5月25日に全国で緊急事態宣言が解除され、ソーシャルディスタンスを保ちながらも新型コロナウイルスとの新たな接し方が模索されています。コロナにより変革を迫られ、ライフスタイルや働き方、学び方への半ば強制的に始まった変革をこれからどう進めるのかが大きな課題です。

ビューティの世界でも、新商品の発表会がオンラインで行われる等、新たな試みも始まっています。
感染の心配もなく移動時間もなく便利な反面、リアルな雑談の楽しさやその時々に感じる気づきの機会が少なくなってしまうのは少々残念ではありますが…。これからの更なる進化に期待しつつ、私たちも真摯に、楽しみながら課題に取り組んでいきたいと思っています。これからもどうぞよろしくお願いします。

美的」「MAQUIA」「VoCE」の美容3誌をはじめ、夏の新色特集が各誌で掲載となり、いつものメイクに、遊び心を取り入れたくなる今期。
注目されているのは、進化した肌なじみのいい煌めきと、透け感のある濡れマット質感。変わらぬ人気の赤みブラウンやヘルシーオレンジ等の夏に人気のビビッドカラーに加え、今季はピュアでシャープな涼感のアイシーカラーもトレンドカラーに仲間入り。目もとに、口もとに、フェイス全体にとそれぞれに、思うままに自在に楽しめるアイテムが揃っています。

今期のランキングでも、1位には、この夏新たに新質感“スチーミーマット”な新色が加わったコスメデコルテ「アイグロウ ジェム」、2位には、大人も楽しめる煌めきが魅力のローラ メルシエの春デビューの「キャビアスティック アイカラー」、3位には鮮やかでエネルギッシュなカラーが魅力のアディクションの夏の限定単色アイシャドウ「ザ アイシャドウ L」、4位には、夏限定パッケージで登場したアイシーカラーの4色パレットが注目されるSUQQUの「デザイニング カラー アイズ」、5位には、透明感のある鮮やかな春色を中心に上品な輝きを楽しむCHANEL「ルージュ ココ フラッシュ」、6位 には、夏の3色が加わったCelvokeの人気フェイスカラー「インフィニトリー カラー」、8位には、メタリックな輝きとなめらかなつけ心地が魅力のNARSの春限定単色アイカラー「パワークローム ルースアイピグメント」、9位には、まばゆい輝きと愛らしくセンシュアルな色でふっくらボリューミィな唇を叶えるジルスチュアートの新リキッドルージュ「ルージュ クリスタル カラット」、10位には春に誕生したSUQQU初のマットリップ「バイブラント リッチ リップスティック」…と、7位のランコム「クラリフィック デュアル エッセンス ローション」以外はすべてが、夏のトレンドメイクに欠かせないポイントアイテムが揃っています。

忘れてはいけないのは、透明感。希少なブナの芽エキスで酵素の働きをサポートするランコムの進化系化粧水「クラリフィック デュアル エッセンス ローション」が目指しているのは透明美肌ですが、メイクでも透け感やラメやパールの輝きによる透明感の演出は欠かせないトレンドになっています、共に大切にしているのは、“もともと個々に持っている美しさ”。さまざまなアプローチで引き出してくれます。
まだまだ不安もいっぱいな日常ですが、こんな時だからこそ、いつものメイクに夏らしいアイテムを加えることで、気づいていなかった新たな魅力を発見してみませんか?周りを元気にするためにも、まず自分自身が元気であることが大切。みんなで頑張りましょう。

コロナ発生後の世界が目指すのは、今ある自分たちだけでなく、地球や世界を意識したサステナブルな社会。今期の「BAILA」<サステナブル入門BOOK>でも、先駆けてサステナブルに取り組んでいるブランドやSDGsに繋がるビューティアイテムが紹介に。「BAILA」でも紹介されていたように、サステナブルな暮らしを始めるには、自分自身が持続可能であることも大切。無理にストイックに行うのではなく、楽しくポジティブに、長く続けることからはじめましょう。

1 コスメデコルテ

アイグロウ ジェム

2 ローラ メルシエ

キャビアスティック アイカラー

3 アディクション

ザ アイシャドウ L

4 SUQQU

デザイニング カラー アイズ

5 CHANEL

ルージュ ココ フラッシュ

6 Celvoke

インフィニトリー カラー

7 ランコム

クラリフィック デュアル エッセンス ローション

8 NARS

パワークローム ルースアイピグメント

9 ジルスチュアート

ルージュ クリスタル カラット

10 SUQQU

バイブラント リッチ リップスティック

11 ラ ロッシュ ポゼ

UVイデア XL プロテクショントーンアップ ローズ

20 ルナソル

ネイルポリッシュ

12 RMK

RMK スプラッシュカラーアイズ

21 CHANEL

ヴェルニ ロング トゥニュ

13 Amplitude

コンスピキュアス リップグロス

22 ルナソル

フラッシュクリエイター

14 ランコム

ラプソリュ マドモワゼルバーム

23 ルナソル

ジェルオイルリップス

15 エルメス

ルージュ エルメス ルージュ ア レーヴル サティネ

24 RMK

RMK ネイルポリッシュ

16 ルナソル

アイカラーレーション

25 Celvoke

エンスロール グロス

17 SUQQU

ヌード ウェア リクイド EX

26 B.A

B.A ライト セレクター

18 FAIRLUCENT

薬用デイクリーム ホワイト

27 Amplitude

コンスピキュアス リキッドアイズ

19 ディオール

ディオールスキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー

28 RMK

RMK スプラッシュカラーブラッシュ

20 SUQQU

シマー リクイド ブラッシュ

29 SHISEIDOメイクアップ

シマージェルグロス

2020年5月号トータルランキングの調査媒体は…2020年4月1日から2020年4月30日までに発売された調査媒体79誌延べ92冊。詳しい調査媒体はこちらを参照してください。

第1位 up
コスメデコルテ

「アイグロウ ジェム」

2,700円(本体価格) ※価格は2020年6月現在のものです。

1位に急上昇ランクインしてきたのは、この夏に誕生した、ほのかに湿度を感じさせるスチーミーマットな新質感が各誌でも評判のコスメデコルテの人気単色アイカラー「アイグロウ ジェム」。

コスメデコルテ「アイグロウ ジェム」(本体価格2,700円 2020年6月26日現在)
新質感の“スチーミーマット”の4色。
左上から)レディッシュベージュ#BE302、ハイライトカラーにも最適なヌーディベージュ#BE30、
左下から)繊細な色味を感じさせるピンクベージュ#BE802、花びらのような明るく華やかなピンク#PK801

指先でひと塗りするだけで、濡れたようなみずみずしい艶と輝きが自然な陰影を創り、単色でも美しい目もとを叶える「アイグロウ ジェム」に、この夏新たに仲間入りしたのは、マットでありながら透明感を感じさせる、湿度を含んだ“スチーミーマット”な新質感。人気の“濡れたような艶”から、光を含んだ湿度を感じる“スチーミーマット”まで、異なる質感と色を自在に楽しめる、より多彩なラインナップになっています。

新質感の“スチーミーマット”な新色は全11色(うち限定2色)。スキンフィットオイル等の共通配合により、まぶたにピタッとフィットし、時間が経ってもつけたての発色が長時間持続する「アイグロウ ジェム」の嬉しい特徴はそのままに。メイク時間を楽しませてくれるフルーティグリーンフローラルの香りも共通。指先でまぶた中央から全体になじませることで透け感のある美しいグラデーションを単色でも描くことができ、既存色と共に使用することで目もとの立体感を際立たせます。

新質感の“スチーミーマット”を叶えるために、パールの配合を控えた数種のパウダー使用や、光を乱反射させる膜の開発のために、ベースの油剤を増量する等、透明感のあるマット質感を目指したオリジナルの新処方が開発されています。今期の「婦人画報」や「Marisol」等でもわかりやすく紹介されています。

“スチーミーマット”な新9色は、色褪せたようなラスティックなオレンジブラウン#BR300やシックなトープブラウン#BR304等のディープカラー3色に、ほんのり色味を感じさせるレディッシュベージュ#BE302から色気と上品さを兼ね備えたスキントーンレッド#RD400や鮮やかなフューシャピンク#PK800繊細なピンクベージュ#BE802等を揃えるミディアムカラー5色、血色感を感じさせるヌーディベージュ#BE303のハイライトカラー1色がデビューラインナップ。更にリミテッドカラーとして、今季のトレンドと注目される、フレッシュなエネルギーを感じさせるオレンジ#OR200とクリアで深みのある大人のブルー#BL900も加わり、各誌の夏メイクでも大活躍。開放的な夏色は、湿度を感じさせるスチーミーマットな仕上がりで上品な深みをプラス、表情までも明るくするオシャレな新色と注目されています。
**ごめんなさい、この夏注目のオレンジ#OR200とブルー#BL900は共に限定色のため、既にSOLD OUTのお店も多くなっています。見つけられたらかなりの幸運!すぐに手に入れるのがお薦めです。

今期は、「美的」<夏新色BOOK Summer Color Festival☆2020>「MAQUIA」<夏新色 BOOK 2020>、「VoCE」<2020夏 新色BOOK>での恒例の夏の新色特集で紹介されている他、「婦人画報」<Windows for BEAUTY>、「Marisol」<今月の”うぬ惚れ”美容!>、「CREA」<BEAUTY EDITOR’S BEST>等でも、“湿度を感じさせるマット”な新処方がクローズアップされ、「MAQUIA」<美女子ネタ>、「anan」<Beauty news Weekly Must Buy!>等の情報ページや「美ST」<40代が使えて映える サマーコスメな夏物語>、「ar」<ひなことほのかが本気で語るよ! 美容賢者の気になるものぜ~~~~んぶ♡>や「up PLUS」<夏新色を制覇してカワイイをひとり占め♡>、「Numero TOKYO」<fun in the sun 楽しくなくちゃ、夏じゃない!>等でも紹介に。

夏メイクでは、今期「VoCE」の表紙を飾っている川口春奈さんの目もとを彩る#RD400をはじめ、『いまっぽさが光る大人のベージュ』を提案する「&ROSY」<浅見れいな連載 35歳からは、キレイとお洒落と品格と。>では『ツヤ控えめなメイク』に#BE302を使用。「美的」<Starring 宇垣美里 〝ほの色〟メイクで上げていく⤴1week>では、仕事モードにシャキと切り替える月曜メイクの『低温ピンク』に#PK801が登場しています。いずれも華やかさにマットな湿感が加わることで、今どきの上品な美しい目もとを完成させます。

今期の掲載の一番人気は、トレンドのひとつと注目されるオレンジ#OR200(限定)。「MAQUIA」<38歳。今がいちばんキレイ! The 安達祐実ビューティ>の『Yumi’s夏メイク』では、夏を思わせるポジティブオレンジとして登場、「VoCE」では<今、気になるイチオシを発表! 美女たちの夏メイクプラン>では『輝きが主張しないセミマットが気分。』とテラコッタメイクに、<夏に使いたい2大質感でつくる顔対決! 『マット派 VS キラキラ派』の夏メイク>では可憐な青みピンクPK801との暖色マットの2色使いで、『プレイフルな目元』を演出。ヘアメイクアップアーティストの中山友恵さんセレクトの「VoCE」<この夏絶対欲しい! LOOKSコスメ&実用コスメ 最強の”限定夏コス”発表!>や「MAQUIA」Book in Book<神崎 恵が選ぶ 100名品>でも紹介に。

続く人気は#BE302。ベージュをクローズアップしている「GISELe」<無難を生かしてキャッチーに ベージュでいいより『ベージュがいい』>等のように、品の良さに一歩先の洗練と洒落感をプラス。「&ROSY」<浅見れいな連載 35歳からは、キレイとお洒落と品格と。>等で掲載に。

コスメデコルテの公式サイトへはこちらから。

第2位 up
ローラ メルシエ

「キャビアスティック アイカラー」

各3,000円(本体価格) ※価格は2020年6月現在のものです。

よれやすい目もとになめらかに伸び、ぴたりとなじむ。上品な煌めきのプロの仕上がりを叶える、ローラ メルシエのスティックタイプアイカラー「キャビアスティック アイカラー」が、春夏の新色と共に2位に急上昇ランクイン。

ローラ メルシエ「キャビアスティック アイカラー」(本体価格3,000円 2020年6月26日現在)
左から)今期人気の春の限定色ライトイエロー#2013、夏の限定色テラコッタオレンジ#2016、
夏の限定色煌めきのイエローゴールド#2015、春新色の赤みのソフトブラウン#39、春の限定色のターコイズ#2011

クリーミィなテクスチャーでなめらかに伸び、絶妙なタイミングでぴたりと定着するため、スマッジ、ブレンド、ライン等のアイメイクを誰でも簡単に叶えることができると人気の「キャビアスティック アイカラー」に、この春新たに加わったのは、プレイフルな12色(限定6色)。ヌードからディープ、メタリックからマットまでの大胆で遊び心あふれるカラーバリエーションが加わることで、多彩な表現の幅が広がり、よりアーティスティックに楽しめるように進化。薄く伸ばせばシアーに、重ねれば濃密な発色となり、重ねる順番でも変化する色味や質感を楽しむことができます。さらに夏限定でメタリックなアースカラーの3色が登場。灼熱の太陽に映える限定色として、早くも各誌の夏メイクで注目されています。

今期は、「美的」<夏新色BOOK Summer Color Festival☆2020>、「MAQUIA」<夏新色 BOOK 2020>、「VoCE」<2020夏 新色BOOK>での恒例の夏の新色特集を皮切りに、「美ST」<40代が使えて映える サマーコスメな夏物語>、「大人のおしゃれ手帖」<たるまない肌をめざす 大人の美容手帖>、「mini」<新作コスメラッシュ!!>、「up PLUS」<夏新色を制覇してカワイイをひとり占め♡>等でも掲載に。「VoCE」<夏に使いたい2大質感でつくる顔対決! 『マット派 VS キラキラ派』の夏メイク>、「FIGARO japon」<夏コスメ、キレイを叶える28の願い。>等のトレンドを紹介する夏コスメ特集でも紹介に。

今期の掲載の人気色は、春の限定色のライトイエロー#2013と春新色の赤みを感じさせるソフトブラウン#39。

ライトイエロー#2013は、『疲れや倦怠を忘れさせてくれる幸せ色』とイエローをクローズアップしている「美的」<田中みな実のColor me Happy>でも大活躍。繊細パール入りライトイエロー#2013を下まぶたのキワに入れることで白目がクリアに見えると紹介に。メタリックな質感のソフトブラウン#39は、今季注目のキラキラグリッターの大人な選び方と使い方を伝授する「with」<AAA宇野実彩子さん×ヘアメイク paku☆chan 25歳からの『可愛い<キレイ』メイク>に登場。

続く人気は、春の新色レッド系テラコッタブラウン#41と夏の限定色テラコッタオレンジ#2016。テラコッタ人気は留まるところを知らず、赤みやオレンジ等プラスカラーで使い方も広がり、夏のインパクトのある目もとを完成させます。

テラコッタブラウン#41は、「VoCE」<浜辺美波 私がやりたい 夏ビューティ>の『ヘルシーなテラコッタメイクに挑戦!』に登場。ホワイトパール#37でベースをつくり、上から丸みを感じさせるライン使い、全体をワントーンにすることで『ちょっと日焼けしちゃった風なテラコッタメイク』に。

テラコッタオレンジ#2016は、「MAQUIA」<38歳。今がいちばんキレイ! The 安達祐実ビューティ>の『Yumi’s夏メイク』ではきらめきサンドカラーとして目尻にひとさしライン使い。「up PLUS」<夏新色を制覇してカワイイをひとり占め♡>では、春の限定プラムブラウン#2008と共に太陽に映えるアイメイクで、トレンドサマーメイクを提案。「VoCE」<この夏絶対欲しい! LOOKSコスメ&実用コスメ 最強の”限定夏コス”発表>の<HM指名★絶対使える夏コスメ>では、paku☆chanさんが『色っぽい赤みカラーと品のあるメタリックの組み合わせで、オシャレ感とこなれ感が。』とお薦めに。

ローラ メルシエの公式サイトへはこちらから。

第3位 up
アディクション

「ザ アイシャドウ L」

各2,000円(本体価格) ※価格は2020年5月現在のものです。

3位には、アディクションの人気単色アイシャドウ「ザ アイシャドウ L」がランクイン。

ザ アイシャドウ L」は、今年11年目を迎え、新クリエイティブディレクターKANAKOさんと共に新たにスタートした今春のコレクションにデビュー。春コレクションではインドのフェスティバルにインスパイアされた “HOLI COLOR”をテーマに、鮮やかでエネルギッシュな、遊び心あふれるカラーを発表。続く夏コレクションでは“KALLARA DAZZLE”をテーマに、インド南西海岸地方カララ州の寺院で発見された秘宝をクローズアップ。眩く神秘的な財宝の輝きと、自然の放つ美しい色彩から生まれたメタリック、パール、マット、クリームの4種の質感の夏限定18色が発表に。

KANAKOさんの就任メッセージ『Embrace Change, and Love Yourself.』に込められた、まず自分が自分自身の虜となれるように、変化を恐れず自分を楽しんでほしいと願う気持ちが伝わってくる、チャレンジしたくなるカラーリングが勢揃い。いずれも限定色での発売ですので、既にSOLD OUTなものも…、チェックはお早めに。

**春・夏のアディクションのコレクションのTOPICSでのご紹介はこちらから
<アディクションの新クリエイティブディレクターKANAKOさんのデビューとなる“Spring 2020 Collection”が登場!…>へはこちらから。
<アディクションSummer 2020 Collectionのテーマは、インドの寺院で発見された秘宝の輝きと大自然の持つ神秘的な彩にインスパイアされた“KALLARA DAZZLE”。>へはこちらから。

今期は、「美的」<夏新色BOOK Summer Color Festival☆2020>「MAQUIA」<夏新色 BOOK 2020>、「VoCE」<2020夏 新色BOOK>等の恒例ブランド別新色紹介を皮切りに、「Numero TOKYO」<out and about 太陽に生かされる色>、サマーコレクションに注目した「sweet」<BEAUTY JOURNAL>、「BAILA」<ブライトカラーが呼んでいる 夏新色メイク図鑑>、「up PLUS」<夏新色を制覇してカワイイをひとり占め♡>等の新色特集と「婦人画報」「andGIRL」等のコスメカレンダー等で新色情報が掲載に。他にも「MAQUIA」<人気アーティストが厳選、使える夏新色だけ! この夏コスメ来ちゃうかもね予測>では『この夏のキラ☆シャドウ』で繊細ラメ入りペールピンク# 161 Gleamy Pond、「ViVi」<予算別! 絶対可愛くなれる夏コスメ>の『まりあ・星夏・ニコルの私たち、コレが推し夏コスメ』ではグリーンゴールド# 165 Sacred Grove、「ar」<ひなことほのかが本気で語るよ! 美容賢者の気になるものぜ~~~~んぶ♡>では、ゴージャスなラメのレッドピンク# 162 Red Bride、「InRed」<日焼けチークでヘルシー顔 寒色シャドウで涼しげ顔>では、マッドでシックな深いグリーン# 170 Smoky Emeraldがお薦めカラーとして紹介されています。

今期の掲載の1番人気は、秘宝をイメージしたシャンパンベージュ#164 Vimana。「GISELe」<無難を生かしてキャッチーに ベージュでいいより『ベージュがいい』>では、濡れ感のあるメタリックな輝きのベージュを肌に溶け込ませ、ラメの煌めきを活かした上品な女っぽさをまぶたから表現。「VoCE」<話題沸騰! 夏コスメ>での、モデルの滝沢カレンさんの『脱マンネリ 今っぽブラウンメイク』では、艶めきのグリーン#171 Sacred Pondをアクセントに煌めきのキレイなブラウン#164 Vimanaをセレクトすることで夏仕様にアップデート。「MAQUIA」<キラキラもカラーもツヤ肌も、思いのまま楽しもう 大人のためのSummer Makeup!>では、ベージュと煌めきの可能性を紹介。『華やぎを宿す、夏フロスティ。』としてシャンパンカラーに注目の「VOGUE JAPAN」<Beauty Insider 美容ジャーナリストのトレンドレポート。>では、神秘的でセンシュアルなヌードカラーとして紹介に。

続く人気は、「美的」<難しく考えなくて大丈夫! 4大アーティストの個人的推し〝今っぽ眉〟>でもヘアメイクアップアーティスト吉川康雄さんが眉メイクの仕上げに取り入れ、クローズアップされている春限定の繊細なパール入り鮮やかなピンク#153 Pure Ruby。

今期は雑誌でも「bis」と「sweet」ではピンクを大特集。PINK POWERを大特集の「bis」では、<いちばんちょうどいいピンク 19% PINK MOOD>で、ペールピンク#161 Gleamy Pondに赤みの大人ブラウン#168 Lateriteとメタリックなレッドピンク#162 Red Brideを重ねるピンクシャドーのWライン使いで大きな瞳を演出。WE♡PINKを大特集の「sweet」の<ミーハー編集Sがハント♡ 世にも愛しいPINKたち!>では、見目麗しいピンクのビューティアイテムとして、ルビーの輝きを思わせるレッドピンク#162 Red Brideが掲載に。ピンクでも楽しみ方は自由自在です。

アディクションの公式サイトへはこちらから。

第4位 up
SUQQU

「デザイニング カラー アイズ」

6,800円(本体価格 ※価格は2020年5月現在のものです。

なめらかな質感と純発色で大人の目もとを艶やかに彩るSUQQUを代表する4色アイシャドウパレット「デザイニング カラー アイズ」が4位にランクイン。

SUQQU「デザイニング カラー アイズ」(本体価格6,800円 2020年6月26日現在)
左から)夏限定#132 凍夏TOUKA、爽やかに立体感を演出する#08 光焦HIKARIKOGARE

“FROZEN SUMMER”をテーマに、夏を一瞬で凍らせたようなアイシーカラーで清涼な美しさを提案するこの夏のSUQQUは、アイシーな白を基調に、ブルーの偏光パールを加えた特別なデザインの限定パッケージを全アイテムで採用。この夏限定1種で発表された「デザイニング カラー アイズ」#132凍夏 TOUKAも清涼な4色を包み込む限定パッケージで、見た目から涼しげに登場。

ベースにもハイライトにも使えるアイシーなホワイトと透明感のあるフローズンブルーに、肌なじみのいい旬のサマーコーラルと引き締めカラーとしても使える煌めきのシマーブラウンの4色がセットされ、暑い夏に凛とした涼しげな美しい旬メイクを叶える限定パレットとして注目されています。

今期は、“涼感美人にブラッシュアップ”とクローズアップされている「MAQUIA」<夏新色 BOOK 2020>をはじめ、「美的」<夏新色BOOK Summer Color Festival☆2020>、「VoCE」<2020夏 新色BOOK>の恒例美容3誌のブランド別新色特集や「BAILA」<夏新色メイク図鑑>等で掲載の他、「CLASSY.」<〝涼しげキレイ〟なメークはSUQQUで叶う>、「non・no」<新木優子のPLAYFUL COLOR MAKEUP>、「美ST」<40代が使えて映える サマーコスメな夏物語>では、夏コレクションがクローズアップ。女優安達祐実さんが表紙を飾る「MAQUIA」の<COVER LOOK>でも透明感と涼やかさを叶えるアイシーメイクとして登場。

他にも「ViVi」<ヘアメイク北原果さんの このみ的 イマドキ透明感メイク>や「ar」<ひなことほのかが本気で語るよ! 美容賢者の気になるものぜ~~~~んぶ♡>での『NEWコスメでつくる春のLOVE顔』、「sweet」<中野明海の妄想 Juicy Fruit MAKE-UP>、「non・no」<今なりたい 『色素薄い系顔』に全集中!>、「InRed」<日焼けチークでヘルシー顔 寒色シャドウで涼しげ顔>、「&ROSY」<洒落見え美人の夏メイク>の『サマービューティトレンド4』でのパステルとはひと味違うアイシーカラーの『Summer Breeze』、「ar」<鏡見た瞬間自分アゲ! だ~りおの今日可愛いTIPS>、「MORE」<『美人見えカラー』で、ひと足お先に旬フェイス だーりおと水着と、夏新色と。>等、夏メイク特集や各誌のコスメカレンダーでも掲載に。

今期の2番人気は、注目のオシャレ感をアップしてくれるイエローを含む、フレッシュな和の色調を楽しむことができる春新色#15 橙結 DAIDAIMUSUBI。今期は、肌が透けるシアーなファッションに合うニュアンスカラーとしてセレクされている「BAILA」<河北裕介×百々千晴 服とメイクのBEST ANSWER>、フレッシュなオレンジをメインに色を遊んだ「VoCE」<VOCEST!美活日記>や、若者に流行中の色素薄い系メイクの大人版にチャレンジした「VoCE」<まゆこれ。>等にも登場。「美ST」<保存版 40代50代の〝若返り〟大事典 300問300答>の<20代メークさん〝今〟の一択!>で、春トレンドのオレンジで華やかで印象的な目もとに仕上げる大人のアイカラーとしてお薦めしているのはヘアメイクの吉村純さん。「MAQUIA」<神崎 恵が選ぶ 100名品>の『メイクアップは美肌見せorおしゃれ見せ以外いらない‼』では、大胆配色で鮮やかなおしゃれ見せアイテムとして紹介に。

SUQQUの公式サイトへはこちらから。

第5位 down

鮮やかでシアーな発色と輝きのツヤ感で上品な美しさと今どきのモード感を叶えるCHANELの人気リップ「ルージュ ココ フラッシュ」が5位にランクイン。

ひと塗りでとろけるように伸び広がり、透明感のある程よい発色で上品に煌めき、ひとりひとりの女性を美しく魅せる「ルージュ ココ フラッシュ」は、CHANELのクリエイティブ メイクアップ&カラーデザイナーのルチア ピカ氏ならではの上品で個性的なカラーラインナップが楽しめる、春夏の新12色(限定2色)を加えた全34色。
ホホバやミモザ、ヒマワリ等のオイル等の美容成分を絶妙なバランスで配合することで、長時間の潤いと、鮮やかでシアーな発色を叶え、ひと塗り加えるだけで、おしゃれ印象までもワンランクアップできると今期も夏メイク特集で注目されています。

今期は、「non・no」<ひとつずつ、大切に揃えたい。佐々木美玲が出会う20歳のCHANEL>や「with」<27歳、CHANELをもうひとつ。>でCHANELのコスメティクスをクローズアップ。いつものメイクにCHANEL を1アイテム加えることで、いつもとは異なる特別な自分の可能性に気づかせてくれるCHANELの魅力を紹介に。
ルージュ ココ フラッシュ」を中心に紹介している「non・no」では、今期の掲載一番人気色のブラウンローズ#144を、ゴールドアクセサリーと組み合わせ、旬のブラウンニュアンスをエレガンスに演出している他、続く人気の程よい青みの可憐なピンク#138はシンプルなワンピースとの組み合わせで洗練されたフェミニティを演出等、着こなしまでを格上げしてくれるリップとして紹介に。大人にふさわしい輝きやしなやかな強さを手に入れるために、ビューティワードロープにCHANELを加える提案の「with」では、毎日をもっとときめかせる、ちいさなたからものの『笑顔に映える、ほの透けルージュ』としてレッドブラウン#152が掲載に。

ブランドごとの夏の新色を紹介する「美的」<夏新色BOOK Summer Color Festival☆2020>では春からの新色として「ルージュ ココ フラッシュ」も登場していますが、煌めきをテーマとした夏コレクションにも、5色アイシャドウパレット「レ ベージュ パレット ルガール」やシアーなリップクリーム「レ ベージュ ボーム ア レーヴル」等の新色が発表されているため、今期の新色紹介ではこちらがメインに。

1番人気の赤みのブラウン#144は、他にも「GINGER」<今、これが気になる! HEAD LINE>や「anan」<anan美容部員がお試し! 今週のマストバイ。>等で紹介され、より赤みが強いレッドブラウン#152は、ヘアメイク菊地美香子さんとスタイリスト白幡啓さんの提案する「&ROSY」<メイクとコーデの素敵バランス>でデニムとのコーディネイト等に登場。
甘くなりすぎないアイシーピンクとして注目される涼やかな青みピンクは、ヘアメイク笹本恭平さんセレクトの「VoCE」<ひと塗りで”今の顔”になれる 狙うべき夏リップを塗り比べ>ではブロッサムピンク#138が、「ar」<美容賢者の気になるものぜ~~~~んぶ♡>の『ひなのレディな誘惑顔』では、透け感のある主役の青みピンクとしてラズベリーピンク#122がメイクに登場。

今期は『メークを見直すなら手っ取り早くLIPでアップデート』を提案する「STORY」<40代・ビューティ迷子は新作コスメに頼りなさい>では、好感度の高いコーラルレッド#114が肌になじむ高発色LIPとして紹介に。

CHANELの公式サイトへはこちらから。

第6位 up
Celvoke

「インフィニトリー カラー」

各3,200円(本体価格) ※価格は2020年6月現在のものです。

6位には、目もと、頬、唇等のどんなパーツでも色と光で美しくコントゥア、自在に印象を操るCelvokeの人気フェイスカラー「インフィニトリー カラー」がランクイン。

Celvoke「インフィニトリー カラー」(本体価格3,200円 2020年6月26日現在)
左上から)夏の新色テラコッタブラウン#18 メープル、夏の限定色鮮やかな夏のグリーン#EX12 ペパーミント、
夏の限定色透け感のあるオレンジ#EX13 カーネリアン
左下から)温かみのある優しい万能ピンク#13 ダスティピンク、春の限定のスモーキーなグレー#EX10 ステラグレイ

伸び広がりピタッと密着し、艶やかな質感を肌にナチュラルに溶け込ませ、色と光をマルチに楽しむことができる「インフィニトリー カラー」に、新たに加わった夏の新色を中心に、洗練モードな夏メイクを彩ります。2020SUMMERメイクアップコレクションでリリースされたのは、自由を求めるヒッピースピリッツと大自然の情熱を感じさせる新3色(限定2色)。骨格を際立たせるテラコッタブラウン#18 メープルに、夏のトレンドと注目される透け感のあるレッド系オレンジ#EX13 カーネリアン(限定)と鮮やかな夏のグリーン#EX12 ペパーミント(限定)。いずれも各誌の夏メイク特集に欠かせない存在になっています。

今期は、「MAQUIA」<夏新色 BOOK 2020>をはじめ、「美的」<夏新色BOOK Summer Color Festival☆2020>、「VoCE」<2020夏 新色BOOK>の美容3誌の恒例のブランド別新色特集をはじめ、「up PLUS」<夏新色を制覇してカワイイをひとり占め♡>や「美ST」「mina」「andGIRL」等のコスメカレンダーでは、夏コレクションとして掲載に。

今期の掲載の一番人気は、骨格を際立たせ、ナチュラルに立体感をもたらすことができる、夏の新色ヌーディブラウン#18 メープル。ミモザの似合うチアフルな花嫁のナチュラルで上品なヘルシーメイクの目もとを彩る「sweet」<SWEET WEDDINGで最高に可愛い花嫁になる>や、モデルの加治ひとみさんが島のビーチで楽しむテラコッタメイクとして頬を彩る「MAQUIA」<人気モデルがシーンに合わせてセレクト この夏は、こんなメイクで出かけたい!>等でメイクに使用されている他、「FIGARO japon」<chouchou BEAUTE ヘルシー肌に宿る、大地のエネルギー。>では今年のヴァカンス肌に欠かせないウォームカラーとして、「MAQUIA」<神崎 恵が選ぶ 100名品>の『絶対買って損なしコスメ』では日差しに映えて透明感たっぷりなサニーカラーとして、「エル・ジャポン」<お仕事メイクを格上げする“5種の神器>では、『溶け込み感』がポイントのこなれた目もとを演出するアイシャドウとして登場。透明感のあるこなれた抜け感と繊細な輝きのテラコッタブラウンが、今っぽさを演出してくれると、各誌でも評判です。

続く人気は、涼やかさと透明感を兼ね備えた夏の限定色のミントグリーンEX12 ペパーミント。今期は夏の新色チェックがお題の「25ans」<Beauty Times>や「美ST」<Beauty UPDATE>で話題の『ひとさじグリーン』で話題になっている他、「&ROSY」<ヘアメイク 菊地美香子さん×スタイリスト 白幡啓さんが提案 メイクとコーデの素敵バランス>では、目もとの透明感と立体感をアップする寒色グリーンのハイライト使いでデニムにトレンド感をプラス、「MAQUIA」<大人のためのSummer Makeup!>では、目尻にミニマムに効かせて軽やかな抜け感を加えています。他にも

CanCam」<安達祐実、38歳。『かわいい』が続く、美の秘密>、「&ROSY」<ファッションディレクターに聞く 洒落目線で選ぶ夏コスメ>等でも掲載に。シアーな発色のグリーンをポイント使いするだけで目もとの透明感をアップすることができると高評価。自在に楽しめるのも嬉しいポイントです。

Celvokeの公式サイトへはこちらから。

第7位 down
ランコム

「クラリフィック デュアル エッセンス ローション」

150ml 11,000円(本体価格) ※価格は2020年5月現在のものです。

肌に存在する“表皮酵素”に着目し、酵素の働きをサポートするためにフランス産の希少なブナの芽エキスを配合し透明美肌へと導く、ランコムの進化系化粧水「クラリフィック デュアル エッセンス ローション」が7位にランクイン。

ランコム「クラリフィック デュアル エッセンス ローション」(本体価格11,000円 2020年6月26日現在)

ランコムの酵素サイエンスから誕生した「クラリフィック デュアル エッセンス ローション」では、美肌のカギとなる“表皮酵素”に着目。酵素の発現と活性の両方をサポートする成分として希少なブナの芽を採用しています。芽吹く直前の希少な天然ブナの芽にのみに含まれる植物パワーの源である機能分子(ポリフェノール、アミノ酸、糖類等)から抽出したエキスを最先端技術で濃縮。それを配合したエッセンスとエッセンスオイルを97:3の絶妙な最適バランスで組み合わせた二層式。使用直前にシェイクしフレッシュなマイクロバブル状の化粧水にすることで、肌に素早く馴染み、肌の奥まで浸透。肌全体になじませた後、手のひらで包みハンドプレスすることで、みずみずしい潤いで満たされた肌がふっくらするのを実感することができます。さらに1本を使い切るほぼ4週間後には、酵素パワーによりハリツヤがアップ。毛穴も小さく、ほうれい線も薄く短くなり、内側から潤い、引き出される肌の透明感を実感することができると、今期も各誌で評判です。

今期は、「クロワッサン」<倉田真由美の『最新私的コスメ図鑑』>や「GLOW」<松本千登世『今月の美人3品』>、「Marisol」<齋藤 薫から、悩める40歳へ 大人キレイの処方箋>等の美のプロ達の連載ページでクローズアップされている他、2週間後の効果実感を紹介する「美ST」<あなたに効くのはどれ? 1本で肌、見違える! 大ブームの〝美容液化粧水〟2週間後の7アンサー>でリアルな効果実感が紹介され、植物のパワーに着目した「CREA」<CREA BEAUTY 新時代の植物ビューティ>ではブナの芽パワーが紹介に。
選び方はもちろん使い方のテクニックも教えてくれる「MAQUIA」<4大肌トラブルに立ち向かう 夏こそ!ローション美容が効く>では、『くすみを一掃』ローションに、「BAILA」<30代のためのパワー化粧水ナビ>では、『美容液以上のハイテクローション』にラインナップされ紹介。
&ROSY」<& ROSY世代の美人ジャーナリスト・ライターが選ぶ 2020ベスト美白&UVコスメ>や「VoCE」<2020 美白&UVケア ニーズ別総決戦>、「ミセス」<何を選んで、どう使う? 紫外線ケア&美白ケア>、「25ans」<今年は“お浄め美白>等、日差しの厳しくなったこの季節に気になる美白&UVケア特集にも登場しています。

BAILA」<FASHION&BEAUTY サステナブル入門BOOK>では、希少なブナの芽エキスの採取でも持続可能な周期や方法で採取されていることや再生ガラス25%使用のボトルやFSC®認証取得のパッケージ使用も紹介に。
『「誰と過ごすか」から考える 服とお金の使いみち』を大特集の「with」<コスメは値段じゃないんです>では、『肌に透明感が!』とヘア&メイクアップアーティストGeorgeさんをはじめとするコスメ推薦者のプッシュで『白肌が手に入る』で紹介に。
美容家の神崎恵さんの連載「美人百花」<神崎恵の美しい大人になる方法>の今回のお題は『予算ありきで賢く組み合わせるスキンケアレシピ』、「クラリフィック デュアル エッセンス ローション」は、『肌にうるおいやハリを与える、神崎さんお気に入りのローション』として掲載に。
MAQUIA」<神崎 恵が選ぶ 100名品>では、『運命のターニングポイントコスメ7』にもセレクト。化粧水への考えを一変させ、『ハリ、透明感、潤い全てが満たされ、使うだけで自分の肌が力強くなっていく気が。』と大絶賛されています。

他にも「25ans」<今年は“お浄め美白”>では美容家石井美保さんの『瞬発力&継続後の確実な手応えを両立した精鋭美白』のためのひとつに選ばれ、「andGIRL」<ちばゆか速報>の『ちばゆか的べスコス発表!』では、『使った翌朝の肌のハリや健やかさが全然違う!』と、潤うスキンケアのひとつに選出。「VoCE」<本当は教えたくない秘密公開! 私の白肌ビューティ>では、フリーアナウンサーの宇垣美里さんが潤いと透明感を上げてくれるお気に入りローションとして紹介に。

ランコムの公式サイトへはこちらから。

第8位 icon_topics_new

8位には、メタリックの輝きとなめらかなつけ心地が魅力のNARSの春の限定単色アイカラー「パワークローム ルースアイピグメント」がランクイン。

メタリックな輝きのルースタイプのピグメントに、あらゆる方向にきらめくパールを配合した単色アイシャドウ「パワークローム ルースアイピグメント」は、ひと塗りで滑らかに伸び、無限の輝きをまぶたにフィット。大きさの異なる多面的なパールが光を反射してさまざまな輝きを放ち、印象的な目もとに。目を惹く強い輝きながら、まぶたにのせると軽やかな透け感のあるシマーな発色。まぶたにそのままのせれば、グリッターのように輝き、よくなじませてのせれば、繊細なラメ感を楽しむことができます。他のアイシャドウと重ねて楽しむこともでき、重ね方を変えることでさまざまなきらめきのアイメイクにチャレンジすることができます。ルースタイプなので、指で上からふわりとのせるのも簡単。もとのアイシャドウが透けて見えるぐらいがお薦めです。

3月と4月に新色がラインナップされていますが、ごめんなさい、いずれも限定アイテムのため、現在公式サイトで購入可能なのはコバルトブルー#9136(2020年6月24日現在)。もしも店舗で見かけたら、即決断が必須です。

今期は、特集トップページのモデルメイクにも#9140が使用されている「VoCE」<2020夏 新色BOOK>、「MAQUIA」<夏新色 BOOK 2020>、「美的」<夏新色BOOK Summer Color Festival☆2020>の美容3誌の恒例のブランド別新色特集をはじめ、「up PLUS」<夏新色を制覇してカワイイをひとり占め♡>等でも追加の限定4色が夏コレクションとして掲載に。

今期の掲載の一番人気は、存在感のある大粒ラメが目を惹くヌーディなピンクトーンのベージュ#9140。安達祐実さんが登場している「MAQUIA」の表紙と<COVER LOOK>や「ViVi」<ヘアメイク北原果さんの このみ的 イマドキ透明感メイク>、「VoCE」<夏に使いたい2大質感でつくる顔対決! 『マット派 VS キラキラ派』の夏メイク>、「エル・ジャポン」<新提案! お仕事ユニフォーム化計画>等のメイクにも使用され、「VoCE」<この夏絶対欲しい! LOOKSコスメ&実用コスメ 最強の”限定夏コス”発表!>の『HM指名★絶対使える夏コスメ』では、肌なじみよく幅広く使えるとpaku☆chanさんがお薦め。「&ROSY」<洒落見え美人の夏メイク>の『サマービューティトレンド4』ではSparkle Glitter 使いやすく進化したなじみ系グリッターとして紹介されています。

NARSの公式サイトへはこちらから。

第9位 icon_topics_new
ジルスチュアート

「ルージュ クリスタル カラット」

各2,800円(本体価格) ※価格は2020年5月現在のものです

9位には、この夏ジルスチュアートから誕生した、まばゆいばかりのツヤの輝きと愛らしくセンシュアルな色で、ふっくらボリューミィな唇を叶える、新リキッドルージュ「ルージュ クリスタル カラット」がランクイン。

ジルスチュアート「ルージュ クリスタル カラット」(本体価格2,800円 2020年6月26日現在)
左から)今期の一番人気クリスタルパープル#08 mystic amethyst、ノンパールのダスティモーヴ#02 noble garnet、
ハッピーなピーチピンク#04 peach topaz、ヘルシーなピュアオレンジ#07 merry carnelian

新リキッドルージュ「ルージュ クリスタル カラット」の磨き上げたクリスタルのような光沢感のあるツヤによる輝きとなめらかな使い心地を叶えるのは、濃密なリキッドに配合された、クリスタルミラーオイルと8種類の植物オイル。光の乱反射を最大限に活かしたクリスタルミラーオイルが輝きのツヤ感を、ピーチカーネルオイル、サンフラワーシードオイル、アルガンオイル等の8種類の植物オイルがたっぷりの潤いとしっかりケアを叶え、圧倒的な光沢感と濃密な潤いによる贅沢な仕上がりとつけ心地を叶えます。

さらにクリスタルの輝きへと磨き上げるために採用されているのが、付属の「クリスタルカットアプリケーター」。クリスタルカットをイメージしたボトルに合わせ、チップの形を統一。キャップにはスワロフスキーをあしらい、ひと塗りで磨いたようなツヤを作り出す機能性と共にヴィンテージモダンな世界観を演出するデザイン性も兼ね備えています。使用は、まず下唇から。チップを縦に持ち、くぼみのある面を下唇に当てて横にスライドさせることで、リキッドがしっかりと塗布され、ぷっくりと膜厚な唇に。上唇を塗布する時は、チップを横にして裏返し、くぼみの背面を上唇の口角にあて、唇の両端から上唇の真ん中の山に向かい横にスライドさせると、膜が均一に整い、ツヤが一層アップ!公式サイトでもイラスト付きで紹介されていますので、チャレンジしてみてください。

濃密な潤いでふっくらボリューミィな唇を叶える「ルージュ クリスタル カラット」のデビューラインナップは全9色(うち限定1色)。ノンパールのピンクベージュ#01 glorious jasperから、パール入りのコーラルピンク#03 cherry quartz、ノンパールのトゥルーレッド#06dramatic rubyまでのピンクからレッドの6色に、夏のヘルシーな笑顔にぴったりのピュアオレンジ#07 merry carnelian、大人の女性の安らぎを感じさせるクリスタルパープル#08 mystic amethyst、そしてクリアベースに色とりどりのパールの輝きがきらめく限定色のトゥインクルクリスタル# crystal carat。ピンクでも表情の異なるさまざまなピンクが揃っているので、自分だけのお気に入りをみつけることができます。

今期は、「美人百花」<レディに自信をくれる『ジルの新・お守りLip』がデビュー>、「VoCE」<Beauty Topics>、「sweet」<SWEET BOX>で、「ルージュ クリスタル カラット」がクローズアップされている他、「美的」<夏新色BOOK Summer Color Festival☆2020>、「MAQUIA」<夏新色 BOOK 2020>、「VoCE」<2020夏 新色BOOK>での恒例のブランドごとの夏の新色特集を皮切りに、「up PLUS」<夏新色を制覇してカワイイをひとり占め♡>や「andGIRL」等のコスメカレンダーでも掲載に。

特に「美人百花」<レディに自信をくれる『ジルの新・お守りLip』がデビュー>では、「ルージュ クリスタル カラット」を中心に夏コレクションのアイテムを使用した春ピンクメイクが、‶なりたい“イメージ別に紹介され、同号の付録にもジルスチュアートのマルチコスメポーチが登場。サテン調のシルバーポーチは、「ルージュ クリスタル カラット」が収まるリップホルダーが内側に付き、裏地は可愛いリップ柄。ファスナーの引手にもクリスタルモチーフが施され、「ルージュ クリスタル カラット」の世界を楽しむことができます。

他にも「ViVi」<予算別! 絶対可愛くなれる夏コスメ>や「ar」<だ~りおの今日可愛いTIPS>、「mini」<新作コスメラッシュ!!>等で紹介され、「sweet」<中野明海の妄想 Juicy Fruit MAKE-UP>での『白の世界と春色メイク』、「美人百花」<結局、レディが一番可愛く見えるのはPINKメイク>等の春メイク特集でも掲載に。

今期の掲載の一番人気は、リッチな光沢でグラマラスに彩るクリスタルパープル#08 mystic amethyst。スモーキーピンクの水着で着こなす「MORE」<だーりおと水着と、夏新色と。>でクローズアップされている他、ノンパールのトゥルーレッド#06 dramatic rubyと共に掲載されている「Ray」<It News Beauty>の『カラフル夏コスメでアソビタイ……♡』や、『スウィートラベンダー』のグループに登場している「VoCE」<ヘアメイク笹本恭平さんがセレクト ひと塗りで”今の顔”になれる 狙うべき夏リップを塗り比べ>にも登場しています。

ジルスチュアートの公式サイトへはこちらから。

第10位 up
SUQQU

「バイブラント リッチ リップスティック」

各5,000円(本体価格) ※価格は2020年5月現在のものです。

SUQQUからこの春誕生した、待望のマットリップ「バイブラント リッチ リップスティック」が、夏の限定2色と共に10位にランクイン。

SUQQU「バイブラント リッチ リップスティック」(本体価格5,000円 2020年6月26日現在)
左から)今期の一番人気の夏限定コレクション限定色ヌーディベージュ#108紅若BENITSUBATA、
今期の二番人気のウッドブラウン#09 綺響AYAHIBIKI、#04 深支子 FUKAKUCHINASHI

“ほのかに光るマット”で大人の肌艶を引き立てる、SUQQUのマットリップに、新たに加わった夏の限定2色は、凍らせたアイスフルーツのようなソフトマットな鮮やかさを唇にもたらす、大人の女性ならではの抜け感を演出するヌーディベージュ#108紅若BENITSUBATAと、肌や表情までも明るく魅せる朱色のレッド#109朱塗 SHUNURI。コレクションテーマ“FROZEN SUMMER”をアイシーな白を基調にブルーの偏向パールを加えた統一の限定パッケージで視覚からもアプローチ。2020年の夏を清涼な美しさで包み込みます。

今期4位にランクインしている「デザイニング カラー アイズ」の新色と共に、“涼感美人にブラッシュアップ”とクローズアップされている「MAQUIA」<夏新色 BOOK 2020>や「美的」<夏新色BOOK Summer Color Festival☆2020>、「VoCE」<2020夏 新色BOOK>の美容3誌をはじめ、「BAILA」<夏新色メイク図鑑>等のブランド別新色紹介で掲載に。「sweet」<SWEET WEDDINGで最高に可愛い花嫁になる!>ではチアフルなミモザの花嫁をイメージして、#01 焦麻 KOGAREASAを使用。上品でヘルシーな花嫁をベージュのワントーンメイクで提案。「non・no」<新木優子のPLAYFUL COLOR MAKEUP>では、濃い艶と発色が人気の「モイスチャーリッチ リップスティック」の夏限定色と共にSUQQUのアイシーカラーが紹介に。

今期の掲載の一番人気は、夏限定のわずかに黄みがかったヌーディベージュ#108紅若BENITSUBATA。大人の艶肌に絶妙になじみ、洗練された抜け感を演出、こなれた印象に。

今期は「MAQUIA」<夏新色 BOOK 2020>のCOVER MAKEUPにも肌なじみの良く全体を引き立たせるベージュとして登場。『メークを見直すなら手っ取り早くLIPでアップデート』を提案する「STORY」<40代・ビューティ迷子は新作コスメに頼りなさい>でも大人のヌーディリップとして紹介に。他にも「ViVi」<予算別! 絶対可愛くなれる夏コスメ>では、『流行ど真ん中☆ソフトマットブラウン』のOVER\4000のクチュールブランドとして登場し、「VoCE」<ひと塗りで”今の顔”になれる 狙うべき夏リップを塗り比べ”>ではヌーディベージュに参戦。「up PLUS」<夏新色を制覇してカワイイをひとり占め♡>では、ヌーディカラーに映えるオーシャングリーンメイクで、ほのかに光るマット質感でこなれた雰囲気を演出する『素の唇の色を引き立てる繊細なベージュリップ』として紹介に。主張しすぎず、上品になじみ、肌印象をアップする効果は「non・no」<今なりたい 『色素薄い系顔』に全集中!>のリアルな悩みに応える『パーツが大きい』でも掲載に。

続く人気は、SUQQUのマットリップの定番10色として春に登場した、知的なモード感と柔らかな温かみを兼ね備えたウッドブラウン#09 綺響AYAHIBIKI。

MAQUIA」Book in Book<神崎 恵が選ぶ 100名品>では、トレンドを取り入れる“おしゃれ見せ”メイクアップのリップに『主役はもちろん、名脇役にもなるブラウン』として登場。『マットすぎず、ツヤすぎない今っぽい質感』で、『唇の形や立体感も美しく見せる』とメイクにも使用され、大絶賛。

Marisol」<40歳の本音ビューティ研究所>では、ヘア&メイクアーティストの林由香里さんが、今どきな口紅の塗り方を伝授。大人のトレンドメイクを楽しむ事ができる濃いめのマットタイプとして紹介。「大人のおしゃれ手帖」<山本浩未式ごきげん顔美容>では、カジュアルな華やぎを演出するレッドブラウンとして紹介に。「non・no」<今なりたい 『色素薄い系顔』に全集中!>では、大人っぽさを増すSUMMER BROWNメイクに、ほのかに光るソフトマットルージュとして掲載に。

SUQQUの公式サイトへはこちらから。