**本格的な秋冬準備の号となり、秋のトレンドメイク、乾燥対策のスキンケア、しっとり色っぽ肌づくりのベースメイク…と、秋冬の旬のメイクを学びながら、自分流にどう取り入れていくべきかを考え、評判の新商品を選んでいく…楽しい季節の到来。
各誌の特集でもトレンドメイク攻略のための特集が目立ちます。
今シーズンの注目は、太眉、アイラインを中心としたシンプルなアイメイク、旬色リップとチークで大人の色っぽさを感じさせるのが今の気分。
“ふわっゆるっ”の大人の色気を感じさせる女性の代表的存在として、各誌で神崎恵さんが大人気。「MAQUIA」BOOK in BOOK<神崎恵になれちゃうBOOK>をはじめ、「美的」「VoCE」「BAILA」「MORE」「JJ」等の特集に登場、「mina」<THE至近距離メイク>では、愛され女子の神としてモテ技アドバイザーとして、「anan」<ananモテコスメ大賞2014>では選考委員にもなっています。
スキンケアでは、最新技術や新知見の特集に加え、今期は「VoCE」別冊付録<VOCE THE名品コスメBOOK>や「MAQUIA」<美しい人の10年愛コスメ>等のような、定番の名品を紹介する特集が新たに加わり、掲載されるスキンケアの幅を広げています。
また、前期から続く最新ファンデ特集も「CLASSY.」「AneCan」「Domani」「bea’s up」等で後半戦が継続中。今期は<実験VOCE>のターゲットもファンデーション。
しっとり、うっとりの肌づくりが色っぽさの重要ポイントになっていることから、保湿スキンケア、しっとりベースメイク等を含むトータルな提案も、「VoCE」<スキンケアから色気仕込み>等でみられ、今期のトータルランキングは幅広く各カテゴリを網羅しています。
また、今期目立った特集にヘアケア特集があります。頭皮ケアやエイジングケア発想の新作ヘアケアが数多く登場した今シーズン、美容3誌を中心に最新情報をまとめた特集が掲載に。今シーズンのヘアケアトレンドを知ることのできる≪COSME at MAG 秋冬ヘアケアランキング 2014年11月号≫を参照してください。

2014年11月号トータルランキングの調査媒体は…2014年9月1日から30日までに発売された調査媒体79誌延べ97冊。詳しい調査媒体はこちらを参照してください。

**今期は恒例、「FRaU」と「CREA」が美容特集号。美容誌「MAQUIA」が節目10周年記念号!≪10周年めの「MAQUIA」を解剖する“Happy 10th Anniversary MAQUIA!”へはこちらから≫、記念号では「SPUR」も25周年記念号。「anan」9/24号では<an・an発表!! モテコスメ大賞 素敵な恋が始まる。>として、恋に効く視点の新たなベスコスを発表しています。

COSME at MAGトータルランキング 2014年11月号

第1位 up

前期:14位

1982年以来貫いてきた処方を新たにし、2014年7月にリニューアルを果たしたシャネルの代表的アイテム「レ キャトル オンブル」が再び1位に。
今期はリニューアルをクローズアップした取材が「Domani」と「婦人画報」で紹介されている他、「Precious」<賢者のコスメ>での新作パレットアイシャドー特集、「エル・ガール」でのパープル特集、「non・no」<今どきアイカラーパレット講座>、「美的」「GISELe」等のアイメイク特集や「エクラ」<藤原美智子流 秋のトレンドメイクで悩み解消、美人度2倍!>、「MAQUIA」「mina」「GINZA」等のトレンドメイク特集と、幅広い媒体で紹介に。若い世代から幅広く注目されています。

CHANELのサイトへはこちらから。

第2位 up

前期:3位

1987年に登場以来人気の名品アイシャドウ「サンク クルール」がより細かなパール感と発色で生まれ変わった新生「サンク クルール」が、今期は2位にランクイン。

ranking201409dior_001
ディオール「サンク クルール」

Precious」<賢者のコスメ>では、#796キュイール カナージュを使用し、パレットアイシャドウの有効活用メイクを伝授。多色使いにすることによりたるみを引き締め、立体効果が生じることをリアルに紹介しています。「MAQUIA」創刊10周年特集<10人アーティストが秋新色で作る 10人の森絵梨佳>や「VoCE」<紗栄子のKNITパレード>等にも登場、トレンドメイクを取り入れ、なりたい自分になるためのノウハウを学ぶ今期の特徴的な特集に数多く掲載されています。

ディオール公式オンラインブティックへはこちらから。

第3位 up

前期:31位

今期スタートの「SPUR」中野明海さんの新連載<美しき、名品図鑑>で中野さんが探し求めていた、『どんな肌の色の女性も美しく演出してくれる、まさに珠玉の赤』として紹介されているのは「ルージュ・ジバンシイ」#306。クチュールを率いるリカルド・ティッシ氏監修のレザーとメタリックによるシルバーメタルで2013年2月に発売され、今年11月1日にはクロコダイルレザーを使用した全世界3000個限定「ラグジュアリー エディション」として登場し、再注目されている赤です。
その他の色も「BAILA」<今月の本命メイク>や「美的」「オトナミューズ」等のリップ特集で紹介され、「DRESS」松本千登世さん連載<ビューティ・メゾンの真髄>でも『大人の魅力を際立てる名品』として掲載に。

ジバンシイのサイトへはこちらから。

第4位 stay

前期:4位

ディオール

「ディオールスキン スター フルイド」

6,000円(本体価格) ※価格は2015年3月現在のものです。

ranking201410_t04
ディオール
「ディオールスキン スター フルイド」
「スター フルイド スポンジ」

今期はサイエンティフィック コミュニケーション ディレクターのエドアール・モーベーズ・ジャービス氏の来日取材記事が「AneCan」「Domani」「InRed」で掲載に。開発のキーマンからの熱い思いが伝わってきます。秋冬ファンデ&ベース特集の後半戦としての掲載は、「Marisol」<藤原美智子 「秋は、清潔感肌でいきましょう」>をはじめ、「和樂」「JJ」「GOLD」「大人のおしゃれ手帖」「SPUR」「Oggi」等幅広い年代の媒体で紹介されています。
今期は卵型の「スター フルイド スポンジ」とのコンビも注目され、「BAILA」<What’s in? Beauty Special>でも、“今年のファンデーションは小道具使いに革命あり!”と注目アイテムのひとつとしてクローズアップされ掲載に。

ディオール公式オンラインブティックへはこちらから。

第5位 up

前期:13位

Visée

「リシェ リップ&チーク クリーム」

1,000円(本体価格・編集部調べ) ※価格は2016年9月現在のものです。

一品二役で手軽に統一感のあるメイクを楽しむことのできるチークにもリップにも使えるクリームカラー。チークでは内側からにじみ出るような自然な血色感、リップではハーフマットの仕上がり。とろけるようななめらかさでぼかしや重ねづけで濃さを調整でき、しっかり発色もナチュラル発色も自由自在。ピュアゴールド配合によるナチュラルな立体感効果、美容液成分配合による保湿効果があるのも嬉しいポイント。税抜¥1000という、手に取りやすいプライスも魅力。

ranking201409visee_001
VISEĒ
「リシェ リップ&チーク クリーム」

CanCam」<最近、チークもリップも〝これひとつ〟が基本です!>等でも話題になる注目アイテムですが、ここでもTOPで大きく紹介に。肌なじみが良く肌にフィットし自然な血色感を感じさせる発色を好みの濃さで楽しめると評判です。「SEDA」の森絵梨佳さんの表紙メイクでは、すっぴんぽさ出すためのチークとして、「SPRiNG」<賢く可愛い時短ビューティー>では上品華やぎ顔を演出する赤みリップ…と、2アイテムの特集に掲載され、今期は「Seventeen」から「大人のおしゃれ手帖」まで、21媒体28特集で掲載されています。「mina」<秋の新作コスメでつくる THE至近距離メイク>の“接近したい顔No.1”では、イメージキャラクターのローラさんが選ばれています。

VISEĒのサイトへはこちらから。

第6位 down

前期:1位

資生堂

「アルティミューン パワライジング コンセントレート」

30mL 8,000円、50mL 12,000円(本体価格) ※価格は2015年3月現在のものです。

ranking201410_t01
資生堂「アルティミューン
パワライジング コンセントレート」

肌の免疫力を高める鍵となるランゲルハンス細胞に着目し、独自成分アルティミューン コンプレックスTMを配合、様々なダメージから肌を守り、肌本来の持つ免疫力をアップする美容液。
前期までの速報的な掲載は落ち着き、今期は効能別のエイジングケア特集等でのリアルな紹介が目立ちます。「GOLD」<エイジングケア最前線>、「FIGARO japon」<最新コスメ 大人美肌の新・美活。>、「VoCE」別冊付録<VOCE THE名品コスメBOOK>内、“美界BIG4が徹底予想 未来のロングセラー『新・名品』はコレだ!”、「MAQUIA」<最先端の老化対策コスメがスゴい!>、「美的」<効く美容液 くらべる図鑑>等。秋冬スキンケアアイテムのセレクトの時期だけに、求める効果に最適なアイテムを教えてくれる特集が目立ちます。新たな「anan」<モテコスメ大賞 2014>では“恋肌レベル最高潮賞”を受賞。

資生堂 アルティミューンのサイトへはこちらから。

第7位 up

前期:192位

ヘレナ ルビンスタイン

「リプラスティ プリスクリプツ」

ヘレナ ルビンスタイン初のカスタマイズ発想の美容液が7位にランクイン。

ranking201409_helenarubinstein001
ヘレナ ルビンスタイン
「リプラスティ プリスクリプツ」

世界有数の先進美容機関であるラクリニック・モントルーとの協力により開発されたエイジングケアシリーズ、「リプラスティ」の最新作。肌密度・肌質感・肌トーンの状態によって6種類に分類した肌プロファイルを基に、必要なエイジングケア成分を組み合わせた6種類のプリ セラムを用意。百貨店カウンターにて独自の肌画像分析機を用いた肌分析を行い、最適な1本を選出します。このプリ セラムとベース セラムのブレンドにより、厳選した9つのエイジングケア成分の中から、それぞれの肌に必要な5成分を配合したカスタマイズ発想美容液が完成します。
『カスタマイズスキンケア』という新たな提案を掲げた今期、「Numero TOKYO」<クリニック由来のカスタマイズケア>、「VoCE」<“カスタマイズ”ケア始まる!>、「HERS」<美容お試し隊>、「美ST」<SST新名品図鑑>等でのクローズアップした紹介の他、「MAQUIA」<最先端の老化対策コスメがスゴい!>、「Precious」<笑顔が美肌を連れてくる!>、「GOLD」<エイジングケア最前線>、「SPUR」<モード美人をつくる、25 rules of beauty>等の先進スキンケア特集での掲載が目立ちます。

ヘレナ ルビンスタインのサイトへはこちらから。

第8位 up

前期:1125位

シャネルの最高峰スキンケアライン サブリマージュから10月24日に発売された肌の輝きに着目した美容液「サブリマージュ レサンス」が急上昇ランクイン。肌の輝きを妨げる不要なものをデトックスし活性化させるために配合したのは、生命の神秘に満ちた2つの植物から抽出したパワー。世界の植物から選び出されたのは、“ヒマラヤの黄金”と呼ばれる希少なゴールデンフラワーからシャネル独自のプロセスにより凝縮したゴールデン チャンパPFAとマダガスカル島で“緑のダイヤモンド”と呼ばれる強靭なパワーを持つ植物ハルンガナのハルンガナエキス。
今期は「美的」「MAQUIA」「VoCE」で大きくクローズアップした取材が掲載されている他、「MAQUIA」<美女子ネタ>、最新テクノロジーを紹介する「SPUR」、たるみ特集の「CREA」、くすみとにごり特集の「HERS」等で掲載に。『デトックス美容液』という紹介が目立ちます。

CHANELのサイトへはこちらから。

第9位 up

前期:129位

今期の掲載は、最近増加傾向の目の形を意識したアイメイク特集のきっかけとなった一重・奥二重のためのアイシャドウと、食事しても落ちにくいルージュとグロスがセットされた限定コンパクト。数量限定で9月16日新発売。

ranking201409aubecouture_001
オーブ クチュール
「デザイニングジュエルコンパクト」

今期は新しくオーブ クチュールのミューズに加わった
多部未華子さんがオーブ クチュールのメイクで登場した「bea’s up」の表紙とカバーガール取材等、インパクトのある掲載の他、「anan」<モテコスメヒットパレード>で
“恋するまなざしを叶える!アイシャドウTOP3”に「デザイニングインプレッションアイズ」が選ばれ、<モテコスメ大賞>では“万人ウケ大のスイートEYES賞”を受賞、
<BEAUTY NEWS COSME LABO>でもクローズアップ
され紹介されています。
他にも、「ar」「CanCam」「non・no」の旬のメイク特集、「AneCan」「mina」等の新作コスメ特集等に掲載に。

オーブ クチュールのサイトへはこちらから。

第10位 up

前期:93位

ranking201409guerlain_002
ゲラン
「ランジュリー ド ポー
ヌード パウダー ファンデーション」

上質なランジェリーの心地よさを肌で叶える「ランジュリー ド ポー」シリーズから待望のパウダーファンデーションが誕生。シリーズ共通のテクノロジーとして理想のセカンドスキンを叶えるために開発されたバイオ・フュージョン・マイクロメッシュと長時間続く潤い効果のジェルシールドを搭載、さらに新技術のメルティング パウダーを加えることで肌に触れると体温で溶けて広がり、抱えていたヒアルロン酸が肌に溶け込みパウダーと共に一体化、パウダーファンデーションでありながら、クリーミィなテクスチャーを実現します。理想的なカバー力と透明感のある仕上がりで、潤いのある肌を長時間キープ。

ranking201409guerlain_003
「ランジュリー ド ポー BBベース
ビューティーブースター
ナチュラル」

 

 

今期は、「Oggi」「BAILA」でクローズアップした紹介が掲載の他、「DRESS」「CREA」「GOLD」「Marisol」「GINGER」「InRed」「bea’s up」等の秋冬ファンデ&ベース特集の後半戦で急上昇ランクイン。シルクのような軽さと肌触り、きめ細かさ、薄づき過ぎないきちんと感が評判。テクノロジーの紹介が少なすぎるのは少々残念。

同時発売は、スキンケア効果とメイクアップ効果を併せ持ち、紫外線からも守り、みずみずしい美肌に整えるBBベースの新色。より自然にどんな肌にも馴染む「ナチュラル」が加わりました。

ゲランのサイトへはこちらから。