前期に解禁となった春新色のメイクを教えてくれる特集がメイン特集となる今期。コレクションのランウェイから春のトレンド速報を紹介する「SPUR」、人気アーティスト中野明海さんが今春の3つのピンクを提案する「MAQUIA」、読者と等身大のコスメ好きモデル達が絶対可愛くなれる新色を紹介する「CanCam」や「with」、美容のプロからこの春買うべき鉄板アイテムを学ぶ「MORE」や「non・no」、プチプラ限定で春新色を紹介する「bea’s up」等、春の新色が誌面に花盛りです。

COSME at MAG トータルランキング 2015年3月号この春のトレンドのひとつとして注目されるグロスの復活により、3位にはTHREE「シマリング リップジャム」、8位にはイヴ・サンローラン「ヴォリュプテ ティントインオイル」、10位にはアディクション「リップグロス ピュア」がランクイン。進化した次世代グロスの登場に注目です。
2位に急上昇の80周年を迎えたランコムの人間工学に基づく画期的な次世代マスカラ「グランディオーズ」や4位に急上昇のRMKのブラシもカラーも異なるWエンドタイプのカラーマスカラ「Wカラーマスカラ SS」等、アイメイクにも春のメイクを楽しくさせてくれる、斬新なアイテムが登場しています。

…続きを読む

早めの対策が大切な美白も「VoCE」と「bea’s up」を皮切りにスタート!他にも北欧系の美白肌を提案する「SPUR」や宝塚美白のヒミツに迫る「CLASSY.」等、白肌特集も登場しています。
厳しい乾燥対策の保湿ケア特集も引き続き多く、シャネル初の保湿美容液「イドゥラ ビューティ マイクロ セラム」は、今期もクローズアップした掲載が多く、継続1位に。
今期は春先の花粉症等によるゆらぎ肌特集も増え、春のファンデーションも「SPUR」「CREA」での速報の他、春のメイク特集等でリアルに登場。ベストコスメも「STORY」「AneCan」「Precious」「SEDA」「Hanako」「steady.」「ViVi」「mini」で発表され、まだまだ健在。“救世主コスメ”というテーマを持つ「STORY」やプチプラに特化した「steady.」、更にはセレクトをコスメ大好きの専属モデルに一任し河北麻友子杯とした「ViVi」等、読者により近い個性的なベストコスメの発表が増えています。

2015年3月号トータルランキングの調査媒体は…2015年1月1日から31日までに発売された調査媒体84誌延べ101冊。詳しい調査媒体はこちらを参照してください。

 

 

 

トータルランキング 2015年3月号

2015/1/1-2015/1/31

1 CHANEL

イドゥラ ビューティ マイクロ セラム

2 ランコム

グランディオーズ

3 THREE

シマリング リップジャム

4 RMK

Wカラーマスカラ SS

5 CHANEL

レ キャトル オンブル

6 レ・メルヴェイユーズ ラデュレ

パウダー チーク カラー

7 ケイト

モノクロームシャイン

8 イヴ・サンローラン

ヴォリュプテ ティントインオイル

9 マキアージュ

ドラマティックムードヴェール

10 アディクション

リップグロス ピュア

11 RMK

ネイルカラー EX

20 THREE

バランシング ホワイト クリアエッセンス(医薬部外品)

12 エスティ ローダー

ピュア カラー エンヴィ リップスティック

21 M・A・C

カジュアル カラー

13 THREE

シャドウライニングパフォーマンス アイライナー

22 アディクション

ブラッシュ ミックス

14 Visée

リシェ リップ&チーク クリーム

23 ジルスチュアート

リボンクチュール アイズ

15 NARS

デュオアイシャドー

24 ルナソル

ステインカラーリップス

16 RMK

スウィートシュガーアイズ

25 ディオール

ルージュ ディオール ボーム

17 イヴ・サンローラン

フォーエバー リブレイター エッセンス ローション

26 ジルスチュアート

ミックスブラッシュ コンパクト N

18 ルナソル

テンダークリアアイズ

27 ジルスチュアート

マットシフォン ネイルズ

19 シュウ ウエムラ

メタルインク アイライナー

28 ベネフィーク

セオティ リップグロス (スマイルオーラ)

20 シュウ ウエムラ

ルージュ アンリミテッド

29 CHANEL

ヴェルニ

第1位 stay

前期:1位

前期からの1位をキープしたのは、1月9日発売のカメリア由来の有用成分を閉じ込めたバブルを配合したシャネルの保湿美容液「イドゥラ ビューティ マイクロ セラム」。
保湿には一言ある日本女性の、肌への浸透や肌なじみ、潤いにより期待される肌の弾力とハリとツヤ、そして潤いの持続性等の要求に、保湿のヴェールをかけたかのようななめらかさを実現させたのは、シャネルの最先端研究所で5年の月日をかけて生み出された、マイクロ フルイディック テクノロジー。単独での使用はもちろん、後から使うアイテムの効果を高めるブースターとしても優秀と各誌で紹介に。
今期は「家庭画報」「Domani」「Marisol」「VERY」「BAILA」等でクローズアップした紹介が掲載されています。

CHANELのサイトへはこちらから。

第2位 up

前期:41位

ランコム

「グランディオーズ」

4,200円(本体価格) ※価格は2015年9月現在のものです。

ランコム「グランディオーズ」
ランコム
グランディオーズ

2位には、今年80周年を迎えたランコムから誕生した新マスカラ「グランディオーズ」が急上昇ランクイン。
ブラックスワンを思わせる美しいカーブの柄と精密なブラシが人間工学に基づき作り出した25度の角度により、柄を回転させるだけで、すべてのまつ毛を簡単にキャッチし、難しいアイメイクテクニックなしに、優雅なしぐさで、美しい目元をつくることができると各誌で好評を得ています。
今期は「anan」「GISELe」「Numero TOKYO」でのクローズアップした大きな掲載の他、「Oggi」「Precious」「BAILA」等の美容情報ページやコスメカレンダー等に掲載に。

ランコムのサイトへはこちらから。

第3位 up

前期:9位

THREE

「シマリング リップジャム」

3,000円(本体価格) ※価格は2016年6月現在のものです。

THREE「シマリング リップジャム」
THREE
シマリング リップジャム

前期の9位から3位に更にランクアップしたのは、まるでジャムのような新感覚のリップ「シマリング リップジャム」。
今期は「ar」<齋藤 薫 ブランド力学>でクローズアップ。グロスと口紅の果てることのない攻防戦の中、今期再びグロス逆襲となった理由のひとつとして、THREEのジャムタイプの甘いボリューム感とジューシィな佇まいによるキスしたいほどの甘美な唇の魅力をあげています。
with」の春新色リップの紹介でも“チュってしたくなるうるぷるLIP”の代表としてモデルメイクに使用され、「美的」<森絵梨佳的 今、先取りしたい春メーク4つのkeyword>ではクローズアップされるピンクリップグロスの中で、『トレンドど真ん中の、ほのかな青みの大人ピンク』としてモデルメイクに使用、「Marisol」でもBEAUTYページの代表メイクに使用される等、春の新色やメイク提案の特集で人気アイテムになっています。
チェリーエキスやホホバオイル等の植物成分でしっかり保湿も人気のポイント。

THREEのサイトへはこちらから。

第4位 up

前期:95位

RMK

「Wカラーマスカラ SS」

4,000円(本体価格) ※価格は2015年5月現在のものです。

4位には、RMKの2015年春夏コレクションとして発表された、キャンディのようなパステルカラーで甘く懐かしい世界を描き出す“VINTAGE SWEETS”のWエンドタイプのカラーマスカラ。
ボリュームアップ効果のある大きめブラシの上まつ毛用にはシックなカラー、短く細かいまつ毛にも塗りやすいミニブラシの下まつ毛用には明るいカラーと、異なる2色が1本にセットされ、2色のバランスにより遊び心のある大人の洗練されたまなざしを作り出します。

RMK「Wカラーマスカラ」

**今期ランクインしているのは、2015年春夏コレクションテーマ“VINTAGE SWEETS”の
ヴィンテージを意識したゴールドニュアンスの限定パッケージ「Wカラーマスカラ SS」ですが、
ここでご紹介しているのは、レギュラータイプのシルバーパッケージ「Wカラーマスカラ」です。

今期は「SPUR」で春のIt Faceとしてコスメ特集のTOPをモデルメイクで飾り、「エル・ガール」<+1アイテムで新しい自分を発見!>、「Hanako」<MAKE UP 休日カラーまつげ>、「GISELe」<最旬のトレンドメイクでイメージチェンジ! イマドキ顔になれる新法則>、「美的」<室岡洋希とKUBOKIの お悩み解決! メークゼミ>、「MAQUIA」<発見!黒を使わなくてもカワイクなれる!? アイメイク、脱ブラックで瞳印象2.5倍!>等、春の旬メイク提案でもモデルメイクで使用され、「CanCam」や「MORE」等の新色紹介、「mini」「Seventeen」等の新商品紹介ページにも掲載に。
春のトレンドメイクであるフレッシュなパステルカラーを施したアイメイクを牽引しています。

RMK「Wカラーマスカラ」のサイトへはこちらから。

第5位 down

前期:3位

新処方で進化したシャネルを代表するアイシャドウ「レ キャトル オンブル」、今期は5位に。
今期は春の新色が「with」<聡子の、絶対可愛くなれる 春新色カタログ>や「VoCE」<最旬! お色気ハンサム・メイク>、「steady.」<神崎 恵の“愛でられ美人でいこう!”>で大きく掲載に。透明感のあるピンクとアクセントになるカーキとブラウンがセットされた#236が注目され、「Precious」読者が選ぶ<ラグジュアリーコスメ グランプリ2014>ではダークブラウンとブラウン、オレンジベージュとベージュの捨て色なしの使いやすい#214が一番人気。
肌なじみが良く洗練された発色、純度の高い粉体によるにごりのなさが人気です。

CHANELのサイトへはこちらから。

第6位 up

前期:224位

レ・メルヴェイユーズ ラデュレ

「パウダー チーク カラー」

3,600円(本体価格) ※価格は2015年4月現在のものです。

レ・メルヴェイユーズ ラデュレ「パウダー チーク カラー」
レ・メルヴェイユーズ ラデュレ
パウダー チーク カラー

この春の人気のピンクのチークで人気急上昇のレ・メルヴェイユーズ ラデュレ 「パウダー チーク カラー」が6位にランクイン。
透明感と自然な血色をパフでポンポンと楽々に引き出してくれるのは、肌に密着させる網目のポリマーと透明感のある板状パウダーを配合した、きめ細かいエアリーなパウダーによるもの。リボン付パフと手の中にコロンと収まる愛らしいパッケージは、メイクの楽しさをアップしてくれます。
今期は「with」<聡子の、絶対可愛くなれる 春新色カタログ>、「CanCam」<キレイめまいまいvsかわいめ茜の春の新色・セルフメーク対決!>、「Ray」<リア有メイクLesson>等の春メイク特集の他、「CUTiE」「anan」「non・no」等の新商品紹介やコスメカレンダー等でも掲載に。「オトナミューズ」<レ・メルヴェイユーズ ラデュレ 幸運の春のお守り>ではクローズアップした紹介が掲載されています。
エモリエント効果のあるカカオバターや保湿効果もあるダマスクバラエキスやローズハチミツ等の美容成分配合によるリアルな効果も兼ね備え、幅広い層の女性に人気です。

レ・メルヴェイユーズ ラデュレのサイトへはこちらから。

第7位 up

前期:375位

ケイト

「モノクロームシャイン」

1,600円(本体価格) ※価格は2015年4月現在のものです。

ケイト「モノクロームシャイン」
ケイト
モノクロームシャイン

ケイトの春の新作は、メイクにより黒目を大きく見せ、白目の透明感を強調することで黒目リメイクを提案するアイシャドウパレット「モノクロームシャイン」。
うるんだように輝く、黒目がちで大きな目もとを簡単に叶え、白目もキレイにみせてくれると評判です。瞳強調のメインカラーのブラックからトレンドのカーキ、ヌーディなライトブラウン等使いやすい5色での展開。
今期は「JELLY」<JELLY的イケてるニュース What’s NEW! Beauty>、「CanCam」<キレイめまいまいvsかわいめ茜の春の新色・セルフメーク対決!>、「bea’s up」<プチプラ春新色マストハブSCOOP!!!>、「S Cawaii!」<#流行り #トレンド #2015S/S 春の流行りのやつ まとめてみた。><S的 Beauty News>等で紹介されている他、コスメカレンダー等でも掲載に。
レタスクラブ」山本浩未さんの<ふだん着メイク>、「Marisol」<40歳の本音ビューティ研究所>でもモデルメイクで大きく掲載され、幅広い年代に注目されています。

ケイトのサイトへはこちらから。

第8位 up

前期:36位

イヴ・サンローラン

「ヴォリュプテ ティントインオイル」

3,800円(本体価格) ※価格は2015年9月現在のものです。

イヴ・サンローラン「ヴォリュプテ ティントインオイル」
イヴ・サンローラン
ヴォリュプテ ティントインオイル

人気のヴォリュプテシリーズに新たに加わり、全く新しいカテゴリを提案するオイルルージュ「ヴォリュプテ ティントインオイル」が8位にランクイン。
5つの植物オイルによるリップケアとふっくらとしたボリューム感、つやつやの輝きを併せ持つ美容液効果に、新技術カラーリンクインフューザーによりオイルには困難といわれてきた鮮やかな発色を叶えてくれると各誌で評判。オイル美容液効果とメイクアップ効果を兼ね備えたグロスの新たな時代を牽引するアイテムとして注目されています。べたつかない、軽いつけ心地も人気のポイント。
今期は「ar」<齋藤 薫 ブランド力学>、「CanCam」<今月の〝女の子・コスメ〟トーク>、「エル・ガール」<+1アイテムで新しい自分を発見!>でクローズアップされている他、「ar」<New Arrival Cosmetics>、「MAQUIA」<美女子ネタ>、「InRed」<30代働きウーマン耳よりコスメ会議>等の新商品紹介やコスメカレンダー等にも掲載に。

イヴ・サンローランのサイトへはこちらから。

第9位 up

前期:38位

マキアージュ

「ドラマティックムードヴェール」

3,500円(本体価格・編集部調べ) ※価格は2015年5月現在のものです。

マキアージュ「ドラマティックムードヴェール」
マキアージュ
ドラマティックムードヴェール

9位には、新クリーミーグロス処方により、パウダーなのに肌になじみ、天然の血色感とツヤをもたらす、マキアージュのチーク&フェースカラー「ドラマティックムードヴェール」がランクイン。
血色感を再現するセンターの血色カラーを中心に、立体感をつくるなじませカラー、ハイライトカラー、目の下クリアカラー…と、5色5質感で構成。色と光を操り、自然な血色感とツヤを演出します。付属のドーム型ポンジ&ブラシにより、ぼかしとポイント使いを簡単に叶えられ、旬のほんのり色っぽい顔を、誰もが簡単に叶えることができると評判です。
今期は「BAILA」<今月の本命メイク>、「CanCam」<キレイめまいまいvsかわいめ茜の春の新色・セルフメーク対決!>、「美的」<春の新色「塗ったらこうなる!」見本帖 全126色 Lip & Cheek/Eyeshadow編>、「美ST」<恐怖のムンク顔は注入メークで幸せ増量>、「MAQUIA」<働く美女子、冬乾燥“か~ら~の~”一発逆転メイク直し>、「Ray」<リア有メイクLesson>等幅広い年代の雑誌で掲載に。

マキアージュのサイトへはこちらから。

第10位 down

前期:7位

アディクション

「リップグロス ピュア」

2,500円(本体価格) ※価格は2015年5月現在のものです。

アディクション「リップグロス ピュア」
アディクション
リップグロス ピュア
上から) Rich Girl、 Carnival Dream、
Pink Bomb、Tear Drop

みずみずしいツヤ唇に仕上げてくれるアディクション 「リップグロス ピュア」、今期は10位に。
甘く可愛いだけではない、大人のクールさとモード感を程よく取り入れたセミスィートでモードなピンクを中心とした春のコレクションの中でも今期の一番人気は、今シーズントレンドの青みのピンク#Pink Bomb。黒髪に映えるシアーな真紅の#Rich Girlとリップケアとしても使えるクリアカラーの#Tear Dropも人気です。
今期はクリエイティブディレクターのAYAKOさんへの突撃インタビューも掲載されている「エル・ガール」<冬から春へ! ピンクで叶えるNEW顔>や「Ray」<Catch the Scoop! BEAUTY>でクローズアップされている他、「with」服とメイクの特集内の<さりげないのに、胸キュン ピュア肌+ちょい甘メイク=L・O・V・E!>や「美的」<〝大人かわいく、ほどよく色気〟神崎恵 やわらか美女になりたい>、「steady.」<モテる女子になる魔法のテク110 BEAUTY 女の価値を決めるのはリップとネイル>等で掲載に。

アディクションのサイトへはこちらから。

==2015.4.8==