。

左から)
躍動感あふれるビビッドオレンジ#116 Comic Orange
ポップでエネルギッシュなビビッドオーキッド#114 SUMIRE Vivid
繊細に煌めく神秘的なブロンズメタリック#111 Antique Gold、
優しさ溢れるピンクベージュ#EX2 Sweet tender Red(限定)
緻密な色の個性を拾い絶妙なペールトーンへ変化させるプライマーサトル#102 Primer-subtle

KANEBOの公式サイトはこちらから。

第5位 up
NARS

「ブラッシュ」

各3,700円(本体価格) ※価格は2020年3月現在のものです。

5位には、肌に溶け込むようになじみ、内側からにじみ出るような美しい血色感を引き出してくれると人気のNARS「ブラッシュ」に、春の新10色が加わりランクイン。

新たに加わった10色は、創設者でありクリエイティブ・ディレクターのフランソワ・ナーズ氏により、メイクアップアーティストが1色だけでなく複数色使い、重ねたりブレンドしたりしてつくる完璧なカラーを、誰でも簡単に使えるようにクリエイトされたカラーバリエーション。さらに微細なマイクロナイズドパウダーが、より軽やかに、ブレンドしやすいつけ心地を実現し、マット、サテン、シマーと仕上がりの異なるテクスチャーに、繊細なパールの煌めきのバリエーションを加え、洗練された春の装いをメイクから誰でも簡単に楽しむことができます。

フランソワ・ナーズ氏が「ブラッシュ」を使うときに大切にしているのは、どんなシェードを使用するかではなく、どこにどうやって使うかということ。色の境目が見えてしまわないように、生え際までブレンドしてつけたり、フェイスラインに沿ってつけたり、鼻先にほんの少しつけることで顔全体に色味がほんのりと醸し出され、より自然に仕上げる方法は簡単で効果絶大!ぜひ取り入れてみてください。

今期は、「美的」<チークから始める、春の透明感メイク>と「MAQUIA」<NARS meets 剛力彩芽 チークが連れてくる、新しいわたし>でクローズアップされている他、「VoCE」<ベサメ・ボーテ>や「MAQUIA」<コスメカレンダー エクスプレス>等で紹介。「エル・ジャポン」<春のトレンドメイク図鑑>では、肌の“生命力”をサポートするような、光を感じさせるパール使いでみずみずしく生き生きとした今季注目されるチークのひとつとして紹介に。

他にも、「MAQUIA」<イエベ・ブルベ別 私の運命チークを見つけよう>等のチーク特集や「VoCE」<色別メイクの参考書 in SPRING>等の春メイク特集でも掲載に。

今期の掲載の一番人気は、パール感のあるシアーなレッドブラウン#4080。「GINZA」<あなたがなりたい肌はどれ? 憧れ素肌を作るベースメイク>では、この春注目のほてりを感じさせるブロンズ肌を演出し、「VoCE」<色別メイクの参考書 in SPRING>のpaku☆chanさんのブラウンでの統一メイクでも、『血色とラメを含んだテラコッタは、柔らかさと引き締め感を両立』と紹介され、「FIGARO japon」<この春、メイクで小さな冒険を。>や“生命力”を願かけた小田切ヒロさんによる「25ans」<トップアーティスト3人による願かけ眉毛>、paku☆chanさんによる「美的」<〝唇色の濃さ別〟旬リップの攻略法、教えます!>等では、立体感や小顔効果で名サポート。続く人気の復刻版のマットな淡いベージュ#4011Nも、「ViVi」<春先取り!! トレンドメイク10>や「25ans」<春新色で手に入れる最新『お守り』メイク>、「sweet」<紗栄子の美のヒミツ>等で、陰影を操り、ピュアさを加えるマットなベージュチークとして活躍し、肌なじみのいいマットなモーヴピンク#4081は、「美ST」<40代のワンパターンメークにベスコス×春新色の法則>や「BAILA」<春、このメイクがきます>での『千吉良恵子さんのパープル&シトラスで知的カラフル』では、抑えたピンクモーヴが涼やかな肌を引き立て、絶妙なメイクバランスを、「25ans」<春新色で手に入れる最新『お守り』メイク>での岡野瑞恵さん提案の『知性と可愛らしさが共存する女性らしさを楽しめる顔』では立体感を演出。「&ROSY」<カラフルシャドウのメイクバランス>の『目もとを浮かせず、引き立てるチーク&リップ』では、ほんのり血色感をアップする程よいくすみ感のマットなモーヴチークとして掲載に。

そして1999年に初“ブラッシュ”として誕生した“オーガズム”の復刻版#4013Nの進化版として登場したコーラルピンクとゴールドパールが華やかなピーチオレンジ#4077は、“オーガズムX”と呼ばれ、「&ROSY」<血色チークとツヤ肌のメイクバランス>では、スポーティにもモードにも装うことのできるピーチ色チークとして紹介に。ピンクほどフェミニンでもなくオレンジのように元気色とも異なり、大人のプレイフルメイクを自在に楽しむことのできるピーチオレンジは、時代を超えて、チークのトレンドカラーとして注目です。

 

上)今期の一番人気のパール感のあるシアーなレッドブラウン#4080
下左)復刻のマットな淡いベージュ#4011N
下右)復刻のマットなブライトクールフューシャ#4046

NARSの公式サイトはこちらから。

第6位 up

シャネルを代表する4色パウダーアイシャドウ「レ キャトル オンブル」が6位にランクイン。

砂漠の風景からインスピレーションした、穏やかなモーヴカラーと煌めきの2020春のコレクションに登場した新2種に加え、3月にはカメリアを象った特別限定品の「レ キャトル オンブル」が登場。特別限定品の「レ キャトル オンブル」は、花、水、そして春の目覚めにインスピレーションを受けた自然の輝きを表現し、フェミニンなピンクからプラムの#356 オー フィル デ フルール(限定)と、揺れる水面を思わせるクリアでクールなブルーグレイとフレッシュなピーチカラーの#358 オー フィル ドゥ ロー(限定)での2種展開。儚げにうるむ透明感が魅力です。

今期の掲載の1番人気は、ダントツの人気でローズからピーチオレンジのモーヴな4色が揃う#354 ウォーム メモリーズ。マットとシアーの2つの質感が楽しめるのも人気ポイントです。

今期は、「Oggi」<今っぽい顔は『目元とチーク』で更新しよう!>では、主役の『明るめビタミンオレンジ×ブラウン』のアイパレットとして登場しHOW TOと共に紹介されている他、「MORE」<MOREモデルと人気10ブランドの春色ストーリー>等でもクローズアップ。

VoCE」<春コスメ トレンドランキング>の2位に春の新2種で登場し、「ViVi」<春先取り!! トレンドメイク10>での『この春イチオシ、くすみローズトーンメイク』や、中野明海さんと千吉良恵子さんがカラフルメイクの入門編のオレンジやピーチピンクとしてお薦めしている「BAILA」<春、このメイクがきます>、モーヴに注目の「sweet」<BEAUTY JOURNAL>等のトレンド情報に登場している他、ナチュラルでオーガニックな印象のサンドカラーに注目した村松朋広さんが紹介する「25ans」<春新色で手に入れる最新『お守り』メイク>や『きらめきのネオ・ベージュ』として紹介されている「VoCE」<春新色 超塗り比べ>、スモーキーさが今春っぽい赤みブラウンとして紹介の「MAQUIA」<注目カラーはオレンジ・赤みブラウン・パープル 人気20パレットで春の美女顔>、「ViVi」<春はピンクで恋をひきよせ♡うっかりモテメイク>、質感の異なる赤みブラウンでまとめたワントーンメイクで登場の浅見れいなさん連載「&ROSY」<35歳からは、キレイとお洒落と品格と。>等の春メイク紹介や「MAQUIA」Book in Book<All春新色パレットで作る、見たまま簡単アイレシピBOOK>や「with」<今どきアイパレット、つけると超可愛いんです!>等にも掲載に。

続く人気は、カメリアを象ったピンクからプラムの特別限定品#356 オー フィル デ フルール(限定)。岡野瑞恵さんが大人の女性ならではの愛らしさと大人っぽさを青みピンク系パレットで演出している「25ans」<春新色で手に入れる最新『お守り』メイク>、ヘアメイクのMICHIRUさんがモーヴ&ピンクトーンで上品フェミニンな装いを提案する「GLOW」<45才におすすめの3大カラーで洒落顔に 春顔メイクでイメチェン!>、清楚っぽいすみれ色として登場の「non・no」<春新色コスメでメイク対決>、高橋愛さんとヘアメイク木部明美さんがノーブルなライラックとしてHOW TOまで伝授する「SPRiNG」<お洒落な人が狙うべき春コスメはこれだ!>等の春メイク特集で紹介されている他、「MORE」<イエベ・ブルベ別 必ず似合う春コスメカタログ>や「Numero TOKYO」<have my eyes on 春美人になりましょう>、「&ROSY」<カラフルシャドウのメイクバランス>等にも登場しています。

CHANELの公式サイトはこちらから。

第7位 up
ルナソル

「シームレスマットリップス」

各3,800円(本体価格) ※価格は2020年3月現在のものです。

7位には、“DISCORD”をテーマとした春コレクションでデビューを飾ったルナソルのリップスティック「シームレスマットリップス」がランクイン。

マットでありながら、濃密な湿度感でしっとりとした心地良さを叶え、強くディープにみえるカラーの鮮やかさはそのままに、境界は曖昧に唇と一体化するようになじみ、指でぼかしたようなこなれ感を叶えてくれると、各誌でも人気。

今期の掲載の一番人気は、洗練を感じさせる、程よい赤みブラウン#EX02 Chestnut Brown(限定)。
春のルナソルを紹介している「MORE」<MOREモデルと人気10ブランドの春色ストーリー>や「美人百花」<溺愛ブランドの春の新作コスメジャーナル>で紹介されている他、「sweet」<2020年春のトレンド速報! BEAUTY JOURNAL SPECIAL>や「エル・ジャポン」<春のトレンドメイク図鑑>等での口紅のトレンドでも、注目のブラウンレッドとして紹介に。他にも「MAQUIA」の大特集<春リップに100倍ときめく方法>では、上唇を強調する塗り方をお薦めしている<唇の厚み&形別 春のトレンドリップ 塗り方・選び方>と、ドレスアップでの洒落見えリップとして紹介されている<シーン別 きちんと見えリップ VS 洒落見えリップ>に登場。「VoCE」<春新色 超塗り比べ>では、肌の透明感までアップするブラウンレッドとして、ヘアメイクアーティスト高松由佳さんに学ぶ「リンネル」<素肌までキレイに見える春色メイク>では、爽やかな目もとを際立たせる注目のブラウンリップとしてクローズアップ。「&ROSY」浅見れいなさんの連載<35歳からは、キレイとお洒落と品格と。>での赤みブラウンのワントーンメイクでも登場しています。

続く人気は、ヘルシーなマンダリンオレンジ#04 Mandarin Delight、クールで都会的なブラウン#08 Leather Beige。

洗練された大人のオレンジと注目される#04 Mandarin Delightは、ヘアメイクアーティスト千吉良恵子さんによる「&ROSY」<プレイフルリップの質感メイクバランス>では、唇の輪郭を曖昧にすることで今っぽいライトなリップメイクを叶えるソフトマットなオレンジとして、「VoCE」<内田理央 春にときめく! “だーりお” 3LOOKS>では目もとのグリーンと好相性のオレンジリップとして、「Marisol」<春の新色コスメ選び、アラフォーの”正解”!>では、大人洗練カジュアルにきくみかん色リップとして、「ViVi」<春先取り!! トレンドメイク10>では塗った人からあかぬける、くすみオレンジリップとして、メイクと共に紹介に。他にもpaku☆chanさんによる「美的」<〝唇色の濃さ別〟旬リップの攻略法、教えます!>や林由香里さんによる「BAILA」<私に似合う春めきリップ>、「mina」<春をいろどる新作コスメ>での『気になる新作リップ、とことん塗り比べ』等にも登場。「VoCE」<春コスメ トレンドランキング>では、モデルのわたなべ麻衣さんのベスト3にも選ばれています。

クールで都会的なブラウン#08 Leather Beigeは、「VoCE」では、<春コスメ トレンドランキング>の推しリップとしてヘアメイクの河嶋希さんが『どんなカラーメイクにも合う1本』とプッシュ、<春新色 超塗り比べ>では『素の唇までキレイに魅せる王道色』としてミルクティーベージュに参戦、「VoCE」<まゆこれ。>でもメイクに登場。

美的」<人気美容家 神崎 恵さんがお手本! 『本能のリップメイク』>では、女っぽさを盛り上げるあえての地味色ネイキッドベージュとして、「MAQUIA」<元の唇の色悩み別 美肌演出リップはこれです!>では濃密発色のブラウンとして、メイクと共に紹介に。

 

左から)
洗練された大人のオレンジ#04 Mandarin Delight
都会的なブラウン#08 Leather Beige
清楚で優しげな#09 Rustic Pink
モードなベリー#05 Wondering Berry

ルナソルの公式サイトはこちらから。

第8位 up
THREE

「ディメンショナルビジョンアイパレット」

各6,500円(本体価格) ※価格は2020年3月現在のものです。

THREEらしい特徴的な色と輝き、異なる質感の絶妙な4色が無数の仕上がりを叶え、その時々の気分やファッションに合わせて自在に楽しめる、THREEの「ディメンショナルビジョンアイパレット」が8位にランクイン。

“EMOTIONAL LANDSCAPES”をテーマとした春のコレクションから登場した新4色は、THREEのグローバル クリエイティブ ディレクターを務めるRIE OMOTOさんがインスピレーションを得たアイスランドの大自然の刻々と変化する景色や感情のグラデーションを、4つの色、異なる質感と輝きで表現しています。

今期の掲載の一番人気は、空に揺らめく光と影を描いた神秘的なオーロラリー・ブロンズパレット#07 HIDDEN PLACE。

CREA」<BEAUTY EDITOR’S BEST CREAビューティチームが選ぶ、今月のベストコスメ>では、『ブルーの絶妙な発色がさすが!』と、同時発売の「インディストラクティブルアイライナー」と共に、“MONTHELY AWARD”に選ばれ、『春の寒色で、脱・冬顔』をテーマとする「VoCE」<まゆこれ。>や「with」<ハデ色も、くすみ色も、グレーだって! 今どきアイパレット、つけると超可愛いんです!>、ヘアメイクアーティスト岡野瑞恵さんセレクトの「25ans」<春新色で手に入れる最新『お守り』メイク>等でモデルメイクに選ばれ、クローズアップされている他、#08 DEEP CONNECTIONと共に『春アイパレ、狙うならどのブランド?』の1位となっている「VoCE」<美のプロ注目の “旬”アイテム丸わかり! 春コスメ トレンドランキング>や春のTHREEを紹介する「MORE」<MOREモデルと人気10ブランドの春色ストーリー>、『“色でおしゃれ!”はアーティストブランドに頼ればいい』とRIE OMOTOさんと共に紹介の「Oggi」<『これ知ってると〝わかってるおしゃれ感〟出せます』NEWS!>等のブランドで春コスメを紹介する特集や、上段のブルーとオレンジが絶賛の「sweet」<2020年春のトレンド速報! BEAUTY JOURNAL SPECIAL>、『ブルベの目もと、4大トレンドCheck!』でネイチャーグリーンとして紹介の「MORE」<イエベ・ブルベ別 必ず似合う春コスメカタログ>、モデル高橋愛さんとヘアメイク木部明美さんの対談による「SPRiNG」<お洒落な人が狙うべき春コスメはこれだ!>等、パレットの色の魅力を紹介する旬のパレット特集にも登場。

続く人気は、開花するつぼみをイメージした淡いオレンジ×ピンク系のサンライト・ブルームパレット#06 REVEAL YOUR BEAUTY、静から動へと移り行くセンシュアルな機微を描いたパープル×ベージュ系のアイリス・モーヴパレット#08 DEEP CONNECTION。

春の日差しを思わせるイエロー系のサンライト・ブルームパレット#06 REVEAL YOUR BEAUTYは、「MAQUIA」<人気20パレットで春の美女顔>では“デイリー使いしやすいスマートなイエロー”として、「GLOW」<春顔メイクでイメチェン!>では華やぎをプラスするゴールド系として、「MORE」<イエベ・ブルベ別 必ず似合う春コスメカタログ>では、『イエベの目もと、4大トレンドCheck!』でソフトコッパーとしてクローズアップされている他、「VoCE」<好感度メイクの秘密 徹底解剖BOOK>や「Marisol」<春の新色コスメ選び、アラフォーの”正解”!>では、自然な立体感を生み出すブラウンに注目。「Oggi」<かっこいいお姉さん、メイクだけ止まってませんか?>でも、『秋っぽカラーも実は旬』として、混ぜたり重ねたりしてニュアンスを楽しむことができると紹介に。

ラベンダーをアクセントにセンシュアルメイクを叶えるパープル×ベージュ系のアイリス・モーヴパレット#08 DEEP CONNECTIONは、「美ST」<Beauty UPDATE>では淡くてちょっとくすんだ、まぶたにのせると透ける大人の『スミレ色&サクラ色』として紹介している他、「non・no」<春新色コスメでメイク対決>では、清楚っぽすみれ色のひとつとして掲載。「MAQUIA」Book in Book<All春新色パレットで作る、見たまま簡単アイレシピBOOK>ではまぶたに透明感やアクセントを添え、ナチュラルな大人のデカ目を叶える『NEO下まぶたEYE』としてHOW TOと共に掲載に。

 

左から)
春の日差しを思わせるイエロー×ブラウン系サンライト・ブルームパレット#06 REVEAL YOUR BEAUTY
今期の掲載の一番人気の空に揺らめく光と影を描いたブルー×オレンジブラウン系オーロラリー・ブロンズパレット#07 HIDDEN PLACE
センシュアルさを兼ね備えたラベンダー×ベージュのアイリス・モーヴパレット#08 DEEP CONNECTION

THREEの公式サイトはこちらから。

第9位 icon_topics_new
RMK

「RMK リップスティック コンフォート エアリーシャイン」

各3,500円(本体価格) ※価格は2020年3月現在のものです。

9位には、色や光を自在に操り、なりたい印象の“私色”を作り出すリップゲームを楽しむ、RMKの2020春夏コレクションからデビューした、グロッシーなツヤと潤いで唇を彩る新リップ「RMK リップスティック コンフォート エアリーシャイン」がランクイン。

リッチな潤いのヒアルロン酸とローズヒップオイルの美容液成分を配合し、つけた瞬間に唇の温度でとろけるようにオイルが弾け、なめらかに伸び広がりフィット。まるでグロスをそのまま固めたような厚みを感じさせるツヤが潤いと共に持続し、今季注目の濡れたようなグロッシーなツヤ感と繊細なパールのきらめきを叶えます。デビューラインナップは、重ね使いでニュアンスチェンジも楽しめる、透け感のあるブルー#06 スパークリングブルーとリッチなゴールドパールが煌めく#15 アーバンゴールドの2色を含む全15色。ほのかに甘いフィグの香りがリップゲームを盛り上げてくれます。

今期は、「mina」<春をいろどる新作コスメ>や「美人百花」<溺愛ブランドの春の新作コスメジャーナル>、「Seventeen」<エスティー♡キュン>の『CHECKするべき春コスメはコレ!』等では、リップが主役のRMKの春コレクションが紹介され、「sweet」<新作ビューティNEWS!>では、発表会風景も掲載に。

エル・ジャポン」<春のトレンドメイク図鑑>や「オトナミューズ」<春新色で『洒落顔』講座>での『春のビューティトレンド8』、神崎恵さんの連載「andGIRL」<何度でも恋される女になるための処方箋>等、春のトレンドを紹介する特集でも注目され、「MAQUIA」の大特集<トレンドも選び方もシーン別つけこなしもおまかせ 春リップに100倍ときめく方法>や「&ROSY」の大特集<大人のための プレイフルな春の新色メイク完全マスター>、paku☆chanさんによる「美的」<〝唇色の濃さ別〟旬リップの攻略法、教えます!>、「ViVi」<ViViが全部試したよー! 春リップNews!>、「non・no」<春メイクもやっぱり唇から始めたい! 絶対盛れる8色を厳選 選抜リップつけ比べ♡>、「オトナミューズ」<春新色で『洒落顔』講座>、アイテム別紹介の「MORE」<イエベ・ブルベ別 必ず似合う春コスメカタログ>、「美ST」<2020年を託す運命の『ピンクベージュリップ』は?>、「VoCE」<春新色 超塗り比べ>、「mina」<春をいろどる新作コスメ>での『気になる新作リップ、とことん塗り比べ』等のリップを中心とした春メイク特集でも高評価を得ています。

今期の掲載の人気色は、透け感のあるブルーに大粒のブルーパールが瞬くアクアニュアンスの#06 スパークリングブルーとゴールドパールとレッドパールによるコケティッシュな#01コットンベージュ。

ニュアンスチェンジも楽しめる、透明感のある空色#06 スパークリングブルーは、「VoCE」<色別メイクの参考書 in SPRING>ではヘアメイク林由香里さんが色よりも透明感に注目。「美的」<目元に、口元に、肌に。〝ひんやりカラー〟ひとさじで透明感が宿る!>では甘すぎないピュアさが評価。「Seventeen」<2020 ちゅーもく!! 春コスメNEWS>でも透明感推しで紹介に。

重ねることで瞬時に春顔にするニュアンスチェンジは、「美ST」<40代のワンパターンメークにベスコス×春新色の法則>やモデル高橋愛さんとヘアメイク木部明美さんによる「SPRiNG」<お洒落な人が狙うべき春コスメはこれだ!>で注目され、「ViVi」<ViViが全部試したよー! 春リップNews!>ではそのままでも重ねてもOKのカラフルバームとして、「Ray」<MY BESTモテ♡コスメ>ではブランドPR発のイチオシコスメとして掲載に。「JELLY」<JELLYモデルのセルフメイクに密着!>では、モデルもえきゅんさん注目の新作コスメにも選ばれています。

ゴールドパールとレッドパールによるコケティッシュな#01コットンベージュは、中野明海さんと千吉良恵子さんのトークによる「BAILA」<春、このメイクがきます>で、清潔なうるみ質感のヌーディなベージュピンクとしてカラーメイクとのベストバランスを提案。paku☆chanさんの「美的」<〝唇色の濃さ別〟旬リップの攻略法、教えます!>では、2色パールで遊び心があるコットンベージュとして紹介に。

続く人気は、「CanCam」<春の新作コスメでエモ顔メイク>や「SPRiNG」<お洒落な人が狙うべき春コスメはこれだ!>等でモデルメイクにも使用されている、ブルーパールが煌めくクラシカルでグレイッシュな#03ディープローズと、「Marisol」<樋場早紀の幸せ顔メイク>等でモデルメイクに使用されているフレッシュなジューシーオレンジ#08 デイタイムサンシャイン。そしてニュアンスチェンジでゴールドの輝きをもたらす「VoCE」<安達祐実がまとう 春の色っぽメイク>やキラめき特盛の「ar」<あふれんばかりに盛っちゃって! DAKUDAKU♡メイク>等で大活躍の#15 アーバンゴールド。「GINGER」<あざと可愛いメイク着回し>、「Popteen」<モデルの愛用冬映えリップ選手権2019→2020>での『2020年春のリップトレンド』等、幅広い年代の読者を持つ媒体に登場しています。

 

左から)
ゴールドパールとレッドパールによるコケティッシュな#01コットンベージュ
ブルーパールが煌めくグレイッシュでクラシカルな#03ディープローズ
今期一番人気の重ねるとニュアンスチェンジも楽しめる、透明感のある空色の#06 スパークリングブルー
ジューシーなオレンジで明るくフレッシュに仕がる#08 デイタイムサンシャイン
ベージュにレッドパールをブレンドした凛とした中にも温かみを感じさせる#13 アーバンベージュ
ニュアンスチェンジも楽しめる、ゴールドパールを贅沢に取り入れた洗練された華やかさの#15 アーバンゴールド

RMKの公式サイトはこちらから。

第10位 down
Celvoke

「ディグニファイド リップス」

各3,200円(本体価格) ※価格は2020年3月現在のものです。

天然由来成分をベースとした美容成分にこだわり、洗練モードを追求するCelvokeの人気の「ディグニファイド リップス」が10位にランクイン。

マット以上、ツヤ未満の絶妙な生っぽさを纏い、するすると伸びて、ピタッと密着。心地良い保湿感と美しい発色を叶える「ディグニファイド リップス」に、この春新たに加わったのは、春夏のメイクアップコレクションテーマ“For our preciousness”に思いを馳せ、宇宙をイメージした、多彩な光を放つニュアンスカラー。思わず目を奪われる、透明感のある鮮やかな新9色(限定4色)は、各誌でも注目されています。天然由来成分高配合のナチュラル処方により、縦ジワの目立たない、ふっくらと美しい唇を叶え、ディグニファイドオイルブレンドにより、さらに滑らかなつけ心地に。

今期は、ブランド別紹介の「mina」<春をいろどる新作コスメ>や「美人百花」<溺愛ブランドの春の新作コスメジャーナル>でCelvokeの春の新色が紹介され、「sweet」<新作ビューティNEWS!>ではモデルの野崎萌香さんが新作発表会をリポート。

“透けマットな赤”として# EX09 レッドソル(限定)が紹介されている「FIGARO japon」<chouchou BEAUTE 赤リップは『透け感』がキーワード!>や絶妙な透け感が好評な#33 ネーブルオレンジが紹介されている 「sweet」<2020年春のトレンド速報! BEAUTY JOURNAL SPECIAL>、春にあえてのくすみカラーで大人っぽさとワンランク上のおしゃれ感を手に入れる「Seventeen」<2020 ちゅーもく!! 春コスメNEWS>等のトレンド情報ページでも話題に。

sweet」<SWEET WEDDING 始まります!>では、おしゃれ感アップの青みのピンク#32 ミスティックパープルや肌なじみの良い華やかなレッド#EX09 レッドソル(限定)を使用したメイクを紹介。清楚で愛らしい花嫁の表情を新鮮に彩っています。

今期の掲載の一番人気は、#29 キャメル。
美的」<人気美容家 神崎 恵さんがお手本! 『本能のリップメイク』>では、攻めの『最旬イエロー』のイエローをくすませた黄土色として紹介に。透明感を残すように指でたたき込むと肌なじみよく浮かないとお薦め。「VoCE」<春新色 超塗り比べ>では、今季は豊富なニュアンスチェンジリップとの重ね使いの変化を紹介。
他にも「ViVi」<ViViが全部試したよー! 春リップNews!>での『こなれブラウン』では、モードなキャメル、「Seventeen」<2020 ちゅーもく!! 春コスメNEWS>ではワンランク上のおしゃれ感と大人っぽさを同時に叶える“くすみカラー”として、ヘアメイクアップアーティストの高松由佳さんによる「リンネル」<素肌までキレイに見える春色メイク>では、この春一番のおしゃれ色のYELLOWグループでメイクの鮮度が確実にアップするキャメルとして、「GISELe」<新調したい『理由があるコスメ』>では、ヘア&メイク岡田知子さんの推しルージュとして紹介に。

続く人気は、リップ大特集の「MAQUIA」<トレンドも選び方もシーン別つけこなしもおまかせ 春リップに100倍ときめく方法>での『元の唇の色悩み別 美肌演出リップはこれです!』等に登場している女性らしさを感じさせる、生っぽい朱赤の#30 ヴァーミリオンと、「MAQUIA」<トレンドも選び方もシーン別つけこなしもおまかせ 春リップに100倍ときめく方法>での『こじはるがナビ! 百花繚乱春リップトレンドニュース8』にNEWトレンドのひとつとして注目される、肌の色を引き立てる洗練された知的なベージュとしてクローズアップされている#EX10 ムーンベージュ(限定)。

今回は他にも、「SPRiNG」<ハンサム美女のきれいのヒミツ NOW & NEXT>では、女優の本田翼さんが、“ハンサムなファッションとカラフルメイク”の好相性として注目している‟セルヴォークの派手色コスメ”のひとつとしてフレッシュなオレンジ#30 ヴァーミリオンもセレクト、「Seventeen」<大友花恋&横田真悠 かれまゆ ハタチの 202020 BOOK!!>では、大友花恋さんの『ハマりコスメなう』に#09 テラコッタが選ばれ、「JELLY」<JELLYモデルのセルフメイクに密着!>では、松本愛さんの愛用アイテムとしてぱきっとしたオレンジ#30 ヴァーミリオンを紹介に。

 

左から)
今期の一番人気の#29 キャメル
#30 ヴァーミリオン
#32 ミスティックパープル
#EX10 ムーンベージュ(限定)
#EX09 レッドソル(限定)

Celvokeの公式サイトはこちらから。